今話題でもある「糖質制限ダイエット」など、ダイエットを始めるにあたり、
一番手っ取り早い!と思ってしまうのが、炭水化物を控えるという方法です。

ですが、無理に制限することで体重は落ちても、
うつ精神的ストレスの原因となってしまい、
日常生活の上で支障が出たり心身のバランスが取れなくなってしまう…なんてことにも、なり兼ねないケースもあります。

今回は、なぜそのようなことになってしまうのか、
また正しい炭水化物抜きダイエットのやり方などについて、ご紹介していきたいと思います。

炭水化物抜きがうつの原因になるのはなぜ?

炭水化物と言っても、実は糖質食物繊維を合わせたものを言います。
その糖質は体内でブドウ糖に分解され、血液中へ血糖として送り出されて全身に運ばれ、
エネルギー源となる、人の身体にとって必要なものです。

体内の血糖値を適正値に保つために
インスリンが、血糖を肝臓や筋肉へ中性脂肪として脂肪細胞に蓄えることで、
糖質を過剰に摂ることで血糖が増え、肥満などにつながる仕組みとなっています。

また、糖質は体内に入ると素早くエネルギーへと変化するので、脳の働きを良くするのです。

糖質を制限することで、この血糖値が低い状態を維持され、
脳からのホルモン分泌が盛んになりうつやストレスの原因と繋がっていきます。
ですがこれは、これまでの生活で糖質を過剰摂取していたことによる、糖質不足の症状でもあります。

炭水化物抜きのメリット・デメリットは?

炭水化物を抜くことでどんないいこと・悪いことがあるのでしょうか?

メリット

糖質を含んだ栄養素を過剰に摂り過ぎないことで、
内臓や筋肉などに送られたあとの余りは、脂肪へ変換されるのを防ぐことができます。

また、ご飯などはおかずと良く合うので、
ついつい食べ過ぎてしまうということを減らすこともできます。

炭水化物を抜くことで、いち早く効果が出やすいこともあり、
ダイエット効果を実感しやすいこともあります。

デメリット

炭水化物を抜いたダイエットは、
エネルギーの元になる糖質を運んでいかないことにより、筋肉が減っていきます。

体重が落ちたと感じるのは、水分の減少と筋肉量が落ちている結果なのです。
筋肉量が減ると、基礎代謝の量も減少します。

脂肪を燃やす役目もある筋肉が減ることで、
痩せたように感じていても実は脂肪量は減っていないこともあります。
これは、体重が一時的に落ちていても、またすぐにリバウンドしてしまうことにもつながります。

足りないエネルギーを体内の脂肪などからタンパク質も消費されるので、
髪やお肌のトラブルも出てきます。

また、炭水化物は脳で使うエネルギーに消費されるので、
糖質、つまりブドウ糖が不足することで脳が働きにくくなります。

これは精神的ストレスにも大きく影響します。
普段の食事から摂り入れていた糖質を無理に制限することで、栄養の摂取の欠如が起こります。

食べたいものを我慢していること、脳に送られるはずのエネルギーが足りなくなることの両方で、
イライラしてしまい精神的にも糖質依存の状態になり、
頭が働かなくなることで何ごとにもヤル気が起きない状態に陥ります。

うつや精神的ストレスを予防する方法は?

炭水化物、つまり糖質を制限することは本当に身体に悪いのでしょうか?
実は本来糖質は身体にとって必須栄養素ではありません。

糖質を摂ると早く身体のエネルギーになるというだけで、
脂質アミノ酸などで糖質の代わりを担うことができるのです。

では、精神的なストレスを感じないように糖質を制限するには
日常的に摂っていた糖質を「明日から白米は食べない!」などと、
無理に制限するのではなく、少しずつ減らしていくことが有効です。

お茶碗一杯のご飯を半分にしてみる、
パンやお菓子や飲料、味付けの際の砂糖やみりんなどを控えるようにしていきます。

糖質の代わりとして、タンパク質の食品を摂るのも良いです。
脂身の少ない肉や魚、大豆などからタンパク質を摂取することで、
身体に必要なエネルギーへと体内で変換してくれます。

炭水化物にも入っている成分の食物繊維は野菜から摂るなどして、
代替えのメニューに少しずつ切り替えていくと良いです。

蒸した温野菜などは、サラダなどと比べ身体を冷やさず満足感を得ることもできますので、いいですよ。

炭水化物抜きの正しいやり方は?

