水分を取りすぎたり塩分をとりすぎたりするとむくみがおきます。
片頭痛などで常日頃から頭痛に悩まされていることもあるし、
パソコンやPCのせいで肩こりになるということももちろんあります。
ですが、この症状が同時に起きるときには
実は外的要因が関係していることもあります。
外的要因とは、雨。
雨の日に体調不良を訴える人は多いですが、
その体調不良の症状としてむくみ、頭痛、肩こりが起きるのです。

雨の日に起きる体調不良の原因は?

2015-08-03-2b
雨の日の体調不良は、自律神経にあります。
まず雨の日の特徴として、低気圧であるということ。
気圧の低さによって、人はヒスタミンという神経伝達物質を多く分泌します。
ヒスタミンは自律神経のひとつである交感神経を刺激して血管が収縮します。
そうなると血行不良となり、むくみや頭痛、肩こりの原因となってしまうのです。
さらにヒスタミンが交感神経を刺激すると痛みを感じやすくなるので、
余計に頭痛や肩こりなどを感じやすいというのも雨の日の特徴です。
また活動を休息モードにする副交感神経が優位になるのも雨の日。
そのためなんだか体調が優れない、眠いというのは副交感神経が原因なのです。

雨の日に体調不良を起こさないためには?

雨に日に体調不良を起こさないために大切なことは2つ。
深呼吸規則正しい食生活です。
まず深呼吸をすることで体内にたくさん酸素を取り入れることが出来ます。
そのため、酸素が入ることで血行が良くなるために体調の不良を改善させることが出来ます。
併せてストレッチを行うとより効果的です。
また規則正しい食生活は自律神経を整えることに効果が期待できます。
食生活を規則正しくすることで、体内リズムが出来るので
スムーズに交感神経と副交感神経のスイッチを切り替えることが出来ます。
その中でも特に朝食は重要で、朝食をたべるということが腸を目覚めさせ、
同時に交感神経のスイッチを入れるタイミングにもなるのです。

内臓疲労でもむくみや頭痛、肩こりが起きる!

むくみや頭痛、肩こりの原因に内臓疲労という場合もあります。
内臓疲労はその名の通り内臓が疲れているという状態。
特に胃腸、腎臓、肝臓に多く見られ、普段使うことが多い内臓が特に疲れやすいです。
内臓疲労は目に見えない分気づきにくいですが、内臓が披露することで様々な症状が出てきてしまいます。
食欲不振や体のだるさはもちろん、内臓機能が低下することによって体の血流も悪くなります。
それがむくみや頭痛、肩こりをも引き起こしてしまうのです。
内臓疲労を回復させるためには、内臓を休めさせてあげることが大切。
効果的なのは夜ご飯を抜くという方法です。
特に寝る3時間以内に普段から晩ご飯を食べている人は
内臓に負担をかけていることが多いので、より効果が高い方法です。
朝と昼は通常通り食べて、夜ご飯だけ抜くということで
内臓は食べ物を消化する働きはせず回復することだけが出来るため
効果的に回復することが出来るのです。

むくみや頭痛、肩こりの改善には血行改善が一番!

雨の日、内臓疲労どちらにも言えることは血行不良が起きてしまい、
むくみや頭痛、肩こりを引き起こしてしまっているということ。
だからこそ普段から、血行を良くしておくということは大切なのです。
血行を改善させるのはどういった方法があるのでしょうか?
お風呂
日ごろから湯船につかるということも大切です。
湯船につかって、手足を温めるということが血行を良くするためには重要なのです。
シャワーだけで済ますのではなく、毎日お風呂に入るということが血行改善には効果的なのです。
ストレッチ
日々の習慣としてストレッチも効果的です。
15分でも10分でもいいのでストレッチをするだけで、血流はかなり改善されます。
食べ物
体を温めてくれる食材を食事に取り入れることで血流改善につながります。
体を温める食材として有名な生姜はもちろん根菜類などもおすすめです。

生姜紅茶を飲むと体がポカポカしてきますよ。
寝る前に飲めば、手足が冷えて眠りにつけなかったのが
改善される場合もあります。

まとめ

2015-08-03-2c
むくみや頭痛、肩こりが起きる原因は体の血行不良によるものが多いです。
血行不良を起こしてしまう原因は雨だったり、内臓疲労だったりしますが、
そういったこと以外でも普段から血行改善を意識した生活を送ることで
むくみや頭痛、肩こりが起きにくくなるので、血行改善が出来る生活を心がけてみてくださいね。