忙しい仕事を効率的にこなす「マルチタスク
一人で同時に多く複数の仕事をこなすことができる能力は、
日本の将来的な人手不足が叫ばれる中、これからますます必要なスキルですよね。

でも、実は人によっては「マルチタスクができない」人もいるみたいです。原因は?
病気なの?今回は現代人の必須スキルの一つであるマルチタスクができない原因について、調べていきます。

また、メリットやデメリット、身体に起こるリスクなども取り上げていきますので、
最後までぜひ!お読みください。

マルチタスクができないのは発達障害?

優秀な人は一人で多くの仕事や案件をこなしますよね。
やっぱりそんな人は会社やあらゆる場所で活躍できるはずです。

それとは逆に複数の仕事を同時に出来ない人、マルチタスクをすることができない人もいます。
ひどい状態になると、電話しながらメモを採ることができないなどの状態に陥ります。

同時に様々な仕事をこなすマルチタスクができないだけでなく、
基本的な作業までできないなんて、仕事自体がうまくいかなそうですよね。

この原因は「発達障害」という病気の可能性があります。
発達障害はどんな人にも起こりうる病気で、まだその原因は分かっていません。

100人に数人の割合で起こるといわれているので、
ひょっとしてあなたが、同時に多くの仕事をこなすことが苦手…、
と感じているならばひょっとして発達障害なのかもしれません。

マルチタスクのメリット、デメリットは?脳に負担がかかるの?

自分の評価を上げたい!仕事でもっと成果を出したい!と考えている人は多いと思います。
だから、同時に色々なことをやったりして、仕事量を増やすマルチタスクをついついしがちになります。

同時に色々なことがこなせれば、必然的にスピードは上がりますし、それに伴う成果も得られます。
これはマルチタスクにおける最大のメリットです。

でもデメリットとしては、脳に大きな負担をかけてしまうので、
逆に効率が悪くなったり、生産性が下がったり、精神的にも大きなストレスになる可能性もあります。

もし、あなたがマルチタスクが苦手…、思ったような成果を挙げられない…、
と感じるならばマルチタスクではなく、「シングルタスク」に切り替えることも重要かもしれません。

こちらの記事もご参考に!

マルチタスク力を上げたい! ピアノが有効な理由って?

効率的じゃないかもしれないけど、仕事量が多いからやっぱりマルチタスクをしたい。
という方は、仕事以外でその力をアップさせる可能性のある方法があります。

それは「ピアノ」です。
ピアノは右と左の別々の手で異なる演奏をしなければならない、まさにマルチタスクなんですね。
特に子供のころにピアノを習った人は、この力がアップするといわれています。

もし、あなたが仕事におけるマルチタスク力を上げたい…、
と思うなら今からピアノを習い始めるのも、よいかもしれません。

習うのも、家にピアノを置くのも大変だという場合は
小さなミニピアノを使うとよいですね(*^^*)
近所迷惑にもならないので安心して弾くことができます。

まとめ

  • マルチタスクが出来ない、苦手な人は発達障害の可能性がある
  • マルチタスクは逆に生産性を下げる可能性も秘めている
  • マルチタスクは脳に大きな負担をかけ、ストレスの原因にもなる
  • ピアノはマルチタスク力を向上させる方法の一つである

現代人に必要な能力であるマルチタスク。
仕事の成果を上げる有効な方法ではありますが逆の生産性を下げるリスクもあるのですね。

まずは、自分の力・適性を知り、適したやり方で仕事や案件をこなすことが大切ですね。
それでもどうしても力をアップさせたい…、という人にはピアノを習いはじめるとよいかも!?しれません!