子供にかかる病気というイメージが強い、手足口病
この病気は、稀ではありますが、大人がかかるおそれもあります。

もしも、あなたが手足口病にかかった場合、
どんな症状が出て、どんな対処法が必要かご存知ですか?

今回は、大人が感染すると怖い手足口病について、お話しします。

手足口病はなぜ子供に多い?

2016-02-06b-2

手足口病は、なぜ子供に多く、
大人にかかるのは珍しいという印象があるのでしょうか。

それは、手足口病を引き起こすウイルスに一度感染すると、
免疫ができて二度と同じウイルスには感染しなくなるせいです。

ただ、手足口病の原因ウイルスは一種類ではなく数種類ありますので、
一度かかってそのウイルスに対応する免疫ができても、
別な型のウイルスに感染することは免れません。

しかし、その数種類あるウイルス全てに対して免疫ができれば、
当然ですが、もう手足口病にはかからなくなります。

手足口病は子供間の流行が多いため、
子供のうちにほとんどのウイルスの免疫ができてしまうことが一般的です。

そのため、大人の手足口病は珍しいと思われがちになるのですね。

大人の場合は重症化することが多い

しかし、大人にとって珍しい病気とはいえ、
やはり免疫が無い状態で感染者と接触したりすると、簡単に感染してしまいます。

その症状は、やはり子供の手足口病と同じく、手、足、口の発疹が出ます。
この発疹が厄介なもので、手足の爪の生え際にできると、
爪が剥がれてしまうこともあるのです。

そしてもっと厄介なのが、
発疹が口を通り越して、喉にまでできた場合。

これは、食べ物も飲み物も、唾液すらも飲み込むのがつらい痛みを引き起こし、
しかも鎮痛剤が効かないという本当に恐ろしい症状です。

また、大人の手足口病は、
子供がかかった場合よりも重症化しやすいと言われていて、
39℃にもなる高熱が出たり、強烈な筋肉痛が長期間続いたりします。

症状がきついときの対処法

このように大人がかかると面倒な手足口病ですが、
もしもかかった場合は、どのような対処法をとれば良いのでしょうか。

手足口病はウイルス性の疾患ですから、根本治療ができません。
そのため、病院での治療としては、発疹に塗り薬を塗ったり、
解熱鎮痛剤で熱を抑えたりなどの対症療法が主となります。

また、口内の発疹は、イソジンなどのうがい薬でうがいをし、
口内炎の薬を用いることもあります。

ここで、一番きついとされる喉の痛みですが、
人によっては、痛すぎてまともな食生活を送れない場合もあるようです。

そんなときは、しみやすい酸味や塩味のきついものは避け、
あまり喉にゴロゴロしないのど越しの良いものを食べて、回復を待つことをおすすめします。

ここに、ストーブの熱でできる卵がゆの作り方があります。
優しいお味で栄養があり、簡単にできるため、
まさに手足口病の時の食事にもってこいです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
大人の手足口病の恐ろしさと、その対処法についてご説明しました。

子供に多いと思われがちな手足口病ですから、
大人はかからないものと油断している人も多いかもしれません。

ですが、幼稚園や保育園などで、子供同士でウイルスを貰ってきて、
それをそのまま家に持ち込んでお母さんやお父さんにうつしてしまうという事態も、
よくある話だそうです。

喉や身体の痛み、そして高熱が出るなんて事態になってしまえば、
家事や仕事がままならなくなってしまうのは、目に見えています。

手足口病は乳幼児の頃に感染することが多い病気ですから、
自分がいつ手足口病にかかったのか記憶に無いという人の方が多いはずです。

つまり、自分は免疫を持っているという確信が無い人が大半だと思いますので、
大人だからと安心せず、常に手足口病の感染リスクがあることを忘れないでいて下さいね。