ある程度の期間、つらい体験をしなければならない嘔吐下痢症
子供の病気というイメージが強いですが、実は大人のもかかってしまう病気なのです。
大人だと、仕事、家事、子育てと本当にいろいろなものを抱えているため、

つらい体験を少しでも早く終わらせたいと考えますよね。
そんな私たちの嘔吐下痢症に対する悩みをアロマが解決するそうですよ。
詳しく調べた結果を、以下からご紹介します。

脱水症状に注意!なってしまったらつらい嘔吐下痢症

2015-09-12b-1

嘔吐下痢症は、その名前からわかるとおり、
おなかにウイルスが入ることにより吐いたり下痢をする病気です。
乳幼児に多いのですが、大人もかかります

急性胃腸炎といわれる病気がこれに相当します。
秋から冬にかけて多い原因は、ノロウイルスによるもので、
冬から春にかけて多いの原因は、ロタウイルスによるものだといわれています。

なってしまうと、本当につらいですよね。
1日〜2日ほどムカムカが続き、一気に何度も嘔吐してしまいますよね。
また、嘔吐と下痢により水分を奪われてしまうので、脱水症状には要注意。

だからといって、脱水症状を気にするあまり、吐いたらすぐに水分補給をしてしまうのも考え物です。
なぜなら、身体が拒否反応をおこしてしまい余計つらくなってしまうし、

余計に多くの水分を失う可能性が強くなります。
まずは、そっとしておくこと。

そして、様子を見て少量の水分を摂取することをおすすめします。
何よりも早目に病院に行って、点滴を打つなどの
専門家であるお医者様のアドバイスを聞くのが一番です。

嘔吐下痢症についてはこちらの記事もご参考に!

大人の嘔吐下痢症にはアロマが効果あるらしい

嘔吐下痢症では、病院に行くのが大事だと、先ほどお伝えしましたが、
行っても辛い思いは経験しなきゃならないのが、この病気のつらいところです。

しかし、ツラい嘔吐・・・あのムカムカを少し軽減する手助けをするアロマがあるという
事実がわかりましたのでご紹介したいと思います。

ペパーミント

嘔吐下痢症の時に、ぜひ枕に2,3滴エッセンシャルオイルを垂らして香りを
嗅いでいただきたいのは、ペパーミントです。

健胃作用があるといわれる有名なアロマです。
また、抗ウィルス・抗感染作用もあるといわれる、強力な助っ人なのです。

本当につらい嘔吐下痢症だから、子供にも「ペパーミントいいのかな?
と思われる方もいらっしゃると思いますが、大人限定であるということをお伝えします。

特に3歳以下のお子さんには、精油(エッセンシャルオイル)の刺激が強い可能性が
考えられるので安全性を重視して、使用しないのが得策です。

このほか、ペパーミント以外にも効果的なのが
ティーツリー&レモン」の組み合わせのアロマです。

この組み合わせはエイズ治療にも使用されるほどの最強タッグなのだとか。

嘔吐下痢症のウイルスと闘うためにも、
また、例えば仕事で免疫力が低下しているときにも、このアロマはおすすめです。
腹部をマッサージしたり、枕元にエッセンシャルオイルを2,3滴垂らして精油を吸引することをおすすめします。

まとめ

2015-09-12c-1

経験した方は、わかるあの嘔吐下痢症
本当につらいですよね。

ある程度の期間が過ぎたらケロっと治るのが特徴ですが、
その「ある程度の期間」が我慢ならないのが本音です。

また、免疫力が低下しているであろうお年寄りや
慢性的な病を持っている方は、「ある程度の期間」我慢すればいいという問題ではなく、
長期化する可能性も考えられますので、アロマを積極的に使用されることをおすすめします。
嫌なことはなるべく負担をなくすためにも、大人の方は嘔吐下痢症時には
アロマをご利用になることをおすすめします。