夏に子供が感染する病気のひとつにとびひがあります。
とびひは痛みもなく熱もほとんど出ないため、
子供自体はそこまでつらそうではないですが水泡が全身に出来る様子は、
親としては見ているだけでも痛々しいですよね。
そんなとびひが出来てしまう原因と、効果的なホームケアについてご紹介します。

とびひとは?

2015-07-23-1c
とびひは、夏乳幼児が発症しやすい病気のひとつです。
その特徴は、水泡または膿疱が出来る病気です。
水泡が出来た場合には、水泡性膿痂疹と呼ばれ
膿疱またはかさぶたが出来るときには痂皮性膿痂疹と呼ばれます。
ただ膿疱やかさぶたができる痂皮性膿痂疹になる場合は少なくて
多くは水泡性膿痂疹になることが多いです。

水泡性膿痂疹の場合には小さい傷があったところに薄い水泡が出来て、
水泡はだんだんと濁り膿んでいきます。
膿んだ部分は、その後破れて皮膚がただれ、その部分にかさぶたができます。
それがかゆくなり、かいていると他の部分にも症状が飛び火することから
この病気がとびひと呼ばれるのです。
水泡ができることとかゆみがあるぐらいで、熱が出るようなことはありません。
痂皮性膿痂疹の場合には、夏や乳幼児に限らずどの時期でもどんな年代の人でも感染します。
はじめに水泡または膿疱が出来るのは一緒ですが、
すぐに黄色っぽいかさぶたが出来て、それが急速に広がるのが特徴です。
また水泡性膿痂疹とは異なり、熱やのどの痛み、リンパ節の腫れなどの症状も出てきます。

とびひの原因とは?

とびひで水泡性痂疹の場合には、虫に刺されたり擦り傷などの小さい傷が原因です。
そういった小さい傷に黄色ブドウ球菌が感染することで、
黄色ブドウ球菌が表皮剥奪毒素というものを出してそれが水泡となるのです。
一方で痂皮性膿痂疹は、Aβ溶血連鎖球菌とよばれるものが原因で発症します。
ですが、どのように毒素を出しているのかというところまではまだわかっていないようです。

とびひについてはこちらの記事もご参考に!

自宅で出来るホームケアは?

とびひができてしまった場合には病院で処方される薬を使いますが、
それ以上に自宅でのホームケアが大切になってきます。
ではどういったホームケアができるのでしょか?
とびひの場合は全身に細菌が感染している状態なので、
とにかくまずは正しくスキンケアを行うということ。
まずはとびひの部分を清潔にするために、きれいに洗い細菌を流します。
お風呂のタイミングで、全身に丁寧にシャワーをかけてきれいにしたら、
石鹸を泡立て体を洗います。
この時に、患部を傷つけることがないように手で洗うようにしてください。
また患部に刺激を与えないように、純石鹸など赤ちゃんに使えるような添加物なしの石鹸を使うことが大切です。

洗い終えたらもう一度シャワーをかけて泡を落とし、タオルでふき取ります。
タオルで菌が感染するので、とびひに感染した人専用のタオルを作るようにしましょう。
水分を拭き取ったら病院で処方されるような軟膏を塗ってスキンケアは完了です。
それ以外にも、肌をかいてそれが菌を全身に飛び火させているので保菌しないように
爪は短くしておくことや衣服や寝具などもとびひになった時には
常に清潔にしておくということもホームケアで出来るポイントになります。

とびひのケアにアロマオイル!

とびひの際に、患部を殺菌または抗菌効果のあるアロマオイルを使用することでより効果的なホームケアができます。
アロマオイルを水で薄めてそれをタオルに含ませて患部をふいてあげるだけです。
ではどんなアロマオイルが効果的なのでしょうか?

ティートゥリー

薬草のような香りが特徴的で、殺菌・抗菌ともに効果が高いアロマオイルです。

ユーカリ

あまりアロマオイルのイメージがないかもしれませんが、
アロマオイルの中で殺菌や抗菌効果だけでいえば12を争うほどです。
香りはすがすがしいものになっています。
ペパーミント
ガムやタブレットでもよく使われているペパーミントは、さわやかな香りが特徴。
ペパーミントのメントールという成分が殺菌、抗菌作用に効果的です。

ラベンダー

アロマオイルでも人気の高い香りのラベンダー。
実は殺菌や抗菌においても効果があるのです。
香りの成分としてもリラックス効果が高いので、特に使いやすいアロマオイルです。

まとめ

2015-07-23-1a
とびひはその症状によって2種類に分けられますが、子供が感染するほとんどは水泡性膿痂疹です。
水泡がかさぶたになった際にかゆみが出て、
それをかいた手で全身をさわることで全身に広がってしまうからこそ、
体を常に清潔にしておくことが大切です
患部はもちろん細菌をとばしてしまう爪なども短くきれいにすることがポイント。
また殺菌抗菌効果のあるアロマオイルを使用すればより効果が高まるので
ぜひ使用してみてください。