冬になると流行するウイルスの一つとして有名なロタウイルスがあります。

夏から冬へと季節替わりする時期に喉の痛みや扁桃腺の腫れが起こると
原因となるウイルスではないかと疑われますが、実はロタウイルスの症状は主に下痢や嘔吐
喉や扁桃腺の症状はアデノウイルスの可能性が高いのです。

では、ロタウイルスとはどのようなものなのでしょうか?

ロタウイルスとは?

2015-09-05b-2

ロタウイルスとはいったいどういうものなのでしょうか?
ロタウイルスはロタウイルス下痢症を引き起こす原因となるウイルスです。
冬の時期に主に乳幼児に感染するというのも特徴です。

症状としては、急に下痢になります。
下痢は、水っぽく色は白っぽくなる傾向があり、さらには嘔吐も引き起こします。
免疫がまだ弱い6カ月ぐらいから2歳ぐらいまでの子供への感染力は非常に強く、

冬の時期に急に大量の下痢が出た場合には、その原因のほとんどがこのロタウイルスによるものです。
大量の下痢と嘔吐によって脱水症状を引き起こしやすく、
まれに重大な脳症などを引き起こす可能性もあるため、
乳幼児の任意の予防接種にもなっているほどなのです。

ウイルス性胃腸炎は種類がある!喉の痛みが出たらアデノウイルス!

ご紹介したロタウイルスは下痢症という名前ではありますが、ウイルス性胃腸炎のひとつでもあります。
ウイルス性胃腸炎には実は種類が様々あります。

ロタウイルスをはじめ、有名なものでノロウイルス。
これは乳幼児に限らず、大人への感染力も非常に強いウイルス性胃腸炎ですよね。
また、それ以外にはサポウイルス、強い喉の痛みが見られるアデノウイルスなどがあります。

どのウイルス性胃腸炎にも共通すのが、下痢・嘔吐です。
さらには、経口感染や飛沫感染でどんどんと広がっていくので集団生活をしている子供や
大人は特に感染しやすくなっているのです。

こういったウイルスを原因とする胃腸炎に、ウイルス自体を撃退するような治療薬はありません。
大体が対症療法であることがほとんどです。

子供や高齢者などは、脱水症状にもなる可能性が高いために水分補給をこまめに行うようにすることが重要です。

扁桃腺で増殖するアデノウイルス

ウイルス性胃腸炎の一種であるアデノウイルスも、特に乳幼児が感染しやすいとされているものです。
アデノウイルスの最大の特徴は、扁桃腺またはリンパの中で増殖するというところ。
アデノというのは扁桃腺やリンパのことをいっているのです。

ロタウイルスが冬場に活発になるのに比べ、アデノウイルスには夏場にかかるというのも一つの特徴です。
アデノウイルスは、扁桃腺やリンパで増殖するために他の胃腸炎の症状に喉の痛みや

扁桃腺の腫れ、目の充血などの症状が出ます。
胃腸炎の症状に、喉の痛みを感じたらアデノウイルスかなと思ってもいいかもしれません。

ちなみに、アデノウイルスにはたくさんの種類がありそれぞれの種類によって引き起こされる病気が異なります。
肺炎や扁桃腺炎、プール熱(咽頭結膜炎)、流行性角結膜炎、無菌性髄膜炎、
気管支炎などもアデノウイルスによって起きる病気ですよ。

ウイルス性胃腸炎にならないためには?

特に乳幼児がウイルス性胃腸炎になると、下痢や嘔吐に苦しめられて本当に可愛そうです。
また、乳幼児がウイルス性胃腸炎に感染した場合には、家族にも感染するリスクが高まるため

できれば、ウイルス性胃腸炎にならないようにすることが一番です。
では、ウイルス性胃腸炎にならないためにはどういった予防法があるのでしょうか?

予防法1 うがい・手洗い

こういった飛沫や経口によって感染するウイルスには、
うがいと手洗いが何よりの予防法です。


参照:楽天市場

普段外から帰った時だけうがいや手洗いをしていないですか?
殺菌力を高めるために、うがい薬の使用をオススメします。
ウイルスが意外なところにいる可能性もあるため、
外から帰った時だけではなく、お手洗いの後、おむつの処理をした後、
さらには何かを食べる前には必ずうがいと手洗いをするように心がけておくようにすることもひとつですよ。

イソジンのお求めはこちら

予防法2 免疫力を高めておく

乳幼児はどうしても体のつくりとしてまだまだ免疫力が弱いために、
ウイルスに感染してしまう可能性が高いです。

ですが、普段の生活から出来るだけ免疫力を高めるような生活を心がけることが大切です。
免疫力を高めるには、規則正しい生活などもありますが、
一番効果が期待できるのは胃腸の状態を良くしておくことです。

免疫の多くは胃腸に多く存在し、胃腸の状態が健康的だと免疫力も正常な状態になります。
逆に、胃腸の調子が悪い時には風邪などをひきやすい状態になっているということ。
だからこそ、常に胃腸をきれいにしておくように心がけましょう。

そのために、は乳酸菌を積極的に摂取します。
乳酸菌は、乳製品をはじめ、漬物やキムチなどにも入っているため、
毎食に食べるよう心がけることが大切ですよ。

予防法3 外食を控える

家族などで遊びに行くとどうしても外食をする機会が増えますよね。
もちろんそれが悪いこと
では、ないですが、ウイルス性の胃腸炎が流行している時にはなるべく外食を控えるというのもひとつの予防法になります。

経口感染によってウイルス性胃腸炎になる可能性が高いため、
多くの人がいる外食はウイルス性胃腸炎の原因ウイルスに感染するリスクが高まります。
そのため、ウイルス性胃腸炎が流行している時には出来るだけ外食は避けましょう。

まとめ

2015-09-05c-2

乳児がかかりやすいのは、ロタウイルスとアデノウイルス。
それぞれ下痢と嘔吐の症状が出ますが、ロタの場合には下痢が白くなるのが特徴で、
アデノウイルスの場合には下痢や嘔吐の症状に喉の痛みがあることが特徴です。

また、それぞれ冬と夏で感染する時期が違うことも特徴だといえますね。

乳幼児は自分ではなかなか予防が出来ないために、
乳幼児がウイルスに感染しないためにも出来るだけ親が予防法を実施してあげること、
ロタの場合には予防接種をうつなどの対策をしてあげるようにしてくださいね。