ウイルスを介して発症する感染症の一種「プール熱」。
夏風邪とも呼ばれて初夏から秋にかけて多い病気でもあります。

幼稚園などで移ってくることも多い病気です。
高熱を出して休んだ後、熱が下がっても出席するためには治癒証明が必要になります。
プール熱にかかった後に必要になる治癒証明とは一体どういったものなのでしょうか。

プール熱ってどんな病気?

2015-07-03-1b

プール熱は高熱が出て目が赤くなり、喉が腫れて痛んだりする症状が出る病気です。
アデノウイルスというウイルスがプールなどの水を媒介にして発症するので、
一般的にはプール熱と呼ばれています。

喉が腫れて痛みだし、同時に結膜炎も起こして白目やまぶたが赤くなり、
いきなり高い熱が出ます。

インフルエンザが冬場に多く発症し、夏にほとんど起きないのは湿度のせいですが、
このアデノウイルスは湿度に関係なく起こるため、季節を選びません。

ただ、夏場にプールなどの水を媒介にして起こるので、
夏風邪と認識されています。
家族でかかってしまうと、大人にも移る可能性があります。

タオルや洗濯物は別にして行うのが良いでしょう。
症状が終息したと思っていても、幼稚園や学校へ行くためには
医師による治癒証明が必要になります。

インフルエンザと違いこれが効くといった特効薬がありませんので、
のどの痛みや結膜炎などの対処療法をし、
安静にしながら体を回復させていかなくてはなりません。

そして、水分補給をしっかりととる必要があります。

体調不良時の水分補給には経口補水液がオススメです。
失われた水分や栄養素を効率良く吸収することができます。

プール熱はなぜ治癒証明書が必要なのか

学校保健法で伝染病の対処方法が決められています。
これによりますとプール熱は第2種伝染病に分類され、飛沫感染で移る病気とされています。

プール熱のウイルスであるアデノウイルスは感染力が非常に強いウイルスですので、
団体で生活させる時にはやはり心配になるものです。

潜伏期間は5~7日間、その後高熱を発するようになります。
潜伏期間が長いので、原因を特定しづらいのも感染を広げる原因になってしまいます。
プール熱の登園の目安は熱が下がり、のどの痛みや結膜炎がなくなった後
2日を経過してからと言われています。

しかし、幼稚園や学校によっては治癒証明が必要なところもありますので、
園に問い合わせてみるのが良いでしょう。

幼稚園でもこうした感染症が広まるのは好ましくないので、
プール熱と診断されましたら幼稚園に連絡をすることが大切になります。

プール熱は何度もかかってしまう

プール熱は普通の夏風邪とは違い、いきなり高熱を発症します。
普通の風邪でしたら咳や鼻水などの症状が出た後に熱が出るのですが、
プール熱は高熱から始まるのです。

熱がようやく下がっても、また熱が出てしまうといったことが繰り返される場合があります。
熱が3日以上続く時はプール熱を疑って病院の診察を受けましょう。
何度もかかってしまう可能性がある上、免疫力が低下している時などは
長引いてしまう可能性もあります

法律的には出席停止となる病気ですので、
他の人にも移さないように症状がおさまってから
もう一度医療機関を受診し、治癒証明書を貰うようにしましょう。

きちんとした対処をとることで、他の児童や園に対しても安心させることができます。

プール熱にかかった後は治癒証明を

2015-07-03-1c

プール熱は夏風邪といわれていますが、夏風邪とは違いいきなり高熱を発症したりします。
何度もぶり返して熱を出してしまう可能性もありますので、
完治した証明のためにも幼稚園などに登園する場合には治癒証明をとるようにしましょう。

プール熱はただの風邪ではなく第2種伝染病に分類されていますので、
幼稚園や学校によっては登園する際に治癒証明が必要な場合がありますので、
幼稚園や学校に問い合わせてみて下さい。