スポーツ時などに起こる肉離れ
運動部に属していた人なら経験者も多いのではないでしょうか。

この肉離れは、一体どんな仕組みで発生するか知っていますか?
また、対処法にはどんなものがあるのでしょうか。

今回は、「肉離れ」をテーマに原因や対処法をお話しします。

肉離れの原因と程度、後遺症について

2016-09-10b

肉離れという名前は俗称で、
医療機関では「筋断裂」「筋膜断裂」などと呼ばれます。

この肉離れの原因は、急激な動きによって筋肉が収縮し、
その負荷によって繊維がちぎれてしまうことです。
上半身の筋肉よりも、ふくらはぎや太ももなど下半身の筋肉の方が起こりやすいと言われています。

肉離れには軽度、中度、重度3段階あります。

まず、痛みが軽く、自力で歩けるくらいのものを軽度と見なします。
この場合は筋肉の損傷も小さく、安静にしていれば時間もかからず自然治癒します。

中度の場合は自力では歩くことが難しく、筋肉を押すと痛みが走ります。
こうなると、筋肉だけではなく筋膜も損傷していて
皮下内出血も起こっていることがほとんどで、医療機関への受診がすすめられます。

重度の場合は自力歩行どころではない激痛が走り、患部を押すと陥没が見られます。
ここまでくると筋肉の損傷は深く大きく、すぐに医療機関に行くべきです。

肉離れは珍しくない怪我ですが、
だからと言って重症なのに放っておいたり、無理して運動を続けてはいけません。

筋組織が硬くなる「瘢痕」という状態になり、再発しやすくなるだけでなく、
血行が悪くなって慢性的な冷えやしびれの原因になるからです。
軽度の肉離れなら日常生活に支障が出る後遺症までは起こりにくいですが、
スポーツに打ち込んでいる人なら、大きな障害になるかもしれませんよね。

そうならないように、肉離れを起こしたら迅速に適切な処置を取りましょう。

自分でできる肉離れの対処法

基本的には整形外科の指示に従うことが大切ですが、
その後の過ごし方も重要になってきます。

整形外科などでしてもらえる肉離れの対処法としては、塗り薬や電気治療などがあります。
塗り薬は、基本的に痛みを抑えてくれますが、治りを早めるものではありません。
電気治療は、電流を筋肉に流して熱を起こし、血行を良くして治りを早めるものです。

つまり、肉離れの治療においては、「温め」が大切ということ。
ただ、肉離れを起こした直後は温めてはいけません。
急性期には冷やして血行を抑え、内出血の広がりを防ぐ必要があるからです。

ここで、肉離れの回復期に有効な、温冷浴の方法をご紹介します。
用意するのは、熱すぎないお風呂と氷嚢やアイスノン。

方法は簡単で、お風呂に浸かりながら患部を温める→お風呂から出て氷嚢で患部を冷やす→温める→冷やす……と繰り返すだけ。

3~4回繰り返し、最後は温めて終わるようにしましょう。
この動作で血管の拡張と収縮が繰り返され、より血流が良くなり回復力が上がるのです。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また、軽い肉離れやもうすぐ直りそうなときは、
テーピングをして筋肉の収縮を抑えると、治りが早くなります。
ここに、テーピングの方法を説明した動画があるので、参考にしてください。

テーピングのお求めはこちら

肉離れ予防のためにはどうすれば良い?

肉離れを予防するために絶対に忘れてはいけないのが、準備運動やストレッチです。
激しい運動をする前には、ふくらはぎや太ももの筋肉をゆっくり、ぐぐーっと伸ばして身体を柔らかくしておきましょう。

また、日常的にジョギングなどの運動をしている人は、筋肉に疲れを溜めないように
毎日の運動の後には、アイシングやマッサージを行って下さい。
疲れが溜まると筋肉の柔軟性が失われ、肉離れしやすくなるからです。

外的要因としては、気温の低さなども筋肉を硬くしてしまいます。
寒い日に運動をするときは、身体を冷やさないような服装をしたり、
事前のウォーミングアップを十分に行うようにしましょう。

栄養面から肉離れを予防するなら、
カルシウムをたくさん摂ると良いようです。
カルシウムイオンは筋肉の収縮をコントロールする働きがあります。

まとめ

Barefoot woman walking in park.

いかがでしたか?
肉離れの対処法についてのお話でしたが、
最後に、肉離れの治りを早めるとされる食事についてお教えします。

筋肉の原料はたんぱく質、特に、筋膜はコラーゲンでできています。
これらを修復するためには、やはり良質なたんぱく質を十分に摂取することが重要です。

魚やお肉、大豆製品などでたんぱく質を補うのはもちろんのこと、
豚足やふかひれなどのコラーゲン豊富な食材、
またはサプリメントなどでコラーゲンを直接取り入れるのも良いでしょう。

その際には、コラーゲンの吸収を助けるビタミンCも一緒に摂ることをおすすめします。

肉離れは、歳を重ねるにつれ起こりやすくなります。
若い頃スポーツに打ち込んでいたあなたも、油断は禁物ですよ!