子供の病気として良く知られているリンゴ病
熱はたいして高くないのに、頬がリンゴのように真っ赤になってしまいます。
このリンゴ病ですが、実は子供だけでなく
大人もかかってしまう場合があります。
大人の場合は子供のように頬が真っ赤になることはありませんが、
飲酒時のように赤ら顔になります。
そんなリンゴ病って、一体どのような病気なのでしょうか。

リンゴ病の症状はどんなもの

2015-07-12-2b
一般で呼ばれている名前はかわいいリンゴ病ですが、
正式名称は「伝染性紅斑」という全く可愛くない名称です。
パルボウイルスB19というウイルスによって感染します。

子供がかかりますと頬がリンゴのように赤くなりますので、
その様子からリンゴ病と判断することができます。
顔が赤くなる前に風邪のような微熱の症状が出ます。
この時期が一番感染力が高く、隔離されなければならない時期なのですが
分かり難いために風邪と判断されがちです。

リンゴ病の感染は飛沫感染接触感染から起こります。
潜伏期間は1020くらいです。
子供と大人では、大人がかかってしまう方が症状が重くなってしまう場合があります。
特に子供がかかっている時の看病で、大人にうつってしまう場合もありますので要注意です。
大人がかかってもリンゴのような赤い頬にはなりませんが、
多少赤くなるため飲酒したような印象になるかもしれません。

大人のリンゴ病の症状

大人の感染ルートは、自分の子供がリンゴ病にかかってしまっている時に
うつされてしまうといったものがほとんどのようです。
また、大人同士でもうつしてしまう場合もありますので注意して下さい。

リンゴ病自体は治る病気ですから怖くはありませんが、
妊娠時にかかってしまうと怖い病気になってしまいます。
妊娠中にリンゴ病にかかってしまうと、胎児もリンゴ病となり
重度の貧血に陥ってしまう場合があります。
早期流産の可能性も否めません。
妊娠中はかからないように注意をするために、周囲で流行っていたりする場合は、
かかったかなと思ったら早めに病院へ行って診察を受けましょう。

大人がリンゴ病になると赤いまだらの斑点がレース状に現れます。
この発疹によりかゆみが生じて関節痛が起こり、階段の上り下りに支障が出るなど
日常生活が大変になってしまう場合もあります。
また、症状から痛風も疑われるようになりますが、痛風と違って飲酒は大丈夫のようです。

りんご病についてはこちらの記事もご参考に!

リンゴ病の治療

子供の場合は微熱鼻水、咳といった風邪と同じ症状が出ます。
頬が赤くなってしまった後では、ウイルスが他の人に移る心配はありません。
この病気に関しては伝染することを予防することはできません。
長期にわたって休んだり、隔離する必要はありません。
大人の場合は子供よりも症状が重く出てしまうことがあります。

一度治ったと思ってもまたぶり返してしまうといったことも少なくありません。
症状は自然とおさまってきますが、それまでは特効薬もないために対処療法になります。

関節の痛みやかゆみがひどい場合は、アレルギー科を受診することになります。
リンゴ病のワクチンはありませんので、日常生活でウイルスに感染しないようにしましょう。
リンゴ病にかかってしまった場合の飲酒は、適量ならば大丈夫なのですが、
あまり飲みすぎないように注意しましょう。

まとめ

2015-07-12-2c
リンゴ病は子供の病気と思われがちですが実は大人もかかる病気です。
子供のように頬が赤くなったりはしませんが、
飲酒時のようにほんのりと赤くなる場合はあります。

子供よりも大人の方が重篤になる場合もあり、
関節が痛むため痛風と間違われやすくなります。
特効薬はありませんので、安静にしながらかゆみを止めたり
関節の痛みを止めたりといった対処療法を施します。
飲酒に関しては適量ならば影響はありません。

逆に、甘酒なら飲むようにオススメされるかもしれません。
甘酒は点滴と言われるくらい、体に優しいお酒なのです。