りんご病と聞くと、どういうイメージですか?
子供がほっぺを真っ赤にさせる、子供特有の病気だと思っている人は少なくないと思います。
ですが、りんご病は子供だけの病気ではありません。
大人でも感染する病気で、大人が感染してしまうとその症状が重症化してしまうようです。
りんご病に感染すると大人はどういった症状が出てしまうのでしょうか。

りんご病とは?

2015-07-08-1b
りんご病とは、ほっぺが赤くりんごのようになるころから
りんご病と呼ばれていますが本当の名前は伝染性紅斑という病気です
症状は、ほっぺがまず赤くなりその後、手足に発疹がレースのように現れるのが特徴です。
数日で自然と治り発疹が出るときにはほとんど感染力はありません。
発疹がでる大体1週間前ぐらいが一番感染が怖い時期だとも言えます。

りんご病の原因

りんご病の原因はウイルスです。
パルボウイルス科エリスロウイルス属B19ウイルスといわれるものです。
赤芽球前駆細胞に感染することで増殖するので、
貧血の人や妊婦さんが感染すると重症化してしまう可能性も高いです。
感染経路は、飛沫感染接触感染ですが、症状が出ている頃には
感染力がほとんどない状態なのでなかなか防止するのが難しいと言える病気です。

大人がりんご病にかかると腰痛になる

りんご病は子供が感染することが多いですが、大人が感染することもあります。
健康な子供がりんご病にかかっても何も症状が出ないということもありますが、
大人が感染すれば症状は必ず現れ、その症状は子供に比べると重たいです。
特に生活にも支障が出るくらいつらい症状が腰痛です。

熱が下がった後に、発疹が出てきたぐらいから関節痛を伴うのが大人のりんご病の特徴です。
関節痛が起きると同時に腰痛を感じる人が多く、
関節痛の痛みより腰痛の方が強く感じるということも多いようです。
中には、生活に支障が出るほどの腰痛になることも多いようです。
大人のりんご病は症状的に風疹と間違われやすいため、
大人がりんご病になるとどんな症状が出るのかということを知っておく必要がありますね。

りんご病による他の症状は?

大人がりんご病に感染すると他にどんな症状が出るのでしょうか?

高熱

最初に出るのが高熱です。
38℃以上の高熱が3日ほど続きます。また高熱と同時にめまいや吐き気も感じます。

倦怠感

これも子供では起きない症状で、今まで感じたことがないぐらいの倦怠感を感じます。
高熱が出たと同時に倦怠感を感じ、
熱が下がった後でもしばらく続くというのが特徴でもあります。

発疹

子供がりんご病にかかっても発疹は出来ますが、
大人がかかると広い範囲で赤い発疹が見られます。
高熱が下がった後に手足だけではなく手首や指にも出てきて、
ひどい場合には指が曲がりにくくなるという症状もでてしまいます。

関節痛

腰の痛みだけではなく、膝などの関節にも痛みを感じるのが大人のりんご病の症状でもあります。
高熱が下がり発疹が出てきた後に膝の痛み
階段の上り下りがつらくなるほどになることもあります。

むくみ

手足がむくむのも大人のりんご病の特徴。
熱が下がった後、関節痛が出てくるあたりで手足のむくみを感じることが多いようです。

まとめ

2015-07-08-1c
子供の時に一度りんご病になっていれば免疫ができます。
大人の50%はりんご病に対しての免疫があるため、
大人がりんご病を発症することは稀なのです。
大人でかかってしまうのはやはり子供がいるお母さんやお父さんが多いようなので
普段からうがい手洗いなど飛沫感染接触感染を起こさないように気を付けておくことが大切です。
普段から除菌をここが心がけることも大切です。

こちらはすべてのウイルスに対応しているため
りんご病だけでなく、他のウイルス性の病気も防ぐことができます。
カバンに一本入れておき、外出先でまめに除菌すると安心ですね。

特にお母さんが妊婦さんの場合には、
最悪流産をしてしまう可能性もあるからこそ十分に気を付けるようにしてください。