水ぶくれのようなものができて、
しかもそれがかゆいという症状であればそれはとびひです。
とびひはかゆさのあまりかきむしり水疱を破って手につき、
その手でまた他の場所に触れると移るという
まさしく「飛び火」の状態で広まっていきます。
大人がかかってしまうと治らないといわれてもいます。
子供が良くかかるとびひですが大人もかかることがあるのでしょうか。

とびひの症状ってどんなもの

2015-07-11-2b
とびひは菌による皮膚の感染症です。
虫刺されやあせもなどに黄色ブドウ球菌などが感染し、表皮の下で増殖して毒素を出すようになります。
感染した皮膚は水疱を伴って、やがてを持ち破れていきます。
かゆさを生じるためにかきむしってしまい、
その手で他の部位に触れることにより、皮膚の他の場所へと感染を拡大していくのです。
広がると治りにくい病気でもあります。
火事の燃え広がる様に例えて「飛び火」とびひと呼ばれているのです。とびひは2種類のものがあります。

水疱性膿痂疹

水疱性膿痂疹は水疱ができ、かゆみがありますが発熱することはありません。
0~6歳の乳幼児に多く、主に夏に発生します。
虫刺されや擦り傷などをかきむしることによって、そこから黄色ブドウ球菌が入り込みとびひの原因になるのです。

痂皮性膿痂疹

痂皮性膿痂疹は赤く腫れた場所にかさぶたができるとびひです。
発熱を伴う場合もあり、リンパ節が腫れたり炎症を起こしたりします。
季節に関係なく起こり、大人でもかかる場合があります。

特にアトピー性皮膚炎を持っている方は注意が必要です。

子供から大人にうつる場合もあるとびひ

とびひは子供のかかる病気だから、大人はかからないと思ってはいませんか?
とびひは大人もかかってしまいます
特にストレスが溜まっていて免疫力が低下している時などは、
大人でも移る可能性がありますので要注意です。

また、子供がとびひにかかっている場合も
一緒にいる大人にうつりやすいので気を付けて下さい。
大人と子供の両方がかかってしまった場合、
洗濯物などを通じて親子間でとびひをうつしあってしまう
といった場合もあり治りにくくなってしまいます。

入浴や洗濯物に気を付けて、子供のとびひをうつさないように努力しましょう。
大人のとびひは治りにくく、薬をきちんと使用していても
完治までに半年~1年くらいかかってしまう場合もあります。
子供の対策はもちろんのこと、ケアしてあげる親の方も
日頃から自分自身の体調管理衛生管理をしっかりと行う必要があるのです。

とびひについてはこちらの記事もご参考に!

とびひの治療はどんなものか

原因が細菌なので、とびひの治療は細菌を駆除するものになります。
早く治療を始めればそれだけ早く治すことができますので、
広範囲に広まって耐えられないかゆみを有してしまう前に治療を始めましょう。

塗り薬

抗生剤の入った軟膏を使用して行う治療が一般的です。
とびひに使われる薬はアレルギーとは違い、
ステロイドよりもゲンタシン軟膏が多いようです。
かゆみがひどい場合にステロイドを使う時もありますが、
症状や医師によっても治療の方法は異なってきますので、気になる時には医師と相談する方が良いでしょう。

内服薬

内服薬としては、抗生物質が処方されます。
抗生物質は菌によって効く効かないがありますので、
原因菌に対して感受性検査を行う場合もあります。
治ったと思っても再発してしまう場合もあるので、
処方された期間はきちんと抗生物質を飲み続けなければなりません。
かゆみが強い場合は抗ヒスタミン剤などでかゆみを抑える場合もあります。
大人の場合は治りにくいとびひですから、医師の指示に従って早目に治療しましょう。

患部を保護

こちらのガーゼは、普通のガーゼとは違い、患部にくっつきません。
それなのに、傷口から出てくる浸出液をしっかり吸収。
湿潤療法で跡も残りにくいのだとか。

大人のびひは治りにくい

2015-07-11-2c
とびひは子供だけがかかる病気ではありません。
ストレスが溜まって抵抗力が低下している場合、
大人でもとびひにかかってしまう場合があります。

しかも子供と大人両方がとびひになってしまった場合は、
双方がとびひをうつしあい、治りにくい状態を作ってしまいます。
とびひの治療は早く始めれば始めるほど早く治るものですから、
医師の指示を良く聞き早めに治療を始めて下さいね。