低血糖は、誰にでもなる可能性がある症状です。
低血糖の特徴的な症状として目が痛い耳がつまる胸の痛みなどがあります。

どうしてそのような症状が出るのか?
症状が出た時の対処法
どんなものを食べれば症状が和らぐのか具体的な食べ物市販の薬をご紹介します。

また、低血の症状を日頃から改善できる方法をお伝えします。

低血糖ではどんな症状が出るの?

低血糖の症状は、目の奥に痛みが出る、胸の痛み筋肉のこわばり耳がつまる頭痛などがあります。

血糖値の変動によって起きる症状で
筋肉のこわばりは、筋肉に疲労物質である乳酸が貯まることにより起きます。

また、低血糖の症状の1つであるくしゃみは、アレルギー体質の方に出やすい症状です。
副腎がアレルギー性鼻炎の症状を抑えるために
コルチゾールという抗炎症ホルモンを分泌して症状を静める作用をするのですが、
副腎は、血糖値を上げる時にもコルチゾールを分泌するので、
アレルギーの症状を抑えることと血糖値を上げることに副腎は働らかなくてはいけなくなり
血糖調節が上手く出来なくなりくしゃみなどの症状が出やすくなります。

胸の痛みは、何らかの外的なストレスにより体への負荷がかかり糖質を求めると同時に
血糖値を上げようとアドレナリンが分泌されて急激な血管の収縮によりおきます。

生あくびが出るのはなぜ?

低血糖のその他の症状として、生あくびがあります。
生あくびが出るのは、低血糖による脳の機能低下回復するために出る症状です。

そしてふらつきめまいは、脳の血流がアンバランスになった時に起きます。
低血糖の症状の特徴として血糖値の変化に伴い起こるので出たり消えたりします。

その他に異常な空腹を感じるという低血糖の症状があります。
この症状が出ている時は、胃の中に何もない状態ではなく
脳に送られる血中の糖分が不足しているつまり血糖値が下がった時に起きます。

そして、女性に多い冷え性肩こりも低血糖の症状の1つでもあります。
アドレナリンが分泌された時に血管収縮が急激に起こるので
手や足などの末端の血流が悪くなり冷え性や肩こりを引き起こします。

また、アドレナリンは分泌されると交感神経緊張させる作用があるため
腸の蠕動運動の機能が低下して便秘になりやすいです。

低血糖についてはこちらの記事もご参考に!

芋や炭水化物を食べると効果的!

目の奥の痛みや、耳つまり、頭痛の症状が出た時は、
食事が摂れる状態であればお芋類、ご飯など炭水化物を食べる。

もし、食事が取りにくいのであれば少量で良いので飴玉チョコレートなどを食べて安静にすることです。

脳の栄養である市販のブドウ糖のタブレットもあるのでそれを摂取するのも良いです。
筋肉のこわばりは、疲労物質である乳酸を燃焼させるためアミノ酸を補うことです。

また、くしゃみが出る時は、副腎を疲弊させてしまうこと、
つまりコルチゾールを沢山分泌して消費してしまうアドレナリンなど
ホルモン分泌を出すアルコールタバコを控えることです。

そして、冷え性や便秘は、ストレスによって緊張する交感神経が優位に働くので
リラックス出来るようにストレッチ深呼吸アロマなど
副交感神経にスイッチが変わるように促して血流を緩やかにするようにします。

低血糖症状なのか血糖値を測定して確認することも対処です。

改善方法は生活習慣にあった!

低血糖の症状である目の痛み胸の痛み耳のつまりなど改善する方法は、
日頃から体に負荷がかかるもの具体的にはすい臓副腎負荷がかかり、
急激に血糖値を上げる糖質の多いものや脂肪の多いものを摂ることを減らして
ミネラルビタミンなどが豊富に含まれている食材を選んで摂ることです。

対処法と違って直ぐに効果が出るものではありませんが、
習慣化することで血糖値の安定に繋がり改善することになります。

そして、冷え性や便秘の解消法は
交感神経と副交感神経のバランスをとるために質の高い睡眠をとることです。

具体的に就寝する2時間~3時間前は、スマホやパソコンなど刺激になるものは避けて
ぬるま湯にゆっくりと浸かりリラックスすること。

おすすめの市販薬にさとうきびから作られているニチガから販売の
血糖値改善に効果的な成分のイヌリンを粉末で摂取できるもの。

賢者の食卓ダブルサポート、食物繊維が成分で血糖値の数値が正常になるものです。

まとめ

低血糖の症状である目の痛み胸の痛み耳のつまりなどは、血糖値の変動によって起こる症状です。
対処法としては、食事が摂れるのであればお芋類、ご飯など炭水化物を食べること。

もし、食事を取りにくいのであれば少量の糖分を取ることで回復します。
普段からブドウ糖を持ち歩くのも良いです。

また、便秘や冷え性などの症状は、ストレスなどにより緊張する交感神経が優位に働くので
リラックス出来るようにストレッチ、深呼吸など副交感神経にスイッチが切り替わるようにして血流を緩やかにします。

普段から質の良い睡眠を取るようにすると改善に繋がります。
即効性はないですが普段からすい臓や副腎に負荷のある、
そして血糖値を急激に上げる糖質の多いものや脂肪の多いものを減らして
ミネラル、ビタミンなどを積極的に摂ることも習慣になれば低血糖の改善になります