夏に流行する感染病は様々ありますが、その中でもよく聞くプール熱
子供がかかりやすい病気ですが、一体どういった病気なのでしょうか?
また予防法や効果的な薬についてもご紹介していきます。

プール熱とは?

2015-06-15-2b

プール熱はプール熱と呼ばれるくらいなので、夏のプールで感染することがあるようなウイルス感染症のひとつです。
プール熱は咽頭結膜熱とも呼ばれており、この原因はアデノウイルスです。
そのなかでもアデノウイルス3型がプール熱を引き起こすことが多いです。

大体5歳ぐらいまでの幼児がかかることが多く、
大人になると感染する確率がぐっと下がるのもプール熱の特徴のひとつです。

プール熱ではどんな症状が出る?

プール熱になるとどんな症状が出るのでしょうか?
プール熱の潜伏期間は大体7日ほどで、その後高熱が出ます。
39℃以上になることも多いため、けいれんを起こす熱性けいれんになることも。
高熱の他、頭痛や倦怠感、食欲不振やのどの痛み、目の充血、涙が出るなどの症状も出ます。

またリンパの腫れ痛みを感じることもあるようです。
こういった症状が大体5日ほど続くのがプール熱の特徴です。

プール熱を予防するには?

プール熱は飛沫・便・接触などから感染します。
そのため、普段からのうがい手洗いの徹底はもちろんですが、
人が多いところではマスクをするということも予防のひとつとなります。

また、タオルからの感染もあるために
友達同士でタオルを使い合うようなことは避けるようにしましょう。
子供をもつママも、便からも感染する可能性があるために
おむつ替えやトイレ掃除のあとのには十分に手を洗うようにしてください。

発熱の時にはロキソニンが効果的?

2015-06-15-2c

プール熱に効果的な薬はいまだない状態です。
そのため、病院では対症療法になります。

プール熱でも特につらいのが高熱。
その高熱に対して効果的なのが、ロキソニンです。

ロキソニンは解熱鎮痛消炎剤です。
炎症をしずめて解熱効果も高いのが特徴です。
薬の中では一番解熱効果が高いといわれているので病院で処方されることも多いです。

ロキソニンの副作用

解熱効果が高いロキソニン。
特に高熱が出るプール熱には効果的だとも考えられるロキソニン。
副作用が少ないので広く使われていますが、
副作用は少なからずあるものなので事前に知っておくようにしましょう。

副作用1

発疹かゆみなど皮膚に副作用がでることもあります。

副作用2

胃潰瘍十二指腸潰瘍の症状がある人は、
その症状が重症化してしまう可能性もあるので、ロキソニンが処方された場合には気を付けましょう。

副作用3

胃腸への副作用も出ることがあります。
副作用2でご紹介したように胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状が悪化してしまうように、
健康な胃腸の人でも胃腸への不快などを感じることがあります。

そのため胃腸が普段から弱い人も気を付けるようにしてください。

副作用4

副作用の中でも重篤レベルのものとして皮膚粘膜眼症候群があります。
関節への痛みや発熱、皮膚の水ぶくれ、皮膚のまだら模様などが起きることがあります。

副作用5

これも重篤レベルの副作用で、アナフィラキシー症状が出ることもあります。
悪寒や紅斑、めまい、血管浮腫、かゆみ、吐き気、呼吸困難、血圧低下など様々な症状が出てきます。

副作用6

中毒性表皮壊死症も重篤な副作用のひとつです。
皮膚が赤くなったり、焼けるように痛んだりします。
また、皮膚の水ぶくれなども出来ることがあります。

まとめ

プール熱に効果的な薬はないために対症療法でしか治療が出来ません。
プール熱は高熱が出るために、解熱に効果的なロキソニンが処方されることが多いです。

副作用は非常に少ない薬ではありますが、
用法用量を守らないなどの場合には重篤な副作用が出てしまう可能性も
少なからずあるということを知っておいてください。