今話題のホメオパシーとはどのような治療法なのかを徹底検証!
日射病に高い効果を発揮すると言われるホメオパシーの概要や特徴についても詳しく紹介!

ホメオパシーの歴史やメカニズムに関する知識を学んで日射病の治療へ役立てよう!
人が本来持つ自己治癒力の喚起を狙ったホメオパシーの魅力や効果について徹底的に解説します

ホメオパシーとは

近年、古い時代にドイツで確立されたホメオパシーと呼ばれる、
人間が本来持つ自己治癒力を用いて病気の治療を行うという考え方が改めて注目を集めています。

ホメオパシーとは、今から200年以上も前にドイツの医師であるハーネマンが確立させた同種療法の名称で、
その考え方の起源は古代ギリシャのヒポクラテスまで遡ることが出来ると言われています。
ハーネマンが確立させたホメオパシーの考え方は
病状を起こすものはその病状自体を取り除くものにもなり得るという同種の法則が根本にあると言われています。

ドイツ医師のハーネマンはその生涯を掛けて、同種の法則に加えて
「症状を引き起こす原因となるものを非常に薄めて活性化してから使う」ことによって、
身体に悪影響を与えずに症状だけを取り除くという超微量の法則と呼ばれる法則を打ち立てています。

つまり、症状を引き起こす原因となる物質の悪影響を受けることなく、
情報パターンを与える事によって安全で身体に優しく、
尚且つ常習性を持たないという特徴を持つ療法がホメオパシー療法なのです。

たとえば「風邪」を引くと身体がウイルス細菌を排除する為に発熱を引き起こしますが、
ホメオパシーではこの熱を発する作用があるものの情報パターンだけを体内に入れる事で共鳴させ、
身体の自己治癒力を触発する事によって自らの力で通常よりも早く治癒を目指していきます。

日射病とは

2015-06-24-2a

夏の暑い時期になると日射病熱射病にかかってしまう人が増えてきますが、
実際には日射病と熱射病の違いについて正しく把握している人はそれほど多くは無いのが現状です。

日射病とは、炎天下で激しい運動や作業をした際、大量に発汗する事によって
身体中の水分が不足して「心臓へ戻る血液量が減少」し、心臓が空打ちをする事によって
「めまい」や「頭痛」、「吐き気」などが現れる症状の事を言います。

熱射病というのは日射病が次の段階へとステップアップした場合の症状の事で、
日射病を放置したまま高温多湿の下で長時間の労働や運動をしていると体温調節が効かなくなるなどの症状が出てきます。

この段階になると体内の塩分や水分が不足して体温調節が出来なくなり、
「顔面蒼白」や「強い眩暈」、「強い吐き気」、「虚脱感」などの症状が現れます。
そのため、症状の悪化を未然に防ぐためには日射病の段階で予防を行う事が何よりも重要となってきます。

日射病を予防するためには直射日光の下で長時間の労働や運動は避け、こまめに水分補給を行うことが大切です。
また、もしも日射病に陥ってしまった場合は「ホメオパシー」と呼ばれる療法によって
効果的に症状の改善を図る事が可能となっています。

ホメオパシーで日射病への対策を立てよう

2015-06-24-2c

夏の猛暑が本格化するにつれて射病にかかってしまう人も増えてきますが、
最近ではホメオパシーを上手く活用する事で日射病を効果的に改善する方法が注目を集めています。

ホメオパシーでは、超微量の法則に基づいて植物や鉱物などを
高度に希釈した液体を小さな砂糖玉に染み込ませ、症状によって使い分けていきます。
この砂糖の玉をホメオパシーではレメディーと呼び、さまざまな症状の改善を目指す為に活用されます。

もしも日射病にかかってしまったら、まずは涼しく安全な場所へ移って
水分補給をしつつ首やわきの下、足の付け根などを冷やすことで症状を緩和させます。
状態が落ち着いたら次はホメオパシーの考え方に基づいて作られたレメディーを舌の下に入れ、
ゆっくりと身体へ浸透させていきます。

基本セットを持っていれば、
様々な状況に対処することができますよ(*^^*)

日射病に効果を発揮するレメディーには赤面や高熱、頭痛などに効く
ベラドンナ」、「グロノイン」、「ラカシス」、「ナットカーブ」などが挙げられます。

これらのレメディーを使用する事によって身体が本来持つ自己治癒力が高まり、
日射病の症状を緩和したり治癒を目指す事が出来ます。