急な立ちくらみ耳鳴りが頻発したり、何だか常に吐き気がしたり……と、
これらの症状が重なってつらいことってありますよね。

これらの症状は、どんな病気のサインなのでしょうか。

今回は、立ちくらみ、耳鳴り、
吐き気が起こっているときに考えられる病気についてご説明します。

まず考えられるのは、自律神経失調症

2016-02-17b

まず、真っ先に考えられるのが自律神経失調症です。

この病気は、人間の身体のあらゆる機能を整える、
自律神経の働きが狂うことで起こる様々な体調不良を指します。

本人ははっきりと自覚症状があるのに、
病院で検査をしても、身体的には何の問題もない、という時に付けられることが多いです。

この自律神経失調症で一番多くみられるのが、
めまいや立ちくらみと言われています。
そして、耳鳴りや吐き気も、自律神経の狂いにより起こりやすいです。

過剰な身体の疲れや、急激なストレスを感じた後にめまい、立ちくらみ、
その他の症状が出るようなら、まずは自律神経失調症を疑ってみましょう。

この病気は、自律神経を正常化するためにストレスを溜めない生活をする、
リラックスできる時間をとるようにするなどの改善策をとることで良くなる場合が多いようです。

急激に症状が出たのなら、メニエール病の可能性も

自律神経失調症以外にも、これらの症状が出る病気がいくつかあります。
その中でもよく聞くのが、メニエール病です。
メニエール病の場合は、急にはっきりとした症状が出ることが多いようですね。

メニエール病とは、内耳にリンパ液が溜まり、
水膨れのような状態になることで起こる、耳の病気です。

耳の奥には、聴力を司る「蝸牛」という、
その名の通りカタツムリのような形をした器官と、
三半規管という平衡感覚を整える器官などがあります。

この三半規管に水が溜まってしまうと、
立ち上がった時にふらついたり、普通に歩いている時でも
フワフワと身体が浮くような感覚がしたりします。
そして、めまいによって吐き気も生じ、
耳の奥の異常ですから、耳鳴りも起こる……というわけです。

このメニエール病は、原因ははっきりとしておらず、
自律神経失調症と同じようにストレスが原因だったり、
疲れによって発症するなどと言われています。

メニエール病の見分け方と治療

では、自律神経失調症とメニエール病は、
どんなところで見分けられるのでしょうか。

一番わかりやすいのは、めまいが起こっている時間です。
自律神経失調症のめまいや立ちくらみは一瞬〜数秒で良くなることが多いのに対し、
メニエール病は、数十分や数時間もめまいが続きます。

また、メニエール病は、上記のような症状が繰り返されるのも特徴です。
もし、長く続くめまい、耳鳴りなどがあるようなら、耳鼻科で検査を受けてみましょう。

この病気は命に関わるような病気ではないのですが、
やはり日常生活に支障が出やすい症状が続くため、
何かしらの対処をとらねばなりません。

具体的には、めまいを抑える薬と同時に、
循環を良くする薬や、場合によっては抗不安薬を服用して改善を試みます。

ただ、薬によって完治はできないため、薬を飲みつつ、
根本の原因と考えられるストレスや疲れを解消することが大切となります。

まとめ

2016-02-17c

いかがでしたでしょうか。
立ちくらみやめまい、耳鳴りなどから考えられる2つの病気についてご説明しました。

今回、特に詳しくご説明したメニエール病は、
有名人が発症したというお話を芸能ニュースなどで聞くことも多いです。


上のように、シンガーソングライターの柴田淳さん、
そしてジャニーズの今井翼さんなども、
メニエール病やその疑いによってお悩みのようですね。

命に別状のない病気だとしても、
ファンなら、「大丈夫かな?」と、心配になってしまいますよね。


参照:楽天市場

ただ、この病気は誰でもかかる可能性がある病気ですから、
あなた自身もめまいなどが続くようだと思ったら
メニエール病を疑ったほうがいいかもしれませんね。
心配な場合は書籍などでメニエール病の基本知識を学んでおきましょう。
めまい・メニエール病治療 お求めはこちら