ロタウイルス感染症とは、乳幼児に多く感染しやすい感染症で、
下痢や嘔吐などを引き起こす急性胃腸炎です。

寒さがピークの頃から春先までが流行る時期で、
ウイルス性の胃腸炎の中でも症状が激しいことが多いことから、
新米ママさんでも異常に気づきやすいのが特徴的です。

そんなロタウイルスでも、嘔吐や下痢の症状がありながらも
それ以外の時は比較的元気!ということもあります。

実際、2人の子供も耐性が強いのか…とても元気でした(汗)
小さな子供なので、元気だと遊びたがる食べたがるし、でもどうすればいいの?と思いますよね。

そんな場合について、お話したいと思います!

ロタウイルスに感染しても元気なことがある?

ロタウイルスの症状としては、激しい嘔吐や水のような下痢の症状で、
分かりやすいのは下痢が白っぽい便なのが特徴です。
これは、胆汁の分泌がうまくいかずにお米のとぎ汁のような色になるのです。

熱は微熱であることが多いのですが、中には高熱を出す子もいます。

ですが、嘔吐や下痢の合間にも、食べ物を欲しがったり元気にしていたり、
「本当にロタウイルスなの?」と思ってしまうくらいの軽症の子もいます。

その症状にも波があるようで、機嫌を良くしていても急に嘔吐したりします。

ここが、普通の胃腸炎とは明らかに違いを感じるところでもあります。
ですが、あなどれない感染症であり脱水症状も引き起こしやすく、
下痢が続くとお尻もただれてしまいますよね。
言葉が話せない赤ちゃんは泣き続けたりなど、お母さんとしては見ていて辛いこともあります。

ぐったりとしていたり飲み物を受け付けないという場合には自己判断はせず、
すぐに受診されることをおススメします。

ロタウイルスの時に良い食事や飲み物は?

では、実際ロタウイルスに掛かってる際に、食事や水分補給はどのようにすれば良いのか。
現在の状況においても変わってきます。

下痢や嘔吐が頻繁に続いている場合、症状は治まっていて食欲も普通にある場合など、
それぞれについてご紹介したいと思います。

どちらの場合にも、絶対に欠かせないのが「水分補給」です。
治癒力を高める為にも、水分は不可欠になります。

下痢や嘔吐が頻繁に続いている場合

この場合には、まず一番避けたいのが「脱水症状」になることです。
乳児や小さなお子様などは身体が小さいので、
体内の水分量も大人に比べて少ないこともあり、脱水症状になりやすい状態です。

また、脱水症状を引き起こすと重症化しやすくなります。
とはいえ、小さな身体で嘔吐を繰り返す中、無理に水分を摂らせるのも迷いますよね。
こういった場合には、少量でも効率的に体内に水分補給をさせてあげるのが最適です。

乳児の場合には母乳が最適です。
赤ちゃんに安心感を与えることもでき、飲みたいだけの量を飲むことができます。

卒乳をしている小さなお子様には、常温のイオン水白湯麦茶などを
スプーンなどで少しずつ与えてあげてください。
ミカンなどの柑橘系果汁、またイオン水も糖分を多く含んだものは、
下痢を悪化させる場合があります。

症状は残っているものの元気な場合

症状はまだ見られるものの、食べ物や飲み物を欲しがる場合もあります。
ですが、まだロタウイルスは体内に残っているので、欲しがるまま与えるのは様子をみてあげてください。

無理に食事を与えず、胃や腸を休めさせてあげてください。
与える場合には、少しずつ消化に良いおかゆやうどん、
リンゴなどの果物のすりおろしなど、胃腸に負担の少ないものから始めてください。

散歩は行っても大丈夫?

