子供には流行り病がありますよね。
風疹や水疱瘡をはじめ、りんご病も子供の病気として有名です。
ですが、実はりんご病は大人でもなるんです。
そして子供がかかるよりも症状が重症化するのが大人のりんご病の特徴。
大人のりんご病について詳しくご説明していきます。

そもそもりんご病とは?

2015-07-16-1b
りんご病ときくと、子供がよくかかるもので子供のほっぺがりんごのように
真っ赤になるイメージの病気ですよね。
とはいえほっぺが赤くなってはいるけれどもそこまで症状は重症でないことがほとんどです。
ですが、このりんご病に大人がかかると症状がひどくなるといわれています。
そもそもりんご病とはどういったものなのでしょうか?
りんご病の正式名称は伝染性紅斑
パルボウイルス科リスロウイルス属のB19ウイルスに感染することで発症する病気です。
このウイルスの特徴は、赤血球を受容体として感染するということ。
風疹と間違われやすいというのもりんご病特有かもしれません。

大人と子供とでは違うの?

子供がりんご病を発症した場合、ほっぺがりんごのように
真っ赤になるのに加え手足に発疹が出るというのが特徴かもしれません。
高熱が出るということもないので、そこまでつらい病気ではないという印象があります。
ですが、大人がりんご病を発症した場合子供とは症状が違います。
まず大人が発症すると子供の用にほっぺが真っ赤になることはほとんどありません。
あっても、顔が少しほてる程度なのでりんご病だとわかりにくいかもしれません。
子供同様に手足に発疹が出ますが、子供よりも長引くことが多く
長い人だと3~4週間発疹が治まらないということもあります。
そして大人の場合は、発熱、関節痛、倦怠感などを伴うことが多く、
大人の方が「つらい」と感じることが多いです。

症状が悪化するとむくみも!

重症化しやすい大人のりんご病ですが、上記でご紹介した症状の他にむくみが起きることもあります。
関節痛が悪化すると関節炎となりそれが原因でむくみが起きてしまうのです。
関節痛から引き起こされるため、関節部分にむくみが発生することが多く
手首、足首、指、腰、膝などがむくんでしまいます。
このむくみは動かすのがつらいだけではなく、痛みも伴います。
そのため、むくみが出てきたらとにかく安静にして関節部分をなるべく動かさないようにすることが大切です。
安静にしていれば大体1週間ほどで症状が良くなるためとにかく安静することが大切です。
なかにはむくみの痛みで夜も眠れないという人もいるので、
そういった場合には病院で鎮痛剤などをもらうようにしましょう。

りんご病についてはこちらの記事もご参考に!

りんご病にかからないためには?

子供の頃にりんご病にかかった人は、すでに免疫が出来ているため
大人になってりんご病にかかることはありません。
怖いのが子供の頃にかかっていない大人。
この場合には免疫もないため、りんご病にかかってしまう可能性があるのです。
特に妊婦さんがかかると、子供に障害が出たり流産したりなどのリスクがあるためにかなり注意が必要なのです。
だからこそ、りんご病にかからないための予防法を知っておく必要があります。

りんご病の予防法1…手洗いうがい

他の病気もそうですがとにかく手洗いうがいは欠かせない予防法です。
りんご病は飛沫感染のため、この手洗いうがいを徹底することが予防となるのです。
殺菌力を高めるために、うがい薬を使うのがオススメです。

りんご病の予防法2…マスクを着ける

予防法1同様に飛沫感染を予防するためにマスクを着ける
ということも非常に大切な予防法になります。
マスクはウイルスカット率の高いものを選びましょう。

りんご病は10~20日の潜伏期間と結構長いため、
人が多いところへ行くときなどにはマスクを着けるということが効果的なのです。

りんご病の予防法3…免疫力を高める

りんご病にかからないために普段から免疫力を高めるようにしておくことも大切です。
同じ環境下にあっても、免疫力の低い人と高い人で感染するかしないかが出てしまうのです。
免疫力を高めるためには、規則正しい生活を心がけること、
バランスのとれた食事をすることなどがありますが、その中でも腸をキレイにすることが効果的です。
人の免疫細胞のほとんどが腸内に存在しているため、
その免疫細胞を活性化させるためには腸内をキレイにしておくことが重要なのです。
食物繊維が多い食べ物や乳酸菌が含まれている食べ物などを意識して摂取しておくことが大切です。

まとめ

2015-07-16-1a
大人がりんご病になると症状が悪くなることが多いです。
特に仕事をしている人であれば、その間仕事にいけないというのはなかなか大変なものですよね。
それ以上に妊婦さんが発症すれば、子供に障害が起きたり流産したりなど
かなりのリスクになってしまうためにまずはりんご病にならないように予防を心がけておくことが大切です。