うつ病になってしまって、
社会生活や普段の生活を送ることが大変だと感じている方も世の中にはたくさんいるでしょう。

そんなうつ病が「タンニング」によって、治すことができるということをご存じでしたか?
「タンニングでうつ病が治せるのならやりたい」という方もいるでしょう。

そこで今回は、タンニングのうつ病への効果について紹介していきたいと思います。

また、タンニングにはうつ病以外にも、白斑にも効果があると言われているので、
そのことにも触れていきたいと思います。

タンニングでうつ病が治るのはどうして?

タンニングというのは、「日焼けをすること」をさします。
つまり、太陽光に当たって皮膚を黒くすることです。

太陽光を浴びると、「セロトニン」という物質が分泌されます。
セロトニンというのは、情緒や食欲を安定させるために欠かすことのできない物質で、
これが分泌されることによってうつ状態が改善されると言われています。

タンニングによってうつ病が治るといわれているのは、「セロトニン」の分泌が促されるからです。

日光は体と心の健康のために必要なもの!

日光はうつ病に効果があるだけでなく、体や心の健康のためにとても重要であることが分かっています。

日光を浴びると、

  • 体内でビタミンDが生成される
  • セロトニンが分泌される
  • 体内時計が正常に働く

といった効果があります。

体内でビタミンDが生成されると、
骨粗鬆症の予防になったり、脳機能を維持する効果があったりします。

また、セロトニンは「幸せホルモン」とも言われていて、
情緒や食欲を安定させるために欠かせないものです。

さらに、体内時計が狂わないということは、
質の良い睡眠をとることができるので、疲労感や倦怠感の回復を促してくれます。

日光と体と心の健康の関係について、詳しく知りたいという方は、こちらの動画をチェックしてみてください。

このような効果は、日光を直接浴びなくても、
日焼けサロンなどにあるタンニングマシンでも同じ効果を得ることができます。

日光を浴びないと体はゆがんでいく…

日光を浴びることで、ビタミンDが生成されるということを先に述べました。
では、日光を浴びないとどうなるのでしょうか。

日光を浴びないと、体はゆがんでいきます。
なぜかというと、日光を浴びないと骨や歯を丈夫にする、
ビタミンDが生成できないために、骨や歯がもろくなっていくからです。
そうすると、体がゆがんでいったり、血行不良が起こったり、
内蔵機能の低下に繋がったりと、健康を害することになるのです。

日焼けをすることは、肌に良くないとされていますが、
日光を浴びないことの方が、体には良くないのです。

日焼け後のケアについてはこちらの記事もご参考に!

白斑はセルフタンニングで目立たなくできる!

白斑というのは、メラニン色素が減少することによって、皮膚の色が白く抜けていってしまう病気です。
一方、セルフタンニングというのは、紫外線を浴びることなく、小麦色の肌にすることができるものになります。

セルフタンニングを塗ってから、1~2時間程度で色がつきますし、
紫外線を浴びなくてもいいということで副作用の心配がなく、安心して使えると言われています。

セルフタンニングを行うことで、白斑を目立たなくさせるというメリットがあるのですが、
デメリットもあるので知っておくといいでしょう。

セルフタンニングのデメリットは、上手に塗らないと色むらになってしまうことや、
1週間程度で色が落ちてしまうので、何度も塗り直す必要があるということです。

褐色肌を保とうと思ったら、塗り続けないといけないので、
どこまで続けていくのかということも考えて使う必要があります。

セルフタンニングローション100がオススメ!

白斑を目立たなくさせるためにオススメなセルフタンニングローションは、
「セルフタンニングローション100」です。

この商品は、150mLで税込み3024円と高くないのが特徴です。
使い方は簡単で、シャワーや洗顔後の清潔な肌に、
カット綿にしみこませたセルフタンニングローション100をムラなく伸ばすだけです。

始めてセルフタンニングを行う方は、ムラを防ぐために、乾いてからもう一度塗るといいです。
セルフタンニングローション100を塗った後は、すぐに石鹸で手を洗いましょう。

  • 使ってみたところ本当に目立たなくなりました。スッピンでも目立ちません。これで白斑が治ったわけではないし、今後もずっと続けていかなくてはなりませんが、とっても気持ちが楽になりました。
  • 白斑を隠すために購入してみました。これである程度はカバーできそうなので良かったです。
  • 無色透明で、寝る前に塗れば朝には色が付いています。白斑の部分塗は平筆で塗るのが楽です。

実際に、セルフタンニングローション100を使っている方は、
白斑が目立たなくなって良かったと感じている様です。
塗り続けなくてはいけないのですが、使っているうちは効果が実感できるといえるでしょう。

まとめ

  • タンニングでビタミンDが生成されることによって、うつ病が治る
  • 日光は、心と体の健康に効果がある
  • 日光を浴びないと、体がゆがむという悪影響がある
  • タンニングマシンを使っても、直接日光を浴びたときと同じ効果が得られる
  • セルフタンニングで白斑を目立たなくさせることができる
  • 白斑には石澤研究所のセルフタンニングローション100がオススメ

今回は、このようなことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
タンニングを行うことで、うつ病が治せたり、
体の健康に良い効果があったりするということが分かっていただけたと思います。

また、白斑に悩んでいる方にも、セルフタンニングローションが効果的なので、
これらの悩みを抱えている方は、試してみてはいかがでしょうか。