手根管症候群」という病気の名前を聞いたことがありますか?
手を司る神経の異常により起こるしびれや痛みなどの症状を総称する名前です。

この手根管症候群に苦しむ人は少なくありませんが、
対処法によっては痛みが消えたという話もあります。

ここで、手根管症候群の対処法についてまとめました。

手根管症候群の症状、原因など

2016-09-09b

手根管とは、手や指に通る神経の一つ、「正中神経」と、
指を動かすいくつもの腱が通るトンネルのようなもので、手首にある器官です。

この手根管が、何らかの原因により慢性的に圧迫されると、
神経に正しい情報が伝達されなくなったり、腱の動きに支障が出ます。

このせいで生じる痛みやしびれ、
運動障害などをまとめて「手根管症候群」と呼びます。

初期のうちは人差し指と中指を中心に痛みやしびれが走る症状が出ますが、
進行すると親指の付け根にある「母指球筋」がやせ衰えて、
指先を使う作業や細かい作業が困難になってきます。

原因となるのは、手の酷使やむくみ、骨折や腫瘤などで圧迫されたり、
血液透析によってアミロイドという物質が蓄積すること。

仕事や趣味で手をよく使う人、むくみが起こりやすい妊産婦さん、
透析が必要な病気を持つ人に起こりやすいと言われています。
また、ホルモンバランスの乱れが大きい更年期の女性に発症することも多いです。

手根管症候群の原因の中でも特に、
手を酷使する人の場合は、同時に腱鞘炎も併発することがあります。

腱鞘炎は、腱を守るための覆いのようなものが炎症を起こした状態です。
やはり、手根管症候群と同じく、手指の使い過ぎで発症しやすいからです。

手根管症候群の治療

手根管症候群は、原因によっては治療をしなくても治るものがあります。
例えば、妊娠中のむくみが原因で起こっている場合は、
出産後しばらくして、むくみが解消されると手根管の圧迫も無くなり、治ります。

しかし、それ以外の原因の場合には、早いうちの治療が重要になります。

手根管症候群の治療は、軽度の場合は手術をせず、
装具で手を固定し保護するほか、手根管内にステロイド薬を注射したり、
痛み止めやビタミンB製剤を内服することで対処します。

手首を保護するためにテーピングをするという方法もあります。

現在では、手根管症候群に特化したテーピング製品、
カーパルソリューション」というものもあるので、そちらを利用するのも良いでしょう。


ただ、このカーパルソリューションはなかなか高価なものなので、
自前のテーピングで同じような効果を得ようとする人も少なくありません。


親指と人差し指の間、親指の下、
小指の下から手のひらの中心に向かってテープを貼ることで、効果があった人もいるようです。

こちらの動画のように、
手首を一本のテープで固定することでも手根管を保護することができ、症状の悪化を食い止められるそうです。

手術はどんな感じ?仕事はどうすれば良い?

これらの治療が効かない場合や、既に母指球筋の縮小がある場合、
腫瘤が原因の場合などは手術によって手根管を切り開き、圧迫を解消します。

手術には、手首から4~5cm切り開く方法と、
1~2cmの切開で済む内視鏡手術があります。
現在では内視鏡手術が主流で、入院せずに日帰り手術も可能です。

ただ、手術から10日から2週間は患部を水に濡らさないようにする必要があります。
その間の行動制限は特に指示されないようですが、
やはり小さくても手術をしているので、手を使う作業や力仕事はしにくくなります。

職種や、手術が利き手かどうかによって
復帰までの期間は変わってくると思うので、
医師や職場の管理者と相談すると良いでしょう。

まとめ

2016-09-09c

手根管症候群は、以前に「のだめカンタービレ」の作者で知られる
漫画家の二ノ宮知子先生が発症したということで名前を知った人もいるのではないでしょうか。

漫画家と言えば、まさに手を酷使する職業ですし、
それに加えて発症当時、二ノ宮先生は出産直後だったということもあって、
手根管症候群を発症しやすい環境にあったということです。

二ノ宮先生は、そんな辛さを克服して、
今では育児とお仕事を精力的に頑張っているそうです。

手根管症候群を発症して、
長引く痛みに「もう治らないのかも……」と
不安になっているあなたも、これから先を悲観することはありません。

適切な対処や治療をすれば、痛みやしびれから解放される日はきっと来るはずです。