恐らく誰もが気にしている口臭ですが、自分の口臭がどんなものかを知る機会はなかなか無いですよね。

でも、口臭は健康チェックとしてはかなり重要な診断基準になることもあるのです。
そこで今回は、口臭でわかる病気、チェック方法や対処法について、
TVで紹介された方法を中心にお伝えします。

口臭で分かる体調不良とは?

口臭は、歯周病歯磨き不足によってのみ起こるものではありません。
口の中以外の体調不良からも、口臭が発せられることがあるのです。

例えば、胃腸の不良
これは、消化不良によって胃内で発生したガスや、
便秘によって繁殖した悪玉菌が発する毒素が胃腸の壁から吸収され、
血管を通して肺に届いて呼気に混ざってしまうことで起こります。

胃腸と口は繋がっていますが、食道を通って直接口へ出ているわけではないのですね。
胃腸が悪い時の口臭は特徴的で、口の中ではなく奥から上がってくるような、薬臭いような臭いがします。

特に、便秘の時は「う○ち」の臭いに似たような口臭が出ることが多いそうです。
また、蓄膿症になると、鼻から流れ落ちた膿の臭いが口から発せられるようになるため、
虫歯などの口臭とは似ているようで少し違う口臭が出るようです。

ガッテンで紹介された膿栓は何の病気のサイン?

ところで、数年前のためしてガッテンで、
膿栓という喉にできる物体について特集されていたのを覚えているでしょうか。

膿栓とは、喉の奥のリンパ組織のくぼみに溜まる細菌や白血球の塊で、
悪臭を放つために口臭の原因となると言われているものです。

この膿栓はくしゃみの拍子などで出てくることがあるのですが、
これができやすい人は扁桃炎になりやすい体質の可能性があり、
度重なる扁桃炎のせいで身体の免疫機能にエラーが生じ、腎臓病掌蹠膿疱症を発症する可能性があるのだとか。

膿栓自体も嫌なものですが、大きな病気になるのはもっと嫌ですよね。

その扁桃炎のリスクを下げるためには、ドライマウスを治すことが重要だそうです。
口が乾くと雑菌が繁殖しやすくなり、扁桃炎を起こしやすくなるからです。

ガッテン流のドライマウス対策とは?

ドライマウスになりやすい人は、口の周りの筋肉である口輪筋が弱く、
知らないうちに口呼吸をし続けていることが多いようです。

この口輪筋を鍛えるためには、タコ糸、3cmくらいのボタン、そしてペットボトルを用意します。
タコ糸の片端をボタンに、もう片端をペットボトルに縛り付けておきましょう

【やり方】

  1. ペットボトルに水を入れ、ボタンを歯と唇の裏でくわえてそのまま口の筋肉だけで持ち上げる
    (水の量は、口の力だけで頑張って持ち上げられる程度の重さにしましょう)
  2. 5秒持ち上げ、5秒下ろすという動作を20回続ける

これを毎日続ければ、口輪筋が発達して口の締まりが良くなり、ドライマウスになりにくくなるとのこと。

ホンマでっか?!TVで紹介の口臭チェック法は?

ガッテンとはまた別の番組、ホンマでっか?!TVでは、
自分の口臭をチェックする方法が紹介されていました。

まず、瓶に自分の唾液スプーン2杯、コットンで舌や歯茎を拭ったものを入れて蓋をし、
瓶ごと鍋で湯せんにかけて一煮立ちしてから、瓶の中の臭いを嗅ぐというものです。

このとき甘い臭いがしたら糖尿病の疑いが、腐敗臭がしたら肝臓病の疑いがあるということでした。

話に聞くだけでかなり臭いがきつそうなので試すのは勇気が要りそうですね。
でも、口臭はよほど親しい相手でないと指摘してくれないものですから、
気になる人はここで勇気を出して、チェックしてみることをおすすめします。

体臭についてはこちらの記事もご参考に!

ホンマでっか?!流の口臭対策は

上記とは別に、忍者が実践していたという口臭対策も紹介されていました。

これは、唾液をたくさん出して臭いを消すというもの。
現代のドライマウス対策と似ていますね。

【やり方】

  1. 上下の歯を素早く36回カチカチと噛む
  2. 舌を右回りに12回転する
  3. 舌を左回りに12回転する

というものでした。
舌を回すときは、歯茎と唇の間を添わせるように回すと、唾液が出やすいようです。
やはり、唾液を分泌させることにより、口内の雑菌繁殖を抑えるのが重要そうですね。

口臭対策にプラスアルファして予防する方法は?

口臭チェックや対策をいくつかお話しましたが、それだけでは不安というあなたは
汚れをごっそり落としてくれるマウスウォッシュを使ってみてください(*^^*)

いくら唾液を出しても、口の中に汚れがある状態では
口臭対策をしてる意味がありません。

菌だけでなく臭いの原因となるタンパク質までも浮かして落としてくれるので
まずはこちらで口の中を綺麗にすることから時始めましょう!

持ち運びもできるので外出先で口臭が気になる時にいつでもケアができるが嬉しいですね(*^^*)

まとめ

いかがでしたでしょうか。
本文中では病気による口臭についてを中心に紹介しましたが、
やはり口臭は歯や舌の雑菌によって起こるものは圧倒的に多いものです。

特に、舌にべっとりと付いた細菌の塊、舌苔によるニオイはかなり強烈なので、
歯磨きだけではなく舌磨きも習慣にすることをおすすめします。
舌磨き用のブラシもあるので、優しくケアしましょう。

こちらに舌磨きの方法を紹介した動画があるので、ご覧ください。

現代人の中には、どれだけ親しい人でも口臭だけは許せないという人が多いようです。
ですから、口の中も体の中も健康な状態にして、キレイな息を維持したいものですね。