重篤な病状や後遺症が恐い細菌性髄膜炎
タレントの辻希美さんが罹ってから、認知度が上がりましたが、
いったいどんな病気なのでしょうか?

風邪に似た症状の為に判断が難しいと言われる髄膜炎ですが、
簡単な首ふり動作でチェックが出来るのをご存知ですか?

髄膜炎って、どんな病気なの?

髄膜炎は持続する頭痛が主な症状で、
他に発熱やうなじ付近の硬直などの髄膜刺激症状隋液細胞の造花などが見られる病気です。
脳実質(脳本体)の炎症が主体となり、発熱や意識障害、
痙攣などの髄膜刺激症状等が見られる脳炎と合わせて髄膜脳炎として見られる事もあります。

似たものや同一の疾患として急性脳症急性酸剤性脳脊髄炎、
遅発性ウイルス感染等があり一般的に予後が悪く、早期発見・早期治療が重要になります。

原因はさまざまなウイルスや細菌、寄生虫等が、
他の臓器が感染源となって起こるウイルス血症や菌血症
突発的に起こる髄膜腔や脳実質(脳本体)へ侵入して起こると言われています。
病因(病気の原因)から見た主な髄膜炎として、「ウイルス性」「細菌性」
「結核性」「真菌性」「寄生虫」があり、その他に癌により起こるガン性髄膜炎があります。

急性髄膜炎では、単純ヘルペスによる単純ヘルペス脳炎が多くて、
日本では年間に100万人に対してが発症します。(年間発症者約400人)
日本脳炎が7〜9月に多く発症しており、
その他にもインフルエンザや風疹などのウイルス感染症から髄膜炎を発症しています。

髄膜炎の症状

髄膜炎は「発熱」「頭痛」「嘔吐」が「髄膜炎の3大兆候」と言われています。
具体的には…

  • 5日以上、38度以上の熱が続く。
  • 酷い頭痛が続く
  • 繰り返し嘔吐が起きる

この他にも首を前に倒すと首が硬く曲げにくく、痛みがある等があります。

風邪の症状に似ている為に、病院に行かずに市販薬で対処しようとされる方が居ます。
髄膜炎は大人に比べて抵抗力の弱い乳幼児が発症しやすい病気ではありますが、大人でも

抵抗力が弱くなっていると髄膜炎になりやすくなります。

髄膜炎の3大兆候である、発熱や頭痛、嘔吐があり、
首を前に倒すと硬くなっていて痛みがある場合は髄膜炎を疑ってください。

また、首を横に1秒間に2〜3回、子供がイヤイヤをするように横に水平に振って、
頭痛や首に痛みが走るようならば、髄膜炎が疑われます。

髄膜炎についてはこちらの記事もご参考に!

髄膜炎の予後は?

無菌性の髄膜炎の場合は後遺症も無く完治すると言われていますが、
細菌性の髄膜炎の場合死亡率は20〜30%と高く、後遺症が残る可能性も高くなります。

重大な後遺症としては、

  • 脳が破壊されて起こる「脳梗塞」「脳委縮
  • 隋液が増えることで起こる「水頭症
  • 耳が聞こえなくなる、もしくは聞こえにくくなる「難聴
  • 痙攣を起こす「てんかん
  • 発達障害

等があります。

髄膜炎の予防方法は?

重篤化して時には命も奪うかも知れない恐い細菌性の髄膜炎ですが、
髄膜炎が発症する原因の約8割インフルエンザウイルスの一種ヒブ菌と肺炎球菌です。
ですので、事前に「ヒブワクチン」と「肺炎球菌ワクチン」を摂取する事が大切になります。

その他、日常生活で出来る予防として、「手洗い・うがいの徹底

手洗いうがいに加えて、消毒も欠かさないようにしましょう。
除菌スプレーで身の回りのものを殺菌。
とにかく、菌の繁殖を最低限に減らすように心がけてくださいね。

「飲食物はシェアせずに、食器も各自のものを使う」「タオルなども各自別々の物を使う」
「プールの前後はシャワーをしっかり帯びて、特にお尻をしっかり洗う」など、
経口や接触感染に注意します。

まとめ

2015-09-02c-1

髄膜炎は、他の感染症の後に発症する為に見過ごされがちです。
が、細菌性の髄膜炎は病状が重篤化する恐い病気です。
もしかしてと思ったら、悩む前にすぐに病院で診て貰う事が大切です。

また、大人の場合は後遺症はあまりなく、風邪の様な症状で終わってしまう事が多い
と言われていますが、これは大人が掛かる髄膜炎の殆どが無菌性の髄膜炎だからです。

大人の場合も、無菌性の髄膜炎を発症した場合は、重い後遺症が残る可能性がありますので、
大人だから大丈夫と軽視せずに髄膜炎の疑いを感じたら、病院で診て貰う事をお勧めします。