暑い季節になるとついついクーラーをつけてしまいがちになります。
一般的に冷房病と言われると冷房に当たるだけでなってしまう
病気のように感じますが実はそうではありません。

暑い外から冷たい部屋の中に入った時の温度差が原因なのです。
夏に流行るこの病気、症状としては風邪に似たような症状も出ますし
倦怠感頭痛なども引き起こします。

この症状に対して最適な対処法があります。
その方法を説明しながら夏の冷房病対策を考えていきましょう。

冷房病の症状と原因

2015-07-31-2b

まず、冷房病の原因は急激な温度差による自律神経の乱れです。
要するに普通にクーラーに当たったりして身体を冷やすには問題はなく、
少しずつ気温が下がっていく部屋にも身体は適応していきます。

ただ、夏場になると外の気温は30℃を軽く超えてきます。
そんな暑い環境の下で数時間過ごした後にクーラーのガンガン効いた部屋に入ったとします。
身体は冷せて良いように感じますが、気温差が5℃、10℃と一気に変わると
自律神経のバランスがおかしくなります。

それを何度も繰り返していくうちに自律神経が乱れてしまい、
身体の調子まで狂ってしまうという事なのです。

特に夏場は環境に合わせて皮膚の下の血管は拡張し、熱を逃がしやすい身体になります。
冬場は逆に皮膚の下の血管は収縮し、熱を逃がしにくい身体になります。

この真逆の身体の反応が季節に関係なく外の暑さとクーラーの冷えた部屋との
行き来の中で働いてしまい、身体は体温調節機能をおかしくさせてしまうのです。

次に冷房病の症状ですが、代表的なものとして倦怠感、頭痛、肩こり、
風邪のような症状と様々な影響を及ぼします。

特に頭痛や肩こりなどは血管の拡張と収縮のリズムが崩れて
血液の流れが悪くなる事によって起こります。
風邪や倦怠感なども、急に起こるものではなく、
環境の変化に対応できずに少しずつ自律神経のバランスが崩れて起こるので

原因がわからず間違った対応や処置をしてしまう事もあるので注意が必要です。

冷房病の対策は?

冷房病は症状が現れ出すと早めの対処が必要です。
身体が温まる分には血管の拡張が起こるだけで筋肉が固まったり、
肩こりや頭痛の原因となる事も少ないです。

問題は冷えた状態が長く続く事です。

冬場の冷えは服装など対処も簡単で、暖房の聞いた部屋に入っても
30℃を簡単に越えるような部屋は少ないと思います。
問題は夏場のクーラーなどでの急激な冷えに対する身体への処置という事です。

特に女性などは元々から冷え性体質の方もいるでしょう。
そういった方は知らず知らずの間に冷房病になってしまっている事が多いです。

冷え性の対策としては熱エネルギーの素となる
タンパク質などの食事をしっかりと摂る事です。
おやつにナッツなどを摂り入れるといいですよ。

食事のリズムやバランスが崩れると身体の中で熱を作り、
保つ事が難しくなりますのでなるべく、三食しっかりと摂るようにしましょう。

次に自律神経の乱れを調整する方法ですが、簡単にいうと運動が一番です。

身体をよく動かす人しっかりと血管も拡張して熱の放散も行われ、
自律神経もしっかりと安定を保てます。
逆に運動をしない人は血液循環なども弱く身体も温まりにくいという事です。

冷え性や冷房病についてはこちらの記事もご参考に!

冷房病には岩盤浴がオススメ?

単純に身体を温める方法としてまず頭に思い浮かぶのがサウナ岩盤浴です。
こういった場所で身体の芯まで熱を与えて自律神経を刺激し
発汗させる事が何よりも冷房病には効果が期待できます。

特に岩盤浴などはダイエットや美容にも効果があるとされ女性の間でも絶えず人気になっています。

岩盤浴の効果とは?

2015-07-31-2c

では、岩盤浴の効果とはどんなものなのでしょうか?
単純に温めるだけならば昔からあるサウナでも十分に同様の効果があるような気がしますが、

サウナと岩盤浴とでは大きな違いがあります。
サウナは身体の表面から温めていくもので温度設定も高めです。

それに比べて岩盤浴は身体の内部から温める効果があるのです。
これには岩盤浴の岩盤から放射される遠赤外線の効果やマイナスイオンの効果があるからで、
岩盤浴の場合は汗腺から汗をかくのではなく、皮脂腺から汗をかくようになり、
毒素老廃物を排出してくれてデトックス効果もサウナに比べて断然に高いのです。

岩盤浴での質の良い汗は身体の血液循環を良くする効果はもちろんの事、
冷え性や自律神経のバランスを整える効果、リラックス効果など様々な効果が期待できます。

特にクーラーなどで汗腺が詰まってしまっている場合や血液循環が悪く、
肩こりや頭痛を起こしている場合などには効果的です。
岩盤浴への入り方も簡単で、要するに石の上に寝そべって寝ていれば良いだけです。

岩盤浴での室温はサウナなどよりも低めで45℃程度に設定され、
湿度も高く心地よい状態で寝てリラックスする事ができます。
途中、10分おきくらいに上向きと下向きを変えてみたりしながら
しっかりと水分も補給しましょう。

身体を動かす際にかくような汗とは違い、
身体の内部からじんわりと汗をかきだしますので、
こまめに水分を補給しておかないと脱水症状を起こしかねません。

ただ、岩盤浴自体は動いたり運動したりする必要もなく、
ただ寝そべっているだけで十分な効果が期待できますので
仕事上で冷房病になってしまいやすい方には是非オススメしたい対処法です。