小さいお子さんをお風呂に入れていると
胸の辺りにポツポツと赤い発疹が出ていたりします。

あれ?ニキビや吹き出物かな?
なんて思っている間に子供が痒みで掻き毟り、
いつの間にか身体中にポツポツが広がってる!

これはもう水疱瘡かも知れません。
どこでいつ感染したのかわからずに
あたふたするお母さんもいらっしゃるかも知れませんが、
水疱瘡は小さいお子さんではよく罹る病気ですので大丈夫です。

ちゃんとお医者さんの指示どおりにしていれば数日もあれば治ります。
でも、なるべく早く良くなって欲しい!
塗り薬もどんなものが良いのか教えて欲しい!
という方は是非しっかりと読んで覚えておいて下さい。

水疱瘡の症状

Baby massage

まず水疱瘡の症状を簡単に説明すると
発症してから最初の3日くらいまではだいたい37度程度の熱が出ます。

他には食欲低下や軽い頭痛を起こす場合もありますが、
小さいお子さんだと泣くだけで分かりづらく風邪などと思われがちです。

その後、お腹や顔に小さいプツプツが現れ始め、
数時間で水ぶくれとなり全身に症状が出始めます。

ここでお母さん方は初めて水疱瘡だと気付く人が多いと言われています。
ここからは症状が悪化しないように対処していけば数日でかさぶたとなり、
自然にポロリと剥がれ落ちて終わりです。

水疱瘡には塗り薬?

水疱瘡に対する治療法ですが、お医者さんで水疱瘡と診断された場合、
症状によっては薬を出さずに自然に治っていくのを観察しようという先生もおられますが、

症状がひどければ飲み薬や塗り薬を処方してくれる先生もおられます。
処方される基本的なお薬としては
熱が高く続いた場合は解熱剤を出してもらえる事もありますが、
市販の解熱剤にはアスピリンなど子供に
強い副作用が現れる成分が入っている場合がありますので注意が必要です。

また、水疱瘡そのものに対しての飲み薬としては
ウイルスの増殖を防ぐ為に抗ウイルス薬のアシクロビルやバラシクロビルなどが出されたり、
掻き毟ることによる細菌感染を防ぐ為に対症療法として抗生物質が使われる事もあります。
塗り薬としてはフェノールと酸化亜鉛を混ぜ合わせたカチリというものを出される事が多いです。

塗り薬の効果

このカチリという塗り薬、
水疱瘡で受診すると昔から良く出されるお薬なのですが、一体どういう塗り薬かご存知でしょうか?

そもそもカチリは炎症や痒みを抑える薬として
昔から良く使われ汗疹などに良く効くと言われています。

特徴としてはフェノールという成分により絵の具のような臭いがする事と
酸化亜鉛により塗布すると塗った部分が真っ白になって乾燥するということです。

そのフェノールには防腐作用、消毒作用、鎮痒作用があり、
酸化亜鉛には皮膚の保護作用と収れん作用があります。

効果的な塗り方

2016-02-22c

では、カチリの効果的な塗り方について説明する前に
二つだけ理解しておかなければならない事があります。

カチリ自体は痒みを抑えたり消毒作用があるだけであり、
水疱瘡そのものを治す薬ではないということを覚えておいて下さい。

そして、カチリに関しての効能ですが痒みに効く反面、
肌への刺激が強く傷口に塗ると良くないということも言われています。

つまり水疱状態の部分には効果的でも、
掻きむしって破れた傷口に塗ると良くないということを理解しておきましょう。

では、効果的な塗り方ですが、
まず第一にプツプツした部分の一つ一つに綿棒などを使って丁寧に塗っていきます。

この時、掻きむしって破れた傷口の部分には塗らないように気をつけて下さい。
掻きむしった傷口は乾燥するまで何も塗らない方が賢明です。

次に一度塗って乾いてきた部分は次に塗る際にはその上に塗り重ねて下さい。
乾燥した部分が剥がれ落ちそうでも捲ろうとした際に水疱部分が破れてしまうといけないからです。

この塗り方を1日に2〜3回おこないながら様子を見ていく事になります。
ただ、先ほどから言うように一番怖いのは水疱部分が破れて液が漏れ出し、
別の部分に水疱瘡の症状が移る事ですので、
小さいお子さんの場合は知らず知らずのうちに掻きむしらないようにミトンの手袋なども売られています。

ミトンを嫌がる場合は、ガーゼなどで保護してあげましょう。
付けっ放しにしていては患部が乾燥せず、治りにくくなるので
様子を見てガーゼを取ってあげてくださいね。

どうしても爪で引っ掻いて悪化してしまう場合はこういう対処も必要です。
掻きむしって繁殖さえしなければ塗り薬だけで数日もすれば痒みも治っていくでしょう。