ささくれが出来てしまうことってよくありますよね。
あまり痛みを感じないものもあれば、赤みを帯びて痛くなる場合もあります。
ささくれは知らない間に急に出来てしまうもの。

でもささくれはどうして出来てしまうんでしょうか?
そのメカニズムについてと、ささくれが出来てしまった時の対処法を御紹介していきます。

ささくれとは?

誰もが今まで一度ぐらいはなったことがあると思うのが、ささくれです。
そもそも、爪もまわりは皮膚は指先の方に向かっている状態です。
特に、爪の根元部分はめくれやすくなっています。

何が物理的な力が加わって爪の根元の皮膚がむけてしまうことはありますが、
そうではなく自然と皮膚がむけてしまうのがささくれです。

ささくれは、皮膚がはがれた状態のためその部分から細菌などが入ってしまい
炎症を起こして赤くなってしまうこともあれば、
それが重症化すると化膿して白くなってしまうようなこともあります。

だからこそ、ささくれが出来たら早め早めに処置をすることが大切なのです。

ささくれが出来るメカニズム

ささくれが出来るメカニズムはどういうものでしょうか?
ささくれの最大の原因はとにかく乾燥です。

日常生活で、水仕事が多い主婦はもちろんもともと乾燥肌の人などはささくれができやすいです。
それは、手の水分がなくなることで手の皮膚がかたくなってしまいます。
かたくなった皮膚は自然とはがれてしまうために、ささくれのような状態が出来てしまうのです。

ささくれは胃の調子も関わっている

ささくれの最大の原因は乾燥にありますが、実はの調子も関わっているのです。
胃の調子というよりは、胃から摂取する栄養分にあると思います。
不足するとささくれが出来てしまう栄養分がいくつかあります。

まずひとつめがタンパク質

タンパク質は皮膚をつくるために欠かせない栄養分。
ですが、太るからなどの理由でタンパク質を食べないという人もいます。

ですが、脂肪分が低い大豆製品ささみなどを食べるようにしましょう。
また、傷を修復してくれるビタミンEと皮膚を健康かつ新鮮にしてくれるビタミンAも重要ですし、
そのビタミンの吸収を高めてくれるミネラルも欠かせません。

ビタミンは緑黄色野菜を中心に、ミネラルは海藻類や大豆製品に多く含まれていますよ。

手のトラブルについてはこちらの記事もご参考に!

ささくれが出来てしまったら?

とはいえささくれは知らないうちに出来てしまうことがあります。
悪化すれば化膿してしまうようなこともあるため、ささくれが出来たら早めに対処することが重要です。
効果的なささくれ対処法をご紹介していきます。

ささくれ対処法1 保湿

ささくれの最大の原因は乾燥にあるため、まずは手の保湿をすることが大切。
なので、ハンドクリームを使って手を保湿させましょう。
この時出来るだけ肌に優しいものが良いので、
赤ちゃんでも使えるようなクリームで保湿すると傷にも優しいですよ。

効果的なハンドクリームの塗り方を動画で紹介しています。

ささくれ対処法2 食生活改善

栄養不足もささくれが出来る原因だとご紹介した通り、
日々の食生活から得られる栄養は非常に大切です。
タンパク質ビタミン類を摂取することはもちろんですが、
偏りのないバランスよい食事を摂ることが大切です。

ささくれ対処法3 生活習慣改善

生活習慣とささくれに関係性を感じないかもしれませんが、
ささくれの対処法としては大切なことです。
生活習慣の乱れで一番問題なのが、睡眠不足です。
睡眠不足になると、血の巡りが悪くなります。

血の巡りが悪くなると、肌は自然と乾燥状態になりがちです。
そのため、睡眠不足を解消することもささくれの対処法となります。

ささくれ対処法4 ささくれを切る

出来てしまったささくれを切ることも大切な対処法です。
ささくれを放置して化膿して重症化するケースもあります。
なので、まずはささくれを切って消毒をしておくようにしてください。

ご紹介した4つの方法の他に、ささくれ対策の市販の薬もあります。
ささくれができてしまったら、これを塗って絆創膏を貼ったり
水仕事をする時はゴム手袋をしておこないましょう。

まとめ

2015-09-10c-1

ささくれは何気なく出来てしまうことも多いですが、
傷が深くなってしまった場合はかなり痛いと感じることも多いですよね。

だからこそ、ささくれが出来ないように肌の乾燥を防ぎさらにはバランスの良い食生活を送るように心がけてください。