暑くなってくると、食欲がなくなってしまったり、
夏バテになってしまったりすることも出てくると思います。

夏バテになってしまうと、体がだるくて、仕事も家事もやる気が起きなくなってしまいますよね。
そんな夏バテを解消させるために、「ソラナックス」や「ヘパリーゼ」が効果的だということをご存じでしたか?

そこで今回は、夏バテに効果のある薬について紹介していきたいと思います。

ソラナックスってどんな薬?

ソラナックスというのは抗不安薬で、心身症や不安・緊張・抗うつ・睡眠障害に効果があり、
精神症状を改善する作用のある薬として使われています。

このソラナックスには、自律神経の働きを安定させる働きがあるので、
室内と屋外の温度差によって自律神経が乱れることが原因で
夏バテになっている方には、効果があるといわれています。

ソラナックス自体は、夏バテの薬ではなく、
うつ病や精神疾患の時に用いられる薬ではありますが、
薬の効用が夏バテにも効果があるといわれているのです。

ヘパリーゼは夏バテの体のだるさや食欲不振に効果的

ヘパリーゼには、肝臓の機能を改善させる効果や、
肝臓で分解される毒素を解毒・分解する効果があります。

夏バテになって、体力や食欲が落ちてしまうと、肝機能が低下してしまい、
体の毒素の分解が遅れてしまいます。

そうすると、毒素が体に滞留してしまうので、体のだるさが増長してしまったり、
食欲不振がひどくなってしまったりするのです。

そんなときに、ヘパリーゼを飲むことで、肝臓の機能を正常化させたり、
分解し切れていない体の毒素を解毒・分解したりしてくれます。
その結果、夏バテの症状である体のだるさ、食欲のなさを改善させることができるのです。


実際に、ヘパリーゼを飲んで夏バテを防いでいる方や、夏バテの症状改善をさせている方がいるようです。

夏バテの原因は自律神経の乱れ?

夏バテの原因には…

  • 自律神経の乱れ
  • 発汗異常
  • 睡眠不足

などが考えられています。

夏の暑さや湿度の高さ、室温と外気温との温度差が大きいことなどが、
夏バテの原因を引き起こしてしまいます。

また、夏バテの主な症状としては、体のだるさや疲労感、食欲不振が挙げられます。

夏バテにならないためには…

  • 体力を付けて汗をかくようにする
  • バランスの良い食事を摂る
  • 水分をこまめにとる
  • 睡眠を十分とる

というような対策をするといいでしょう。

夏バテの予防方法を詳しく知りたい方は、こちらの動画をご覧ください。

夏バテについてはこちらの記事もご参考に!

夏バテになったら、食事を工夫しよう

夏バテになってしまうと、食欲がなくなってしまいますが、
食事を摂らないと疲労回復ができなかったり、必要な栄養素が取れなくなってしまったりします。

そのため、食欲を増やしたり、疲労をとることができたりするような辛いものや
酸味のあるものなどを摂取するような食事を摂るように工夫するといいでしょう。

また、ツボを刺激することで自律神経の働きを促進させることもできます。
さらに、ビタミン剤や栄養ドリンクなどを使って、必要な栄養素を摂取するというのもいいでしょう。

ただし、症状が重たかったり、なかなか夏バテが解消されなかったりするような場合には、
病院を受診することをオススメします。

まとめ

  • 抗不安剤であるソラナックスは、うつ病にも使われる薬である
  • ソラナックスには、自律神経の働きを整える働きがあるので夏バテにも効果が期待できる
  • ヘパリーゼは、体のだるさや食欲不振に効果的
  • 夏バテの原因は、自律神経の乱れや睡眠不足、発汗異常が考えられている
  • 食欲不振、体のだるさがあるときには、夏バテを疑うといい
  • 夏バテになったら食事の内容を見直したり、ビタミン剤などを飲むといい

今回は、このようなことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

暑い夏は、夏バテを引き起こしやすくなってしまうので、夏バテにならない体作りをしたり、
バランスのよい食事をとったりするなど、日頃から予防を心がけるといいでしょう。