手足口病は夏を中心に流行するウイルス性の感染症です。
手足口病という名前の通り、手足や口の中に水疱性の発疹が出来ます。

感染してから発症するまでに3日から5日程度掛かり、発症して熱が出る事はありますが、
大体において高熱が続くような事はなく、微熱が続き、しばらくすると自然に治るのが特徴的な病気です。

手足口病とは

2015-06-22-2b

手足口病は手の平や足の裏や甲、そして口の中に水泡状の発疹が出来る病気です。

原因はウイルスの感染によるもので、
コクサッキーウイルスA6、A16、エンテロウイルス71などが主な原因ウイルスとされています。
手足口病の感染者、発病者の約9割が5歳以下の幼児となっていて
あまり大人には感染しない病気です。

発疹の他の症状としては、高熱はほとんど出ずに
微熱続くのが特徴で、症状が出始めてから1週間前後ぐらいで症状が収まります。
しかしウイルス自体は1ヶ月程度排出し続けます

但し、手足口病は学校伝染病に指定されていない病気で、
症状が軽い場合は登校しても構わないとされています。

これは感染しても症状が軽く自然に治るというこの病気の特徴と、
感染していても発病せずにウイルスを排出している保菌者がいる為、というのが理由のようです。

手足口病で注意する事

手足口病は手足や口に水疱が出る事以外は、
微熱を発する事があるぐらいで、ほとんどはすぐに治ってしまいます。
しかし、稀に髄膜炎脳炎など、中枢神経系の合併症や、
心筋炎、急性弛緩性麻痺などの症状が出る場合があります。

特にエンテロウイルス71は、他のウイルスより中枢神経系への合併症を起こしやすく注意が必要です。
手足口病には特効薬はなく、その時その時の病状に合わせて対処するという病気です。

経過をよく観察する事で、もし合併症などになってしまった場合でも
一刻も早く適切な治療が出来るようにしておきましょう。

合併症を疑う時の状態として、高熱が出る場合、微熱でも長く続きすぎる場合など、
手足口病の普通の状態と大きく異なる症状の時は1度詳しく調べてもらった方が良いでしょう。
また、手足口病は発症しないまま重病化する事もあり、所属する集団の中で流行っている時期には
体に異常が起きていないか注意するようにしましょう。

手足口病が治るまでの過ごし方

手足口病は熱が高くなく元気な場合は学校を休む必要はありません。
他の子供にうつしてしまう事を心配するかもしれませんが、
手足口病は症状が治まっても一ヶ月近くは菌を排出し続けるので、
症状が出ている間だけ休んでいても意味はほとんどないのです。

更に、発症せずに保菌者となっている場合も多く、
発症した子供だけ隔離しても感染が収まるとは限らずあまり意味がありません。

その為、手足口病は学校伝染病に指定されておらず流行しても学級閉鎖になる事もありません。
この手足口病のようなウイルス性感染症は、子供の頃に感染して抗体を作っている人がほとんどの為
大人が感染する事は珍しく、その感染者の多くは抗体を持っていない子供であるのです。

つまり誰でもが普通に幼いころに罹る病気と言って良いでしょう。
その為、あまり大袈裟に心配する必要は無いのです。
しかし、万が一重症化する場合に備えて、病状の経過には注意を払うようにしましょう。

手足口病で口の中が痛い時の食事

2015-06-22-2c

手足口病は、口の中に水疱が出来、その痛みで食欲が無くなってしまう事があります。
病中の栄養不足脱水症状は最も注意すべき事です。

そこで、口の中が痛い場合にも食べやすい料理をご紹介します。
手足口病の症状が出ている人への食事で気をつけるべき事は、
なるべく柔らかい内容物である事と熱くない事、
味が濃くない事、そして出来るだけ水分が多い事です。

幼児の場合は、離乳食がそのまま使えますね。
もう少し大きくなっている場合は、おじやが一番栄養もあって
しかも食べやすくて良いでしょう。

昔から続く病人食だけあって優秀です。
他にもスープ類、豆乳、ヨーグルト、バナナなどの果物をジューサーでジュースにしても良いでしょう。

そして、必ず水分も沢山摂取するようにしましょう。
吸収の良さを考えて、ミネラル豊富な経口補水液が良いでしょう。

また、口の中を刺激しない食事方法として、太口のストローを使う方法などがあります。
シェークなどを飲む時のような太いストローで料理を食べるのです。
これなら口の中をほとんど刺激しないので沢山食べる事が出来ますね。