朝、起きると寝汗がぐっしょり……
という経験をしたことがありませんか?

こんな時は、気温が高かった、
悪夢を見たなどの理由によるものが一般的です。

でも、そんな理由が無いのに
寝汗をたくさんかくのは、病気のサインかもしれません。

今回は、寝汗から考えられる病気の可能性についてご説明します。

普通の寝汗と病的な寝汗の違い

2016-12-14b

人は、季節に関わらず
寝ている間に結構な量の汗をかいているもの。
ですから、寝汗自体は身体に悪いものでもなんでもないのです。

室温や寝具が適切な状態なら、
大体一晩にコップ一杯の汗をかきます。
たまたま熱帯夜だったり、
吸湿性の低い寝具を使っているなどの理由で
寝汗をたくさんかく場合は、まず心配ありません。

でも、寝汗のかき方によっては、病気が疑われることもあります。

例えば、普段はあまり寝汗をかかないのに、
ある時から急にたくさん寝汗をかくようになった場合。

これは、何らかの病気によって
寝汗が多くなっていることが考えられます。

また、胸のあたり、首周辺など、
部分的に寝汗をひどくかく場合。
これは肺病甲状腺の異常から
たくさんの寝汗をかいている可能性があります。

それ以外にも、自律神経の乱れによって
たくさんの寝汗をかくこともあります。

この原因はストレスや疲れなどが考えられます。
まだ病気とは言えない程度の不調の場合もありますが、
自律神経の乱れを放っておくと、
うつ病などに進行することもあるため、早めに対処して下さい。

肺炎の治りかけは寝汗をたくさんかく

肺炎や酷い風邪を経験したことがある人なら
記憶にあるかと思いますが、
これらの病気は寝汗をたくさんかくことがあります。

これは、身体を侵しているウイルスや細菌と
身体が戦っているために出る寝汗だと考えられています。

肺炎による寝汗は、
治りかけの時に特によく出る傾向があるため、
既に肺炎と診断されているのなら、
大量の寝汗は身体が快方に向かっている証拠だと思って良いでしょう。

肺炎の場合は、
熱が下がってからも寝汗が続くことが多いようです。
しばらくの間は寝汗で身体を冷やさないように、
枕元に着替えを用意するなどしましょう。


↑このように、タオルとシーツとパジャマをセットで用意しておくと便利ですね。

ただ、いつまでも咳と寝汗が続くという時は、
肺結核なども考えられるため、
この場合は早めに病院で診察を受ける必要があります。

寝汗についてはこちらの記事もご参考に♪

寝汗は癌の兆候という噂は本当?

急にたくさんの寝汗をかくようになるのは
の兆候だという噂があります。

これは、癌の中でも
特に血液の癌と呼ばれる悪性リンパ腫の場合に考えられるものです。

悪性リンパ腫の診断基準にB症状というものがあります。
これは、一晩に一回以上、
下着を替えなければいけないほどの大量の寝汗、
38℃以上の発熱、そして6カ月以内に
10%以上の体重減少という3つの症状をまとめた名称です。

つまり、大量の寝汗をかくようになった時、
発熱や体重減少があったら、
悪性リンパ腫の疑いがあるということです。

こんな時は、すぐに病院へ。

おすすめ寝汗対策グッズ

もし、上記のような大きな病気の疑いが無く、
ただ体質的に寝汗が多いということなら、
対策グッズを活用してみるのも一つの方法です。

湿度が高いのが特徴の日本ですから、
寝汗対策のためのグッズはたくさん出ています。

その中でも色々探してみて良さそうだなと思ったのが、
このTEIJIN除湿シートという布団用シートです。


これは、布団やベッドのマットレスの下に敷くシートで、
寝汗から出る湿気を吸収してくれるものです。

エアコンや冷却シートでは、
暑さによる寝汗にしか効果が期待できませんが、
これならあらゆる寝汗に対応できます。

また、電気を使わず、天日に干せば
何度でも使えるというエコっぷりもなかなかポイントが高いですよね。

まとめ

2016-12-14c

いかがでしたでしょうか。
寝汗から考えられる病気や対策グッズについてお伝えしました。

大きな病気ではなくても、寝汗はとても不快なものですよね。

特に、自律神経の乱れから来る寝汗は眠りも浅くなって疲れは溜まる一方です。

ストレスから寝汗をかいている自覚がある人は、
寝る前にリラックスできるように工夫をしてみて下さい。

こちらにあるようなリラックスできる音楽を
ゆったりとした気持ちで聴いてから眠るのもおすすめです。

このように無料で聴ける、
リラックス専用の音楽もたくさんありますが、
もちろん自分の好きなアーティストの音楽を楽しんで聴いても効果がありますよ。

是非、お試しくださいね。