一年中、何かしらのタイミングで起きるのが風邪。
ちょっと疲れが溜まった時、季節の変わり目で寒暖差が激しい時など
風邪をひくタイミングは様々です。

発熱することもあれば、のどの痛みや鼻づまりぐらい程度で済む時もありますよね。

大体この風邪と呼ばれるものの正体は、
ライノウイルスと呼ばれるウイルスです。

では、ライノウイルスはどういったものなのでしょうか?
また、予防法はあるのでしょうか?

ライノウイルスとは?

では、一体ライノウイルスとはどういうものなのでしょうか?
ライノウイルスは、大人がかかる風邪のほとんどの原因となるウイルスです。

病院で風邪と診断された時にあまりウイルス名を言われることがないので
気づかないかもしれませんが、実は大人の風邪の半分近くはこのライノウイルスが原因なのです。

ライノウイルスは、基本的に一年中活動しているウイルスで春や秋に増えるのが特徴です。
逆に、インフルエンザなどが流行る時期には活動が若干おとなしくなるくらいです。

ライノウイルスは33度という温度で増殖する特徴があるため、
人間に感染しても喉の炎症を起こすだけです。

なので、ライノウイルスに感染すると鼻やのどでの炎症が主になるので、
鼻水やのどの痛み、頭痛などの症状がほとんどです。
発熱することはほとんどありません。

ライノウイルスに感染しても、
大体1〜2週間ほどで治るため症状がひどくならない限りは病院へ行かないという人もいるほどです。

ただ病院へ行ったとしても、ライノウイルスには何百という種類があるため、
ライノウイルスに効果的な薬を商法されるわけではなく
あくまで対症療法の薬を処方してもらえるだけになるので
その点は理解した上で、病院へ行くようにしましょう。

ライノウイルスの感染経路は?

では、一年中活動しているライノウイルスはどんな感染経路で人に風邪を引き起こさせるのでしょうか?
ライノウイルスは、飛沫感染接触感染です。

ライノウイルスを保持している人のくしゃみや咳なども感染の原因になりますし、
鼻水などが付着した手で鼻や口を触ることでも感染の原因となります。
そしてライノウイルスノ最大の特徴が、
付着したウイルスは付着してから2時間をこえても感染力を持ち続けるということです。

これは他のウイルスと比べても感染力を保持する働きは高く、
そのため一年中でも多くの人が風邪の症状をひきおこしているんですね。

ライノウイルスはマスクで防げない?

一年中感染する可能性がある、ライノウイルス。
ライノウイルスを予防するにはどういった方法があるのでしょうか?

風邪予防=マスク、と考えている人は多く、
そのため日本では世界でもちょっと不思議なくらいみんなマスクをしています。
マスクをしていれば、他の人のくしゃみや咳などを防ぐことが出来るからと考えているからです。

ですが、ライノウイルスの予防とするのであればマスクは効果がありません。
というのも、マスクが防いでくれるウイルスの大きさよりも
ライノウイルスは小さいため繊維を通り抜けてきてしまうからです。

そのため、ライノウイルスを予防するという意味ではマスクは適していないのです。
ただし、ウイルス自体は乾燥した環境を好みやすい傾向があるため
マスクで口回りの湿度を上げるためという意味であれば、マスクをするのは予防の一環となりますよ。

ライノウイルスについてはこちらの記事もご参考に!

ライノウイルスの予防法

そこまで症状が重い風邪ではないライノウイルスではありますが、
できれば風邪にはかかりたくないものですよね。
そんなライノウイルスにかからないためにも予防方法をご紹介していきますね。

手洗い

とにかく一番の予防法がこまめな手洗いです。
例え、ウイルスが手などに付着してしまっても、
鼻や口などを触る前に正しく手を洗うことが出来ればウイルスを落すことが出来ます。

何をするにも、とにかくこまめに手を洗うということが最大の予防法になります。

動画では正しい手洗い方法についてわかりやすく紹介しています。

うがい

のどで炎症を起こすライノウイルスだからこそ、
うがいもライノウイルス予防のひとつとなります。

紅茶や緑茶でうがいをするとより効果が高くなるといわれていますが、
うがいには、うがい薬を使用しましょう。

人ごみを避ける

ライノウイルスは一年中かつ大人の風邪の半分を占めているとなると、
人ごみの中でライノウイルスを保持している人は多いと考えて間違いありません。
そのため、むやみに人ごみに行くというのは
ライノウイルスに感染する可能性を高めてしまうからこそ、必要な時以外は人ごみを避けるようにしましょう。

規則正しい生活

普段の生活習慣の中で、睡眠不足、食生活の乱れ、運動不足などありませんか?
どれが出来ていなくても、不規則な生活習慣によって人の免疫機能が弱ってしまいます。
免疫機能が弱まると、ウイルスが侵入しやすくなるリスクが高まるため、
規則正しい生活を普段から心がけることは大切なことです。

まとめ

2015-10-07c-1

ライノウイルスといっても、何百もの形があるために
一度ライノウイルスに感染したからといって二度目はかからないというわけではないです。

もちろん、ライノウイルスで引き起こされる風邪は
そこまで重症のものではないですが、風邪にかからないにこしたことはないですよね。

だからこそ、普段からライノウイルスに感染しないような予防をしっかりと習慣化させてくださいね。