もう既に花粉症のピークが過ぎた地域もありますが、
それでもなお苦しめられているという人もいますよね。

花粉症の症状はたくさんある中でも、目の痒みは本当に深刻です。
そんな花粉症から来る目の痒みの対策として有効なものを、
飲み薬ワセリンステロイドなど、有名なものを中心にご紹介します。

なぜ、花粉症で目が痒くなるの?

空中を舞う花粉が目の粘膜に付着すると、
粘膜に存在する「肥満細胞」という細胞が花粉を身体に有害な異物と勘違いします
そして、この肥満細胞は絶対に花粉を体内に入れまいと、花粉に対する攻撃態勢を整えます。

攻撃態勢が整った後に再度花粉が目に入ると、
肥満細胞は「ヒスタミン」という化学物質を過剰に作り出します。

このヒスタミンは目の充血、痒み、粘膜の腫れを引き起こすため、
あのつらい症状が出るようになるのです。

本来花粉は人体にとって無害な物質ですが、
アレルギー体質だと花粉に対して過剰な防衛機能が働いてしまうことがあります。
目の痒みはもちろん、鼻水もくしゃみも、この余計な防衛機能によるものなのです。

花粉症以外で目が痒くなる病気は?

花粉症以外にも目の痒みを引き起こす病気はたくさんあります。

例えば、角膜ヘルペス
角膜の表面である上皮層やその奥の実質層が「単純ヘルペスウイルス」というウイルスに感染して、
充血したり痒くなってしまう病気です。

この病気は、「アシクロビル」という抗ウイルス薬の点眼と、
症状に合わせてステロイドを使って治します。

他には、アデノウイルスの感染で起こる流行性角結膜炎
はやり目」も目が痒くなる病気として有名ですね。
こちらは有効な抗ウイルス薬が無いので、自然治癒させるほかありません。

また、緑内障で目が痒くなると思われがちですが実際はそうではなく、
緑内障の目薬に目の痒みを引き起こすものがあることや、
目の痒みを起こしやすい人が目をたくさんこすることで緑内障になりやすくなるというのが本当のところです。

花粉症で目が痒い!対処法にはどんなものがある?

花粉症の目の痒みを解消する方法は、今では本当にたくさんありますよね。

  • 花粉症ゴーグル、眼鏡、帽子を着用する
  • アイボンなどの洗眼液で目を洗う
  • ワセリンを目の周りに塗る

物理的に対処する方法としては、予防的なものが中心ですね。

既に痒みが出ている状態になると…

  • 市販、または処方された抗アレルギー薬を飲む
  • ステロイド系痒み止めを使う
  • 目薬をさす

などが一般的ですよね。

また、体内から予防する方法としては…

  • 亜麻仁油などの花粉症に効く食品を食べる
  • 腸内環境が良くなる食品を摂る

などがあります。

こちらの記事でも目の痒みの対処法について詳しく説明しています。

対処法の中から、よく効くと噂の方法について解説!

先ほどの対処法の中からいくつか詳しくご説明します。

まずワセリンですが、これは目の周りにワセリンを塗って、
ワセリンのベタベタに花粉を付着させ、目への侵入を防ぐという方法です。

化粧ポーチに入るくらいのミニサイズもあるので
こちらのワセリンをチェックしてみてくださいね(*^^*)

また、飲み薬は一般に「抗ヒスタミン薬」というものを用いることが多いですよね。
これは、身体の内側から薬の力でヒスタミンの働きを抑えることができる薬を指します。
飲み薬は目の痒みだけではなく、鼻水やくしゃみにも効くので重宝しますよね。

効果が強力で副作用も強いため軽度では用いられませんが、
ステロイド系の飲み薬、注射、目薬を使って痒みを抑えるという方法がとられることもあります。

抗ヒスタミン薬との複合薬である「セレスタミン」がよく用いられています。
これは市販では手に入らないので、医師と相談のもと、症状が重い時のみ使われます。

普段からできること

先ほど書いた予防策の中でも、普段の対処法として特におすすめなのは
やはり物理的に花粉を寄せ付けないようにすることです。

鼻の症状はマスクでだいぶ防げますが、
それが目となるとやはり花粉症ゴーグルでシャットアウトするのが一番です。
もちろんワセリンも効果がありますが、メイクする人はやりにくいですよね。


いかにもゴーグル!なものは躊躇してしまう人も、JINSのものはおしゃれで使いやすいと評判ですよ。

まとめ

花粉症の中でも特に目の痒みについて、原因や対処法を中心にご説明しました。
本文中では薬や専用の対策グッズに絞って取り上げていますが、
様々な症状改善に対応できる「ヨガ」にも、花粉症の鼻水や目の痒み対策になるものがあります。

動画を掲載しておきますので、時間がある時に試してみて下さい。

もう少し辛抱すれば春の花粉症シーズンは終息を迎えますが、
また翌年にはつらい症状が再びやって来るのが花粉症持ちのしんどいところです。

今のうちに対策を練って、来年こそは快適に過ごせるようになりたいですね!