たまに耳にする「尿路結石」。
特に男性が尿路結石になったという話を聞くことも多いですが、尿路結石とは
一体どういう病気なのでしょうか。

また、なってしまうと出産ぐらい痛いといわれる尿路結石だからこそ、
その初期症状を知っておくことで、早めから対処することができますよ。

今回は尿路結石とその初期症状、さらには効果的な薬についてご紹介していきたいと思います。

尿路結石とは?

2015-09-13b-1

尿路結石とは、簡単にいうと尿路に結石が出来てしまう病気です。
尿路は詳しくいうと、腎杯・腎盂・尿管・膀胱・尿道すべてを指しています。
結石は、腎杯・腎盂で石がつくられて、尿管へと移動していきます。

この石が尿の邪魔になるような場所にあることで、信じられないぐらい痛くなってしまうのです。
よく出産は鼻からすいかを出すぐらい痛いなどと例えられますが
いうなればそれと同じぐらいの痛みで、痛みをある程度我慢できる大人が
倒れこむくらいの痛みに襲われるのです。


尿路結石は男性に多く、30〜60代で発症してしまうことも多いようです。
尿路結石は、膀胱や尿道で出来るものもありますが、多くは先述の通り腎杯腎盂で作られます。

尿路結石の約95%は腎杯や腎盂で出来るという調査もされているほどです。
尿路結石の結石は、ほとんどの確率でカルシウムが成分のカルシウム結石です。

そのため、症状がでた場合にはX線検査で簡単に発見することが出来ます。
10人に1人は尿路結石になる可能性があるというほど、近年尿路結石になる人は
増えており、尿路結石になると約30%の割合で手術が必要であるともいわれています。

足の付け根のしびれは初期症状?

尿路結石をより早く見つけるために、初期症状を把握しておくことも大切です。
では、尿路結石の初期症状はいったいどういう症状でしょうか?

尿路結石の初期症状の最大の特徴はとにかく”激痛”。
先述しましたが、その痛みは女性の出産ぐらいだとも言われています。
ですが、人は尿路で激痛が起きているけどそれが尿路だ、とわかる人はほとんどいないですよね。
激痛がおきるのは、背中や下腹あたりに感じることが多いです。

とにかく、脂汗が出てしまうほどの痛みでそれは立っていられないものなのです。
それぐらいの激痛が走ればもちろんすぐに病院へ行くと思います。

ですが、激痛が起きない場合もあるんです。
そんな時に目安としてほしいのが、血尿です。
血尿は尿路結石の初期症状です。

さらに、背中や下腹部分の鈍痛、足の付け根のしびれなどがあげられます。
足の付け根のしびれは特に見過ごしてしまいがちですが、
血尿と足の付け根のしびれは尿路結石の初期症状であることを頭にいれておいてくださいね。

こちらの記事でもしびれの症状について詳しく説明しています。

ボルタレンが効果的?

尿路結石は自然に排出するか、手術するしか方法がありません。
それまではとにかく痛みと闘わなければいけませんが、痛みが激痛であるため
その激痛を緩和してくれる薬として「ボルタレンサポ」が効果的だとされています。

ボルタレンサポは座薬で、解熱鎮痛作用があるものです。
そのため、この鎮痛作用が尿路結石の痛みを緩和してくれるものなのです。

ボルタレンは使用制限が結構多く、消化性潰瘍がある人、
アスピリン喘息がある人、妊娠中など
他の病気を悪化させたり発症させたりする可能性があるため
必ず医師から処方されたものだけを使用するようにしてください。

尿路結石の予防法

尿路結石は一度なってしまうと、本当につらい病気です。
だからこそ、まずは尿路結石にならないように予防することが大切です。
尿路結石の最大の予防法は普段の食生活にあります。
尿路結石予防のために食生活で気を付けるべきこととは何でしょうか?

予防法1 水分補給

普段どれくらいの水分をとっていますか?水分をしっかりとることは尿路結石の
予防として大切です。
というのも、水分をたくさんとるということは必然的に尿の量が増えますよね?

尿の量が増えることで、石をつくる成分を薄めてくれます。
そのため、石が出来にくい状態になり、かつ大量の尿とともに成分が流れて行ってしまうのです。
目安は1日2リットル

もちろんこれはお酒や清涼飲料水ではなく、水が一番好ましいです。
水だけだと、という人はほうじ茶や麦茶などノンカフェインのお茶を飲むようにしましょう。

予防法2 シュウ酸を含む食品に気を付ける

シュウ酸は結石の原因となる成分です。
そのため、このシュウ酸を摂りすぎないように気を付けることが大切です。
シュウ酸が多く含まれる食べ物として、ほうれん草・たけのこ
チョコレート・ココア・紅茶などがあります。

そのため、水分補給でココアや紅茶はやめてくださいね。
とはいえ、ほうれん草などは普段の食生活でかなり食べる機会が多いですよね。

そんな時にはカルシウムがあるものと一緒に食べるようにしましょう。
カルシウムと摂取することで、シュウ酸の吸収を防止してくれるのです。

ほうれん草なら、ミルクやチーズと一緒に料理したり、じゃこなどと和えるというのでも良いと思いますよ。

予防法3 カルシウムを積極的に

先述した通り、結石の原因となるシュウ酸の吸収を防止してくれる働きがあるのがカルシウムです。
そのため、カルシウムは毎日必要量摂るようにしましょう。

牛乳などの乳製品はもちろん、魚などからもカルシウムを摂取することが出来るので
カルシウムを意識した食生活を心がけてください。

魚の粉末を食事にふりかけるだけで、
お料理の味を邪魔することなく簡単にカルシウムを摂取することができますよ。

まとめ

2015-09-13c-1

尿路結石の激痛は本当につらいもの。
大人がのたうち回るくらい痛いものなので、
まずは初期症状を知っておき早い段階で処置を受けることにしてください。

さらには、普段から予防のため、水分補給、シュウ酸に気を付ける、カルシウム摂取などを心がけましょう。