冬になるとインフルエンザが大流行しますが、
それと同じぐらいノロウイルスも流行することが多いですよね。
ノロウイルスもその種類が多いので、一度感染した人でも何度も感染するものですし
感染力も非常に高いために、毎年のように多くの人が感染しています。

そのノロウイルスは、食中毒の症状だけではなく合併症を引き起こすリスクもあるのです。
ノロウイルスと合併症について詳しくみていきましょう。

ノロウイルスとは?

2015-11-05b-1

よく耳にするノロウイルス。
ノロウイルスに感染したことがある人ならわかりますが、
そうでない人だとノロウイルスがどんなものかわかっていないことも多いのでは?
ノロウイルスはどんなウイルスなのでしょうか?

ノロウイルスは特に冬場に猛威をふるい、
多くの人に食中毒をもたらすウイルスです。

食中毒といえば夏のイメージを持つ場合が多いですが、
冬に起きる場合の食中毒はほとんどの原因がノロウイルスだと思っておいていいと思います。

多くの食中毒は、食べ物について繁殖するということが多いですがノロウイルスは、
人の腸管の中で繁殖するというのが特徴です。
そして、ノロウイルスの最大の特徴ともいえるのがその感染力です。

他のウイルスよりも感染力が高いので、
少しの量でも感染が広まってしまうために冬場に
ノロウイルスの感染が広がってしまうのです。

ノロウイルスに感染すると、嘔吐や下痢などの症状が急に起きます。
症状の出方は個人差がありますが、ひどい場合だと嘔吐や下痢だけではなく
熱が出る、呼吸気に症状が出るなども考えられます。

ノロウイルスは合併症にも注意が必要

ノロウイルスは基本的に、嘔吐・下痢・発熱などの症状が出てから
数日で回復に向かうような病気です。

ですが、ノロウイルスによって合併症が起きてしまうことにも注意が必要です。
ノロウイルスに感染した時に気を付けるべき合併症は「脱水症状」です。
ノロウイルスは胃腸に炎症が起きるため、
下痢や嘔吐という症状がとても強く出ます。

実際に発症した人は経験済みだと思いますが、
ノロウイルスに感染して症状が出てから
1〜2日間はほぼトイレとお友達状態になりますし、食欲も出ません。
熱が出た時には、動くことすらつらくなります。

そんな時に引き起こしやすいのが脱水症状なのです。
脱水症状を甘く見ていることもあるかもしれませんが、脱水症状も悪化すれば命を落しかねません。
だからこそ、脱水症状には気を付けるようにしましょう。

脱水症状時の水分補給はジュースなどではなく経口補水液を飲みましょう。
ミネラルが豊富に含まれており、失われた水分を効率よく吸収することがでいます。

子供は脳炎や脳症の合併症にも

ノロウイルスによる脱水症状などの合併症になりやすいとされているのが、
特に免疫の弱い子供や高齢者とされています。
実際、ノロウイルスに感染して亡くなってしまっている高齢者も結構多いのです。

さらに乳幼児がノロウイルスに感染した場合に、
合併症として脳炎脳症などを発症することがあるといわれています。
のうえんは、脳の機能に障害が起きて意識障害やけいれんがおきます。
そういった症状が出た上で、検査で脳に炎症がある場合は脳炎ない場合には脳症とされますが、
とにかくどちらにしても脳の機能に障害が起きてしまうことになります。

脳炎や脳症などの合併症を発症する場合、乳幼児の反応として元気がなくなったり、
呼びかけに応えずうとうととしたりなどの反応がでます。

また、体全身でけいれんが現れることも。
とにかく普通とは違った状態であることは間違いないので、ノロウイルスに感染した場合で
子供の反応がおかしい場合にはとにかくすぐに病院を受診するようにしましょう。

こんな状態になったら救急で病院へ

とはいえ、乳幼児や高齢者がノロウイルスに感染すれば、症状も重症になるため
少しのことにも反応してしまいますよね。

ノロウイルスに感染した場合の症状として、救急で病院へ行かなければいけない状態
というのを事前に知っておけば、冷静に判断する基準になりますよ。

症状1 水分がとれない状態

水分がとれない状態というのは、
極めて脱水症状に近い状態です。
自分でとれなくなってしまっては、自宅での水分補給が難しくなるので救急で病院へ行きましょう。

水分がとれないだけではなく、顔色が悪くなったり唇が乾燥したりなどの症状もみられると思います。

症状2 涙が出ない

これは特に乳幼児の場合、
ノロウイルスで苦しくて泣きます、泣くときに涙が出ない場合も要注意の状態。
体内の水分が足りないために涙が出なくなってしまっているので、
救急で病院へ行くようにしましょう。

症状3 尿が出ない

下痢はするけれども尿が出ない。
そんな場合も脱水症状の疑いがあります。尿が半日以上出ない、
という時には脱水症状のサイン、すぐにでも病院へ行きましょう。

症状4 トロトロと眠りがち

特に機嫌が悪く、トロトロと意識もうろうと寝ている状態であればそれは脳にも影響が
出てしまっている可能性もあります。
熱のせい?と思うかもしれませんが、
ノロウイルスでは、そこまで高熱は出ないため、
意識もうろうとしている感じがあればすぐに病院へ。

症状5 血便

下痢にまざって血便が出た場合、腸重積を起こしている可能性も。
血便が出たら、すぐに病院へ行ってください。

まとめ

2015-11-05c-1

ノロウイルスは、特に免疫力の強くない乳幼児や高齢者の場合その症状は重症化する傾向が強いです。
また、さらに、免疫力の弱い乳幼児や高齢者は症状が重症化するだけではなく
合併症を引き起こすリスクもあるために、
介抱する人はその様子を出来るだけしっかりとみてあげてください。

脱水症状や脳症などが起きれば、自宅では対処しきれなくなってしまいますし
そういった症状は一時を争います。
だからこそ、その様子をしっかりと見てあげて変化がないかをチェックしておくことも大切ですよ。