手汗が出ることで、日常生活に支障をきたしているという悩みの人は多いようです。
手が汗で湿っていると、人と手をにぎることがしにくくなるので、
消極的になってしまうこともあるのです。

その手汗を治す注射がありますよ!
手汗の改善方法をまとめます!

手汗の原因とは?

2016-11-01b

手汗がひどいと感じているのであれば、
それは手掌多汗症と呼ばれるものかもしれません。
手汗の原因を上げてみます。

  • 精神的要因
  • 肥満・ホルモンバランスの乱れ
  • 病気などの疾患
  • 生活習慣の乱れ

こういった日常的なところから
なんらかの異常で手汗は発生するのです。

手汗・手掌多汗症に効果的な薬とは?

プロバンサインという神経遮断薬のような薬があります。
交感神経から出されるアセチルコリンという脳内伝達物質の生成を遮断し、汗を抑制します。

プロバンサリンの効果は、
一般的には服用してから約15~20分で効果が現れ、
3~4時間持続すると言われています。

便秘胃腸障害、口の渇きなどの副作用が現れることもあります。
薬を用いる時は医師としっかりと相談した方が良いでしょう。

汗に関する記事はこちらもご参考に(*^^*)

ボトックス注射とは?痛いの?

手汗を止めるのに、早くて効果的と言われるボトックス注射
痛みや効果、費用などについてご紹介します。

手汗への効果は?

ボトックス注射とは、ボツリヌス菌の毒素を抽出したボトックスという薬剤を、
汗が出やすい場所に直接注射をする方法です。

ボトックス注射もアセチルコリンの放出を遮断することで、
発汗を抑える作用があります。


このように痛みは強いと言われています。
1回の治療で数か所に注射し、基本的に麻酔はしません。

しかし、限られた範囲の汗を減らすのに適しているので、
手汗で悩む手掌多汗症には、多くの医師が勧める治療法です。

費用は?

保険適用がされないので、治療費は高くなってしまいます。


一般的には7~10万円ほどでしょう。
診察代は別にかかる場合もあります。

副作用・効果の持続は?

効果は個人差もありますが、早い人なら注射をした翌日から、
一般的には3日後くらいから効果があり、半年くらい効果は持続します。

副作用は、正確な場所に打たないと握力が弱くなったり、
しびれを感じたりすることがあります。
ボトックスには、筋肉の収縮を抑制する作用があるからです。

技術力の差が出てくるので、
経験が豊富な信頼できる医師を選ぶようにしましょう。

ボトックス注射はどこで受けられる?

一般的には、皮膚科、美容皮膚科、美容外科で受けることができます。
手汗の問題を理解していない医師もいるので、
手汗の治療に実績がある病院を探す方が良いかもしれません。

今すぐできる手汗を止める方法とは?

病院に行って、注射や薬の処方をしてもらうのは効果的ですが、
少し時間がかかってしまいます。
すぐにできる方法を見てみましょう。

リラックスする

手汗を意識すればするほど、
焦りや緊張によって交感神経が刺激され、
余計に汗が出てきてしまいます。

手汗を止めるためには、副交感神経を優位にさせる必要があるので、
リラックスすると良いのです。
腹式呼吸をするとリラックスしやすくなりますよ。

制汗剤を使う

制汗剤はたくさんの種類のものが販売されています。
ワキ汗用が多いとは思いますが、
手汗には手汗専用の制汗剤を選ぶと良いでしょう。

参照:http://item.rakuten.co.jp/
汗腺の出口にふたをすることで、
手汗を抑える効果があり、さらさらな状態にしてくれます。

テサランのお求めはこちら

まとめ

2016-11-01c

手汗は手が湿るくらいの人もいれば、
汗がたれるほど、手のひらに汗をかく人までいます。

いつも手汗が出ている状態であれば、
生活に支障が出てくることもありそうです。

そこで、治療法でおすすめなのが、ボトックス注射
費用は高いですが、効果は高く半年ほど継続します。

しかし、痛みが強いので苦手な人もいるかもしれません。
薬の処方もありますので、医師に相談してみると良いのではないでしょうか?

手汗は気にしていると、さらに悪化させてしまうかもしれないので、
リラックスして過ごすことも大切です。
自分に合った方法で、手汗の悩みを解決できると良いですね!