うつ病は、多く知られるようになった病気です。

ですがうつ病の一種に、冬だけに症状があらわれる冬季うつというものがあります。

冬季うつは具体的にどういったものなのでしょうか?
また、冬季うつにアロマが効果的というのは本当なのでしょうか?

冬季うつとは?

2015-08-09-1b

冬季うつという言葉はなかなか耳にしませんが、冬季うつはうつ病の一種です。
うつ病の中には、その季節だけうつ病の症状が出るというものがありそれを
季節性感情障害といわれています。

季節性感情障害のうち、冬に起きるものを冬季うつといいます。
冬季うつは、特に男性がなりやすいといわれています。

冬季という名前はついていますが、夏が終わってから春がくるまでの長い間
症状が出る人もいれば、真冬だけに症状が出るという人もいるため
冬季という言葉がつきながらその症状が出る時期は多少違います。

またうつ病と異なる点が、睡眠時間が長くなるという特徴もあります。
通常のうつ病は、どちらかというと眠れなくなるという症状が出ることがほとんどです。

ですが、冬季うつの場合は睡眠が長くなりむしろ過眠状態になるのです。
さらに、食べ物の嗜好も変わり、パンやご飯など炭水化物や甘いものを
異常に食べたくなるのも冬季うつの症状です。

冬季うつが起きる原因に、日照時間が関係あるといわれています。
冬に日照時間が短くなることで、ホルモンのメラトニンセロトニン
分泌のバランスが崩れてしまうことから冬季うつを発症するとされているのです。

冬季うつにはアロマが効果的?

うつの対処法にはいくつかありますが、手軽に出来るもののひとつにアロマがあります。
アロマにはいくつも種類があり、それぞれのアロマがもつ効能は異なります。

うつに効果が出るようなアロマを使うことで冬季うつに効果的になるのです。
そのアロマレシピとしては

ヨーロッパアカマツ(パイン)
10滴
ラヴィンツァラ
15滴
ローレル
15滴
キャリアオイル
8ml

ヨーロッパアカマツは自分に対してネガティブになっている時でも
自分を受け入れ自分に対してポジティブな気持ちにしてくれる効能があります。

また、ラヴィンツァラには不安やストレスを落ち着かせてくれる働きがあります。
そしてローレルは頭をすっきりさせて集中力を高めてくれ、
自信がないという気持ちをなくしてくれる効能があります。

うつ病についてはこちらの記事もご参考に!

電気スタンド式のアロマは手軽に出来る

男性に多い冬季うつ。
効果的なものがアロマと言われても、男性にとってアロマはあまり身近ではありませんよね。

アロマには様々やり方がありますが、
一番手軽に出来る方法のひとつに電気スタンドを使ったものがおあります。
電気スタンドはアロマライトとも呼ばれています。

通常はキャンドルを使った方式が多いですが、
電気の熱でオイルを温めるために危険性も少なくかつ手軽に出来るのです。

もちろんアロマとしてだけではなく、照明として使うことが出来るため
インテリアのひとつとして考えても良いですよ。

間接照明のような働きにもなるために、リラックス効果にもつながります。

冬季うつ対策とは?

冬季うつになれば、日常からイライラし、仕事などにも集中できなくなってしまいます。
だからこそ、冬季うつを対策することがとても大切ですね。
冬季うつの対策方法はどういったものがあるのでしょうか?

朝にシャワーを浴びる

体を温めるということは、冬季うつの対策としてとても大切です。
その中でも朝にシャワーを浴びて、目を覚ますということがホルモンのセロトニン
メラトニンのバランスを整えるために大切なのです。

日光浴

日光浴をすることが冬季うつにおいて一番効果的な対策になります。
日光浴をすると、セロトニンの分泌量が増えその14時間後にはメラトニンの量が
増えるというバランスがしっかりととれるようになってきます。
朝起きた時に、日光浴をすることでセロトニンとメラトニンのバランスをうまく
とれるようになるのです。

はちみつ入りのホットミルクを飲む

就寝前にはちみつ入りのホットミルクを飲むことも効果が期待できます。
牛乳にはトリプトファンが含まれていて、これがセロトニンの原料となります。
さらにはちみつを入れてブドウ糖をプラスすることで、トリプトファンをより
吸収しやすくなるのです。
温かい飲み物を飲むことでリラックスして眠ることもできます。

まとめ

2015-08-09-1c

冬になるとなんだかネガティブな気分になる。
もしそんな兆候があるのであれば、冬季うつかもしれません。
冬季うつは立派な病気です。冬季うつによって仕事もプライベートもうまく
いかなくなってしまうこともあります。
だからこそ、病気だと認識し対処していくことが大切です。
また冬季うつにならないように、セロトニンメラトニンのバランスを整えるような生活習慣を心がけてくださいね。