保育園や小学校などをお休みすることが余儀なくされるロタウイルス。
でも、症状以外は元気な姿を見ると、気分転換に外の空気を吸わせてあげたくなります。

また、当の本人もまだ小さいと「病気でお休みしている」ということが、
まだ理解できずに外へ行きたがることもあります。
「○●日」という指定はしっかりと明記はありませんが、私の通わせていた保育園では1週間の登園禁止が決まりでした。

症状のある間が主なウイルスの排出期間であるが、回復後も数週にわたって便からウイルスが排出されることがある。下痢、嘔吐症状が軽減した後、全身状態の良い者は登校(園)可能だが、回復者であっても、排便後の始末、手洗いの励行は重要である。

上記のように、文部科学省の「学校において予防すべき感染症の解説」に書かれています。

症状が治まってから、もう一度受診するなどして登園や登校許可の必要な場合もあります。
飛沫感染も考えられるので、
症状が治まっていても一週間程度は他のお子様との接触は避けるのが良いです。

お散歩などは、出来る限り人の多い時間帯を避け、マスクを着用し、
身体に無理の無い気分転換程度でおさめておきましょう。

ロタウイルスの注意すべき点は?

ロタウイルスは、便からウイルスが排出されるので、
特にトイレを使用した後の消毒は気をつけなければなりません。

以前にノロウイルスの記事でもご紹介したのですが、
ロタウイルスも同様でアルコールでの消毒は効き目がありません。

カンタンに安全にできる消毒方法については、次にお話します。

予防のためにするべきことは?

ロタウイルスに感染しても症状がない場合があることもあることがわかりました。
症状がなくても、感染しているということは二次感染も考えられるので、
やはり感染しないことが一番です。

そんなロタウイルスの予防法について、みていきましょう。

予防接種はいつから受けられる?

ロタウイルスに感染することにより、脱水症状の重症化や痙攣、肝機能障害や腎不全など、
時には脳炎や脳症などの合併症を引き起こす場合もあります。

ロタウイルスには予防するワクチンもあります。
生後6週間より投与が可能になります。

4週間間隔で2回〜3回の投与が必要です。
自治体や医院によっても変わりますが、10000円〜16000円/回が主流です。

ワクチンの種類

注射による予防ワクチンではなく、経口生ワクチンです。
ロタウイルスそのものの病原性をほとんど無くす方法で培養し精製された、
シロップ状のワクチンで、ワクチン投与後はロタウイルスに感染した時と同様の免疫を得ることができます。

ワクチン投与後の注意点

また、投与後の便からは1週間程度はウイルスが排出されるのですが、
そのウイルスからロタウイルスを発症する可能性が低いとはいえ、オムツなどの交換後は手洗いなどを励行してください。

副作用について

下痢嘔吐発熱食欲不振などが見られる場合があります。
ですが、おおよそが一過性のものです。

投与後に、お腹の張りや特に異常が見られる場合には、すぐに医師の診察を受けるようにしてください。

自分でできるカンタン予防法

ワクチンの他にも、ウイルスから家族を守る方法があります。
それは、ウイルスを除去・消毒することです。

こちらのベジセーフは99.9%は水で構成されており、
その水分は特殊フィルターで濾過された純水を電気分解により強アルカリイオン水に変えたものです。

水なので小さなお子様のいるご家庭でも安心して使えます。

この強アルカリイオン水は、ハンドソープの約1.5倍ほどの殺菌効果があるのですが、
空気に触れることで水に変化するので、手荒れなどを引き起こしやすい方にも優しく、
環境にも良いという面で着目されています。

吹きかけて消毒した後は空気中の二酸化炭素に反応し、
水に戻るので二度拭きが要らないのも安心で便利な点です。

本来は野菜の汚れや農薬を洗い流すものなので、食べるものに使用しても問題ないのです(*^^*)

まとめ

  • ロタウイルスの特徴的な症状を見極める
  • 胃腸の回復のために無理に食事は与えない
  • 元気であっても人との接触が多い時間帯の外出は控える
  • 消毒は子供がいても安心して使えるものを選ぼう

いかがでしたでしょうか?
私自身も親として、子供がロタウイルスに掛かった経験があることと、
症状がひどいお子さんをみたこともあり、小さな身体でいたたまれない思いをしたことがあります。

ですが、症状がありながらも元々免疫が強いのか?
子供が元気な時は、逆にどうすれば良いか分からなくなったものです。

ウイルスを保持していることは間違いの無いことなので、
まずは身体をなるべく休ませて活動を胃腸の活動をおさめてやり、
気分転換などを交えながら回復を待つことにしましょう。