喉が痛いから、これからが出るかな。
なんて、思っていたら熱が出ずずっと平熱のまま。
ふとそんな時、自分はどんな状態なんだか心配になりますよね。
平熱で喉が痛い場合、どんな可能性があるのでしょうか?

平熱でも喉が痛いなど、風邪の症状が出た時、どんな可能性があるのか
ということを詳しくみていきましょう。

そもそも喉が痛くなるのはなぜ?

2015-11-09c-2

喉が痛い!と思うと、たいていの人は風邪だと思います。
でもどうしても喉が痛いと風邪だと思うのでしょうか?

もちろん喉の痛みに限らず、鼻水鼻づまり、頭痛なども風邪だと思う症状ですよね。
こういった症状が出た時、体の中ではウイルスつまり体にとって悪いものに対して戦っているんです。

わかりやすくいうと、風邪で高熱が出る時というのは熱をあげることで
ウイルスが繁殖できないようにして、ウイルスと戦うんです。
喉の痛みは、喉周辺にウイルスがついてしまうことで炎症を起こします。

もちろん炎症はウイルスによるものですが、
それによってウイルスを撃退しようとしているんです。

平熱なのに風邪の症状が出る理由

大人の風邪の大体の原因はライノウイルスと呼ばれるウイルスです。
インフルエンザにかかった時には、
「インフルエンザ」だといわれるのにただの風邪の場合
そのウイルス名をいわれることってあまりないですよね。

そのただの風邪の正体のほとんどがライノウイルスと呼ばれるものなのです。
ライノウイルスは、特に上気道つまり喉にあたる部分炎症を起こすために、
喉の痛みを引き起こすことがほとんどです。

でも、風邪ならなぜ熱がでないんだろう?
と思うかもしれませんが、ライノウイルスは33度という温度で一番活発になるとされています。

つまり33度以上の熱があればライノウイルスは繁殖できないということになるわけなのです。
ちなみにインフルエンザの場合には37度で活発になるために、
インフルエンザになると大抵高熱が出ますよね。

ライノウイルスは平熱の状態で十分にウイルスの繁殖を防ぐことが出来るために、
平熱だけれども風邪の症状の喉の痛みなどだけを感じることがあるのです。

ライノウイルスについてはこちらの記事もご参考に!

インフルエンザの可能性も・・・

ただし、平熱で喉が痛いという場合、
インフルエンザという可能性も絶対にないというわけではないです。
というのも、インフルエンザの予防接種をしていたり、
解熱効果のある風邪薬を飲んでいたりするとインフルエンザの特徴でもある高熱が出ずに、
風邪の症状である喉の痛みや鼻水などだけが出るということもあります。

ただし、普通の風邪以上にだるさ関節痛などを感じるので風邪の症状プラスで
それらの症状が出たら、高熱でなくてもインフルエンザを疑ってみてください。

免疫機能をアップさせて風邪予防しよう

風邪のだいたいの原因ともなるライノウイルス予防するには、
とにかく体の免疫機能をアップさせてウイルスに負けない体づくりをすることが一番です。
免疫機能をあげるために出来ることとはどういったことなのでしょうか?

免疫機能をアップさせる方法1 睡眠

免疫機能と睡眠の間にあまり関係はないと思っているのであればそれは間違いです。
睡眠をとることで、免疫力が高まるということが実験などでわかっています。
質の良い睡眠が一番ですが、とにかく横になって寝るだけでも免疫力のアップがあるという
ことがわかったので、眠くないとしても体を横にして休んでみてください。

免疫機能をアップさせる方法2 食事

当たり前ですが、自分の体の栄養となる食事は免疫機能にとっても大切なものです。
最近は栄養バランスの偏った食事をすることが多いですが、
出来るだけ外食は避けて栄養バランスを考えた食事をゆっくりと
よく噛んで食べることが効果的だといわれています。

免疫機能をアップさせるための食材などもありますが、
逆にそればかり頼りにするのではなくバランスを考えた献立を立てることの方が大切なことです。

免疫機能をアップさせる方法3 運動

私たちの体の中ではNK細胞と呼ばれる免疫細胞があります。
この細胞が活発になればなるほど、免疫機能は高くなりますが、
NK細胞を活発にさせる方法のひとつが運動です。

もちろん激しい運動をする必要は全くなく、
ウォーキングストレッチなど簡単に出来るもので構いません。

免疫機能をアップさせる方法4 笑う

笑うことでNK細胞が活発になるということは有名な話です。
普段から笑顔を作って話をするようにするだけでも効果があるので、
笑顔を意識してみましょう。

上記の四つの方法に加え、ウイルス除菌も大切です。

ウイルスはしっかり除菌するけど、
誤って赤ちゃんが口に入れてしまっても大丈夫というこの除菌水がオススメです。

大人だけでなく、子供って風邪をひきやすいし
外からウイルスを持って帰ってくることもあります。
それは大人も同じなので、帰宅時は必ず手洗いうがい除菌を徹底しましょう。

まとめ

2015-11-09a-2

喉が痛いという症状は、風邪の大体の原因であるライノウイルスの特徴的な症状です。
風邪だからといって必ず熱がでるわけではなく、
平熱だとしても風邪の症状がでることがあるということは頭に入れておきましょうね。

また、風邪の症状に倦怠感などがある場合には
インフルエンザという可能性もゼロではないので、自分の体の症状をよく見極めてくださいね。

もちろん、冬場湿度が下がり、乾燥状態が続くと喉だけ痛むということもあります。
そういった時はまだ風邪になる前の段階ですが、
喉が乾燥していると風邪になりやすくなるので、
普段から風邪予防として免疫機能を高めるような生活を意識してみてください。