こむら返りとは、「足がつる」ということですが、
これが肝臓心臓腎臓の病気と関係しているということを知っていましたか?

「よく足がつるけれど、大丈夫かしら?」と心配になる方もいるでしょう。

そんな方のために、こむら返りと肝臓・腎臓・心臓疾患との関係について紹介していこうと思います。
予防法も紹介していきますので、ぜひチェックしてみてください。

肝臓に疾患があると足がつる?

肝臓解毒する働きのある場所なので、身体に悪いものが取り込まれたり、
肝臓に疾患があったりすると、足がつる症状が起こります。

また、肝臓に疾患があるときには足がつるほかにも
手のひらが黄色くなり黄疸がでることや、
手足の冷えめまい疲労感などが症状として現れます。

肝臓に疾患が現れる原因として、ウイルスアルコール遺伝が考えられています。
最近では、アルコールによって肝障害を起こすという方が増えているので、
お酒の飲み方に気をつけた方がいいかもしれません。

足が頻繁につるようなことがある場合は、
肝臓疾患の中でも肝硬変が疑われる場合があるそうです。

こむら返りがよく起こる場合には、腎臓機能低下も疑われる!

こむら返りが起こる原因として、筋肉の異常収縮が考えられるのですが、
この原因はナトリウムカリウムイオン調整機能が低下していることです。

これらのイオン調整を行っているのが腎臓ですから、こむら返りが起こる要因として、
腎臓機能の低下が疑われるのです。

腎臓機能の低下が起こると、こむら返りが起こるだけでなく
尿にタンパクが下りたり血尿が出たり、むくみがひどくなったりします。

これは腎臓機能低下により、イオン調整ができないだけでなく、体内の水分や塩分、
栄養のバランスを調整できなくなったり、ビタミンDを生成できなくなってしまったりすることが原因です。

足がよくつるというときには、尿や血圧、顔のむくみなどをチェックして、
腎臓機能が正常かどうかを確かめることが大事だと思います。

心臓病もこむら返りに関係している?

実は、心臓病もこむら返りと関係があると考えられています。
こむら返りが起こる原因の1つに、「血流が悪くなっている」ということがあります。

また、心臓病を引き起こす動脈硬化も血流が悪く、
血液がドロドロになって血栓ができることに関係しています。
そのため、こむら返りは心臓病の兆候の1つであると考えられるのです。

また、心不全心筋症心筋梗塞などの病気から不整脈が引き起こされると、
血液が体中に行き渡らなくなってしまうようなことが起こり、こむら返りに繋がることもあります。

ただ、足がつっているだけだからと軽く考えないで、
こむら返りが続くときには、病院で診てもらうといいと思います。

不整脈についてはこちらの記事もご参考に!

閉塞性動脈硬化症の症状の1つに「こむら返り」がある!

閉塞性動脈硬化症は、足の血管の動脈硬化が進んでしまうことによって、
血管が細くなったり詰まってしまったりして、血流が悪くなってしまう病気のことです。

この病気によって、血流が悪くなり、こむら返りが引き起こされることがあります。
最悪の場合、歩行困難下肢の壊死などになってしまうことがあります。

閉塞性動脈硬化症の場合、
足の冷え安静時の痛み、頻繁に起こるこむら返りというような順番で症状が出てきます。

また、たばこを吸っていたり、血圧が高かったりする場合も、
閉塞性動脈硬化症を引き起こしやすいので、同じような症状が出ている場合には、病院で診察を受けましょう。

こむら返りがよく起こるときは内科を受診しよう

こむら返りの原因として考えられる、肝臓疾患腎臓機能低下心臓病
閉塞性動脈硬化症というのは内科を受診するといいでしょう。
内科を受診してみて、内臓や血管に異常がないときには、神経内科を受診してもいいと思います。

また、こむら返りの治療には、筋肉を和らげる薬抗不楽薬などの薬を使うことがあります。
他にも、マッサージによって治療することもできるので、紹介しておきます。

さらに、市販薬でもコムレケアというこむら返りの薬があります。

漢方の芍薬甘草湯エキスが配合されています。
https://twitter.com/webfield8073/status/789979010373529600


実際に使っている方も、効果を実感しているようなので、試しに使ってみるのもいいかもしれません。

重大疾患にならないためにはできることってあるの?

今回紹介してきたような、こむら返りの原因となるような重大疾患にならないためには…

  • ストレスを溜めない
  • バランスのよい食事を心がける
  • たばこやお酒を控える
  • 適度に運動をする
  • 水分をこまめに取る

など、日頃からできるようなことがたくさんあります。
これらのことに気をつけて、重大疾患を予防しましょう。

まとめ

  • こむら返りは肝硬変の疑いがある
  • 腎臓機能低下で体内のイオン調整ができないと、こむら返りが起こることがある
  • 心臓病や不整脈、閉塞性動脈硬化症によって、血流が悪くなることでもこむら返りが起こる
  • こむら返りが頻繁に起こるときは、まず内科にかかるといい
  • 重大疾患の予防には、食生活や、生活習慣の改善が大切である

今回は、このようなことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

「こむら返り」は足がつるということですが、重大疾患が隠れていることもあるので注意が必要です。
あまりにもこむら返りがひどいときには、病院で調べてもらうと安心ですね。