一人暮らしをしていると病気になった時に困りますよね。
その中でもノロウイルスになったらちょっとヤバイ事になりそうです。

どのように対処すればいいのか、
買っておいたほうがいいものや
これだけは避けなければいけない状況とはどんな状況でしょう?

また、普段の生活でノロウイルスにかかりやすいどのような生活なんでしょうか?
ノロウイルスについて、紹介していきます。

一人暮らしでノロウイルスになったらヤバイ事…

2016-09-28b

ノロウイルス感染したことのある人とない人では
このウイルスに対して思いが違うと思いますが、このノロウイルス…かなり大変です。

一度流行すればどこからでも感染してしまいます。
しかも、症状が短い潜伏期間の後に
ちょっと胃が変だな!と思ってたら突然!
急に嘔吐や下痢が始まります。

始まったらこの突発的にくる症状1〜2日は止まりません。
半日は症状が辛く何もできないので、
大人であれば水分もそんなに気にしなくても大丈夫なので症状が落ち着くのを待ちます。

半日過ぎても全く症状が治まらず尿も出ない状態なら
すぐ病院に行って脱水症状になってないか診察してもらいましょう。

トイレに行ってホッとして寝ようと思ったらまたすぐお腹が!
下痢が止まらない上に吐き気も襲ってきます。

本当にクタクタになってしまいます(*_*)


異常なほどの、つらさが伝わってきますね(゚O゚)
看病してくれる人がいたら、嬉しいけど
感染しないか心配だし、難しいところです(*_*)

自分一人でノロウイルスに対処するということ

水分補給をしなければ脱水症状になりそうなのですが、
もし家にスポーツ飲料などがなかった場合、買いにも行ける状態ではありません。

一人で下痢と嘔吐と戦うことになります…
何時間かは何も飲まなくても脱水にはならないので、
嘔吐したらうがいをするくらいで横になって下痢が襲ってきたらトイレに…
を繰り返していると重症でない限り治まってきます。

少し下痢や吐き気の間隔が開いてきたら少しづつ白湯を飲んでみて
大丈夫そうなら常温のスポーツ飲料を少しずつ飲みます。

この時点でも買いには行けないので、
スポーツ飲料がなければお湯を沸かして少し冷ました白湯で水分を補給します。

症状が治まってきて水分が摂れるようになったら
少しずつお粥などの刺激のないものから食べて様子を見ましょう。

水分も摂れない症状も治まらない時は
病院に行って診察してもらいましょう。
ウイルスを排出するしか特効薬のない感染症なので
激しい症状が治まったら体力回復のために安静にしながら栄養を徐々に摂るしかありません。

病気や感染症のために事前に準備できること

一人暮らしの場合、近所に頼る人もいなかったり
友達がいても感染症の場合、看病はしてもらえません。

もし、ノロウイルスになったら!とかは考えておく必要があります。
スポーツドリンクや経口補水液の買い置きや
レトルトのお粥など災害時にも役に立つものなので常備を心掛けます。

こういった、粉タイプのスポーツドリンクであれば、
冷蔵庫で場所をとりませんし、保存もきくので便利ですよ(*^^*)

そして、ノロウイルスは強力なウイルスです。
薄めたハイターなどでしかウイルスをなくすことができません。
ハイターは日頃も使えるので常備して、
自分がもし部屋に吐いてしまったらウイルスが残らないように処理しましょう。

症状が良くなったらトイレや
自分の触れたところを全部消毒しておくほうが安全です。

ノロウイルス感染・消毒・予防動画

このような予防法は参考になりますね(*^^*)

ノロウイルスについては、こちらの記事も参考にしてみてください。

こういう状態だけは避けたい!

ノロウイルスになって困るのは外に出られないことです。
お腹が!と思った瞬間に下痢が出てしまいます。

症状が出てすぐに慌てて
スポーツドリンクを買いに行こうとしたりしないほうがいいです。

途中で吐いてしまったり、下痢がトイレに間に合わなかったり…
そうなると自分だけではなくまわりの人にも感染を拡大させてしまいます。

慌てて脱水もしていないのに病院に行っても整腸剤くらいしか出ませんし
体が弱っているので他の感染症をもらってしまうことになるかもしれません。

半日以上水分が全く摂れない場合や
明らかに脱水症状を起こしそうな時には急いで病院に行く必要があります。
冷静に判断することが大事ですね。

脱水症状とノロウイルスの関係については
こちらの記事でも詳しく説明しています。

ノロウイルスにかかりやすい生活とは

どんな感染症や病気でも
日頃から体に免疫力があることが重要になります。

不規則な生活で充分な栄養を摂ってなかったりすると
感染しやすくなるので寝不足にならないように気をつけたり、
腸内環境を整えておくことが予防になります。

また、家を清潔にして外から毎日ウイルスや菌を持って帰っているので
手洗いやうがいはもちろんですが
洗面所や台所の蛇口などを特に清潔にしておくことも予防になるので注意してください。

まとめ

2016-09-28c

ノロウイルスは感染してみると驚くほどの症状になります。
日頃から免疫力を高めて感染しても軽症ですむようにしておきましょう。

一人で病気になるといざというときにオロオロしてしまうので、
休日や夜間でも診てくれる病院の電話番号を調べておくと安心です。