日本人の死因の中でも高いのが、脳卒中によるものです。
脳にダメージが起きてしまうものだからこそ、一命はとりとめても何か後遺症をおってしまうこともしばしば。

脳卒中が起きやすい人の特徴や、脳卒中のリスクをあげてしまうような生活を
ご紹介するので、当てはまる人は予防できるようにしましょうね。

脳卒中とは?

2015-11-24b-1
脳卒中は、脳に何か異常が起きているというのはわかりますが、
具体的にどういう病気なのかというのは、
実際に自分がなってみたり家族など近い人がなったりしないとわからないものです。

脳卒中は、脳にある血管が何らかの原因でつまる
脳の血管が破れるなどによって
体に麻痺が起きたり意識障害が起きたりするものです。

とはいえ、脳卒中というのはよく名前を聞く、
脳梗塞脳出血、くも膜下出血という病気も含んでいます。

脳卒中の原因は?

脳卒中が起きてしまう原因とは一体何なのでしょうか?
原因自体は色々ありますが、脳卒中になるということは
血管をつまらせる血栓が出来ていたり、
血管がかたくなる動脈硬化が起きていたりすることが大きな原因だと考えられています。

そのため、動脈硬化になりやすい、または血栓をつくりやすい体質になってしまう
高脂血症をはじめ、糖尿病心臓病の人は特に脳卒中になりやすいリスクを背負っている
ということを忘れないようにしましょう。

糖尿病についてはこちらの記事もご参考に!

甘いドリンクは脳卒中リスクをあげる

高脂血症でも、糖尿病でも心臓病でもなかったり、
年齢も比較的若かったりすると脳卒中のリスクなどあまり考えることも人たちも、
実は普段の生活で気を付けなければいけないのです。

何を気を付けなければいけないのかというと、飲み物です。
コンビニでも自動販売機でも当たり前のように、
飲みたいときに飲みたいものを飲むことが出来る時代です。

甘いもの、炭酸など選べる幅も多いからこそ、ついつい飲みすぎてしまうことも多いです。
ですが、飲み物は食べ物以上に何が含まれているかは目に見えにくいもの。
ミネラルウォーター500mlもジュース500mlも飲んでしまえばほとんど同じようなものなので、
そこまで気にしていませんが、清涼飲料水に含まれている糖分
私たちが思っている以上に多いのです。

実際、研究としても発表されているもので、清涼飲料水の摂取量が多い人ほど、
脳卒中リスクが増えるということがわかっているのです。

脳卒中予防

脳卒中になってしまえば、最悪命がなくなってします恐ろしい病気です。
健康的な生活を送りたい、という気持ちはあってもなかなかそれが実行できないのも現実ですよね。

でも、脳卒中にならないような生活を心がけることはできるはず。
日常生活の中で脳卒中の予防になるようなことはあるのでしょうか?

食事

動脈硬化や血栓が原因となることが多いため、どうしても食事は直接の原因につながり
やすいからこそ、逆に言えば食事さえ気を付ければというところもあります。

3回規則正しく食べること、肉よりを食べること、野菜も一緒に食べることなど
当たり前のようなことばかりですが、当たり前のことが出来ない現代だからこそ
そういう心がまえは大切なのです。

運動

脳卒中の予防として大切なことのひとつに運動も含まれます。
もちろんこれは激しい運動ではなく、誰もが出来るような適度な運動ってやつですね。
運動をして脂肪を燃やせば、病気の原因になる高脂血症や糖尿病にもなりにくくなります。

靴をスニーカーに変えて、いつもの通勤路を少し遠回りするだけでも
十分、適度な運動量になりますよ♪
無理せず自分に合った運動法を見つけましょう。

睡眠時間

あまり意識されませんが、睡眠時間は私たち人間がいかに人間らしく生きるかというためにとても大切な時間なのです。

仕事や生活でどうしても十分な睡眠がとれない場合もありますが、
日々規則正しくなるような生活ができる、睡眠時間がとれるようにしてください。
寝る前のスマホなどをやめることで睡眠の質もあがるので、
短時間でも疲労回復の効果は期待できますよ。

まとめ

2015-11-24c-1

脳卒中は、死亡理由に十分つながる病気です。
例え回復しても、何かしら後遺症が出ることだってあり得ないことではありません。
その脳卒中の原因は、高脂血症や糖尿病をもっているかどうかが非常に関係が強いということがわかっています。

もちろん脳卒中予備軍にならないためにも、
糖分が多く含まれている清涼飲料水などは出来るだけ控えるようにしましょうね。