では、炭水化物抜きのおさらいをしていきましょう。
正しく行うことで、安全に綺麗になりしょう(*^^*)

炭水化物抜きとは、炭水化物を減らすダイエットとして、
糖質制限をする代わりのメニューで、しっかりと必要な栄養素を摂取することです。

今まで糖質で補っていた部分をタンパク質などで補い、
栄養のバランスが崩れない食事を摂ることで、
身体をしっかりとメンテナンスしながらダイエットに励むことができます。

正しい方法として、まずは急激な体重減少を目的とせず、
ゆるやかに落としていくことを目標としてください。

白米一膳約150gの量に糖質は約55g程度含まれています。
基本的に体重に対して1倍の糖質が目安となります。

体重が50kgであれば50g以内が、摂取しても肥満に影響はありません。
要は余った糖質が脂肪へと変化するので、摂取範囲内であれば問題ありません。

また、日中は身体や脳を働かせることが多いので、
朝ごはんはしっかりと食べることで、消費しやすくなります。
朝食は白米を食べて、それ以外はタンパク質や食物繊維で補うことです。

身体だけでなく、精神的にも慣れるように満足感を得ることも大事なので、
1日の食事回数を小分けするのも効果的です。

小分けに食事回数を増やす場合の注意点は、
ご自身の年齢や運動量に合わせたカロリー摂取量を超えないように気をつけてください。

ボディメンテのMCTコーヒーダイエットとはどんなサプリ?

ネットの口コミでも話題のボディメンテのMCTコーヒーダイエットについてご紹介します。

炭水化物を抜いた糖質制限のダイエットをしていても、
体重減少が思ったように成果が出ない…という方に向いています。

こちらのサプリにはMCTオイルが含まれているのですが、
このMCTオイルは中鎖脂肪酸ココナッツ母乳などに含まれている天然の成分です。

この中鎖脂肪酸は短時間でエネルギーに変換されるのが特徴で、
糖質を制限していることで脳にエネルギーが早く運ばれないことによる、
精神的なイライラを抑制してくれます。

MCTコーヒーダイエットにには「生コーヒー豆エキス」が含まれています。
コーヒーなどのカフェインには脂肪を分解させる消化酵素を活性化させる作用があり、
身体の老廃物を排出してくれます。

血行促進効果もあるので身体中の血行が良くなり体温も上がり、基礎代謝が良くなります。
また、生コーヒー豆にはクロロゲン酸が焙煎後よりも多く含まれています。
クロロゲン酸とはポリフェノールの一種で、脂肪燃焼効果が高いと言われています。

実際に使用されている方からの口コミを見てみましょう。

  • 厳しい食事制限や苦しい運動を自分に強いても、続かないと意味がないですよね…。
    私はこのMCTコーヒーダイエットを買ってから、ジュースは飲まない!お菓子はひと袋一日で食べきらない!ごはんは朝しっかり食べて、夜は遅い時間に食べない!という風にしただけなのですが、だんだんくびれが出来てきました。
    寸胴だった私が、信じられない気分です。
    MCTオイル、DHA、EPAが入っているので、コレステロールや中性脂肪に効果があるっていうのが、すごいなと思います。
  • 中鎖脂肪酸ってあまり耳慣れない言葉で、調べていると、油なのに体脂肪になりにくかったり、ダイエット効果があるって事だったんで、飲み始めてみたら、とても簡単!
    一日2粒でいいのは、すごく嬉しいです。
    30を過ぎるとだんだん代謝が悪くなってきているのか、少々食べる方を少なくしたり、
    スイーツを我慢したりしても、減りにくくなってきていたので、色んな方のブログやインスタ等をチェック…。
    あっ、コーヒーの香りは残念ながら皆無でした…。
    でも手間がかからず、においもないサプリで、糖質カットダイエットをしていた私には、
    早くも効果が出そうです。
    夜、ついついお腹いっぱい食べてしまっては後悔していたけど、便通が良くなってきました。

など、コーヒーの香りがしないようなので、コーヒーが苦手な方でも試せそうですね。

炭水化物抜きで気をつけることは?

これまでご紹介させていただように、必ず代替えになる栄養素をしっかりと摂取するということです。
せっかくダイエットに成功しても、髪や肌トラブルに見舞われてしまうと残念な結果になってしまします。

ゆっくりと自分の身体に合わせて、炭水化物を抜いていくことを「ゆるめ」にしていくことがポイントです。

お風呂上がりにストレッチなどをすることで、身体も温まりますしリラックス効果も得ることができ、
質の良い睡眠を摂ることもできるので、
制限している精神的なストレスを緩和しながら、おこなってくださいね(*^^*)

まとめ

  • 急激な糖質制限は精神的にもストレスを感じやすい
  • 糖質の代わりに上質なタンパク質を摂り栄養のバランスを計る
  • 炭水化物を抜くのがつらくなったらサプリなどを併用してみる
  • 自分の身体に合わせたペースで糖質制限を進める

いかがでしたでしょうか?
すぐに効果が目に見えることはダイエット中には励みにもなります。

ですが、無理なダイエットでは心身に良い影響は与えません。
ゆっくりとゆるめの炭水化物カットのダイエットで、
長い目で見て体重を落としていくことで、リバウンドの予防にもなります。
晴れやかな気持ちで是非チャレンジしてみてください。