真夏の暑さが毎年厳しくなっていっているような
最近の気候ですが夏は身体が暑さに引きずられて体調を崩しやすい季節でもあります。

熱中症にはならなくても屋内と屋外の気温差や食欲不振や熱帯夜、
毎日の暑さとの戦いで体力は削られてしまい夏バテになってしまう人も多いでしょう。

そんな時、クーラーを使わずに身体を冷やし身体をリフレッシュする方法として水風呂が効果的なのです。
水風呂はオーバーヒート寸前の身体の機能を正常に戻しじっくりと熟睡出来るという

冷えピタに勝る有効な冷却手段なのです。

夏バテになる理由とその危険性

2015-07-29-1b

夏バテの一番の原因はなんと言っても夏の暑さですが、
現代社会ではそれに更に拍車をかけているのが冷房です。

屋内は冷房で寒いほどの場所もあります。
しかし屋外はその冷房の室外機の影響も合わさって汗も出ないような蒸し暑さ
これで体調がおかしくならないはずはありません。

食欲不振になって栄養摂取が減りその為に身体機能が低下、
温度差のある環境を行き来する事で自律神経に変調を来し
夜は熱帯夜でなかなか眠りに就けない、

その繰り返しで身体が段々衰弱して行き、免疫作用が低下して病気に罹りやすくなります。

夏風邪をひいてしまったり元々疾病を持っていた人はそれが悪化したりします。
まるで季節の風物詩のように会話に登場し一見大した事はなさそうに見える夏バテですが
実は身体に深刻なダメージを与える場合も多いのです。

どんな夏バテ対策があるのでしょうか?

夏バテの対策とはすなわち夏バテの原因に対応する事でもあります。

まず屋内外の温度差で自律神経が疲弊する事を止める為には温度差を減らす事が大切です。
冷房の強い職場で仕事をする人は上着を一枚持って行くだけでかなり違うはずです。
冷房のある場所では上着を着て外では上着を脱ぐようにすれば
ある程度温度差を減らす事が出来ます。

また、暑さによる食欲減退に対する対処ですが、これは食事の質を上げる事が大切です。
栄養価の高く夏バテ予防になる事で有名なうなぎや豆類、
ご飯も玄米ご飯に変えたり肉を増やすなど高タンパク高エネルギーの食事を
全体の量を減らしつつも食べるようにすればエネルギー不足でバテる事は無くなるでしょう。

そして、熱帯夜対策ですがこれに最も有効なのが水風呂なのです。
水風呂と言うと、冷たくて辛い物と思ってしまうかもしれませんが、
伝統的な行水だと思えばおかしな事ではありません。

特に汗が出ないような蒸し暑い時には効果的で体内に篭った熱を取ってくれます。
体温が下がると眠りに入りやすくなるのでこれによって熱帯夜を乗り切る事が出来るのです。

夏の水風呂について

家庭でクーラーを付けている人は水風呂は辛い物に感じるかもしれません。
水風呂は自宅でクーラーを使わない生活をしている人に向いている涼みの方法なのです。

日本の夏は蒸し暑く汗が蒸発しないので体温が下がりません
その為汗の代わりに体温を下げる方法が行水であり、水風呂という訳です。

また、水道水は年中同じ温度のように思われるかもしれませんが
冬と夏ではその温度は全く違います。

水道水は地下水などと違ってパイプが外気に晒されている部分も多い為ある程度気温に左右されます。

その為、そのまま入っても身をすくめる程冷たくはないのです。
もちろんそうは言っても急に入るのは危険なので、
シャワーや掛け水などで身体の下の方から徐々に冷やして
温度に身体を馴染ませてから入りましょう。

プールに入るような感じで入れば問題ありません。
そして水風呂はクーラーを必要としないで涼む事が出来ます。

省エネにもなるので、一度是非試してみてください。
水風呂の入り方としては、十分時間を掛けて浸かってください。
身体の奥の熱を取る必要があるからです。

夏バテについてはこちらの記事もご参考に!

自家用プールと考えるとリッチな気分に

2015-07-29-1c

お風呂だと考えるから違和感があるのであって、
夏はそこをプールだと思えばプール付きの家に住んでいるという事になり
たちまちリッチな気持ちになる事が出来ます。

お風呂場に音楽を流してアロマキャンドルを焚き、
南国のリゾート地のような雰囲気にしてしまえば
もっと素敵な気分で水風呂を楽しむ事が出来るでしょう。

夏は夏なりに気持ちを切り替えて楽しんでしまう事が健康的に毎日を送るコツであると言えます。
移り変わる事柄にストレスを溜めるのではなくそれらを自分なりに楽しみに変える事が出来れば
それだけでも夏バテから抜け出す事が出来るでしょう。

昔の人は夏に行水を楽しみ風鈴を軒下に吊るしそれらを風物として愛しました。
私達は現代の秒刻みに動く社会の中でなかなか変化を楽しむ余裕を持てないでいますが、

昔の人に負けないように、ちょっとした事も自分なりに楽しむ方法を編み出して
健康的な生活を送れれば素敵すよね。