現在お隣の国韓国でMERSウイルスが広がりを見せています。
韓国と日本とは海を隔てていますので、簡単にはウイルスの侵入を許す事態にはなりませんが、

毎日多くの人が行き来している国同士なのでMERSウイルスが日本に入って来ないとは言えません。
万が一日本にMERSウイルスが入って来た場合、私達はMERSウイルスに感染しないようにする必要があります。

MERSウイルスとは?

2015-06-16-1b

MERSウイルスとはどういったウイルスなのでしょうか。
MERSウイルス感染症の正式な病名は
MERS(Middle East Respiratory Syndrome)、中東呼吸器症候群と言います。

そう、つまりこの名前の通り、この病気の発生源は中東なのです。
発見されたのは2012年の事で、ウイルス名も正式にはMERSコロナウイルスと言います。

コロナウイルスと言えば2003年に流行したSARSを思い出しますが、
ウイルスが近種なだけで全く違う病気です。
MERSウイルスの感染経路はまだはっきりとは分かっていないのですが、
中東のヒトコブラクダがウイルスを保持していた事は分かっています。

日本にいるヒトコブラクダも調査されましたが
日本のラクダはMERSウイルスを保持していませんでした。
韓国でMERSウイルスが広がった経緯は患者さんからの院内感染によってでした。

MERSはどんな症状を引き起こすのでしょう

MERSの主な症状は風邪と似ています。
発熱咳、息切れといった物です。

中には消化器系に影響が出て、下痢を起こす場合もあるようです。
感染しても全ての人が発病する訳ではなく、
発病しないままウイルスだけを保持する場合もあります。

元々身体の弱い人、高齢者や慢性的な疾患がある人などが
感染すると重症化しやすいとされています。
症状が悪化した場合の死亡率はおよそ40%に上るとの報告が中東地域から報告されています。

これらの事から考えて、MERSウイルスが日本に入って来た場合、
軽い風邪だと感じても安心出来ないという事になります。

しかし、MERSウイルスが日本に上陸すれば病院はたちまち危険地帯となります。
自分が保菌者である場合にも、実は感染していなかった場合にも
うかつに病院に近寄るのはウイルスを蔓延させる結果に繋がりかねません。

不安に感じたら、まず最寄りの保健所に連絡して指示を仰ぎましょう。

MERSウイルスが日本に入って来た場合の対処方法

MERSウイルスの感染方法は飛沫感染と言われています。
マスクを装着し、外出後は手をアルコールと石鹸などで丁寧に洗浄しましょう。
ウイルスの中にはアルコールが有効ではないものがあるので石鹸も使って洗浄してください。

ウイルスが変異を繰り返していたりすると何が有効になるか分かりません。
出来る限りの手段は講じましょう。

また、MERSウイルスを保持し得ると言われている
ヒトコブラクダには近付かないようにしましょう。

更に、動物の死骸を見付けてもうかつに接近せず保健所に連絡してください。

MERSウイルスが健常者にはあまり猛威を振るわないとされている事から
身体を健康に保つのが何より大切だと思われます。
食事や睡眠をきちんと取り、疲労を溜めないように心がけてください。

そして人混みはなるべく避けるようにしましょう。
前述したように、MERSウイルスに感染したと思ってもいきなり病院に行かずに保健所に連絡をしてください。

情報に踊らされずに適切な対応をしましょう

2015-06-16-1c

最近はLINEやTwitterなどでリアルタイムな情報が飛び交っています。
そこで誰かが重要な事柄について間違った情報を発言してしまうと
たちまちそれが拡散して大騒ぎになってしまう事が多々あります。

今回のMERSウイルスのようなパニックを起こす危険を抱えた情報はその取り扱いを慎重にする必要があります。
もしLINEやTwitterで誰かがMERSウイルスに感染したどこどこの病院で大量感染したなどと発言しても
すぐさまそれを周囲の人に拡散するような事はやめましょう。

政府の正式発表を待つか、どうしても気になる場合は保健所に問い合わせをしてください。
ただし、保健所はMERSウイルス対応の最前線となっているので
あまり不確かな情報で煩わせるのはやめましょう。

どうしても不安で、周囲に小さなお子さんや身体の弱っている人がいる場合には
外出を控えさせて、出かける時のマスクや手洗いを徹底してもらいましょう。

小さな子供がマスクを嫌がるような場合には
キャラクター物などの楽しい柄のマスクを活用するのも良い方法だと思います。

MERSは現在決定的な治療方法はなく、対症療法で対応しているのが現状です。
一番の対抗策は自分の身体の治癒能力を上げておく事なのだという事を覚えておきましょう。