歯茎から出血、歯が抜ける、口臭がするなど、嫌な印象ばかりの歯槽膿漏
この病気の原因は、歯磨き不足だけだと思っていませんか?

実は、歯槽膿漏の原因はそれだけではなく、
喫煙なども深く関わっているのです。

ここで、歯槽膿漏の原因と、
ツボお灸などで改善する方法についてお伝えします。

なぜ煙草が歯槽膿漏を引き起こすのか

Smoking woman on the sunset background

喫煙が口内に与える影響は、
ヤニによる着色や口臭だけだと思っていませんか?
実は、それだけではありません。

喫煙をするとニコチンの作用で全身の血管が収縮します。
当然、歯を支える歯茎の血管も収縮してしまい、血液に乗った酸素や栄養が行き渡らなくなりますよね。

そのせいで歯茎の免疫力が低下し、歯周病菌に冒されやすくなります。
そして、歯周病がハイスピードで進行し、簡単に歯槽膿漏になってしまうというわけです。

喫煙者の歯槽膿漏には、非喫煙者と比べて厄介な点があります。

それは、血行が悪くなるせいで歯茎からそれほど出血しなかったり、
免疫力が激しく低下しているせいで歯周病菌と戦える白血球が少なくなり、
炎症すら起こりにくくなってしまうことです。

つまり、喫煙者の場合は歯槽膿漏の早期発見が難しく、
手遅れになってから発覚するケースが多いのです。

歯槽膿漏のせいで高血圧になるリスクが急上昇する理由

歯槽膿漏と高血圧には、意外な関連性があることをご存知ですか?

これは、高血圧のせいで歯槽膿漏になるのではなく、歯槽膿漏のせいで高血圧になるというお話です。

歯槽膿漏や歯周病を患っていると、
その歯周病菌が血管に入り込み、内壁を傷付けて固く、狭くしてしまいます。
そのせいで動脈硬化と同じ状態になり、血圧が上昇してしまうというメカニズムです。

高血圧になると、めまいや手足のしびれなどの症状が出ます。
もし、歯槽膿漏や歯周病の気がある人で、
こんな症状が出たら、既に血圧が高くなってしまっているかもしれません。

高血圧には特効薬はありませんが、
口内環境を良くすれば、それは改善される可能性があります。
心当たりがある人は、歯科や口腔外科を受診してみましょう。

もちろん、軽いものなら歯磨きをしっかり行ったり、
喫煙者は禁煙するだけでかなり良くなるはずです。

ツボ押しやお灸で歯槽膿漏を改善しよう

東洋医学的な観点から歯槽膿漏を改善するには、どのような方法があるでしょうか。

東洋医学と言えば、ツボですよね。
歯槽膿漏に効くとされるツボをいくつかご紹介します。

まず、「女膝(じょしつ)」。
場所は膝ではなく、かかとの真後ろにあります。

アキレス腱より少し下、足の裏より少し上あたりにあるツボで、
ここを押す、もしくはお灸を据えることで歯茎の腫れや化膿が改善されます。

どちらかと言えばお灸の方が効くようなので、
できればお灸でお試しくださいね。
しかし、ただ押すだけでも、このように「効いた」の声が!


次は、「曲池(きょくち)」です。
詳しい位置は、こちらの動画をどうぞ。

肩こりや消化器など、色々な症状に効くツボですが、
歯の痛みや歯周病系の症状にも効果的だと言われています。
こちらも、押すよりお灸の方が効果的だと言われていますね。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

どちらのツボもこのようなお灸が効果的ですが、
セルフで行う場合は火の始末などに注意して下さいね。

せんねん灸のお求めはこちら

まとめ

2016-09-08c

歯槽膿漏と喫煙、高血圧との関係、
そして効果的なツボをご紹介しました。

薬以外にも、ツボで歯槽膿漏が改善できるのは驚きですよね!
自宅でもできるので、どんどん試してみて下さい。

また、煙草を吸う人はこまめに歯を磨かないと口臭が出やすいというイメージが
ありますが、これは、煙のニオイだけではなく、歯槽膿漏によるものもあるのかも
しれません。

また、煙草のせいで血管が収縮し、
高血圧になることはよく知られていますが、
煙草→歯槽膿漏→高血圧、
というルートにより血圧が高めになってしまっている可能性も
ありそうですね。

歯槽膿漏は、歯を失うこともある恐ろしい病気です。
歯を守るためにも、歯磨きだけではなく禁煙も徹底すれば、かなりリスクが下げられます。
結果的に高血圧も改善されるのなら、実行しない理由はありませんよね。