立ち上がった時にめまいがするという症状を感じた事ありませんか?
そういう症状がよく続く場合、起立性低血圧かもしれません。

起立性低血圧とはいったいどういう症状なのでしょうか?
また、その原因は一体なんなのでしょうか?

起立性低血圧とは?

2016-02-12b-2

起立性低血圧とはどういったものなのでしょうか?
起立性低血圧は読んで字のごとく、
立った時に血圧が急激に下がってしまうことをいいます。

立った時に急激に血圧が下がることで体にはどういった影響が起きてしまうのでしょうか?

血圧が急激に下がってしまうことで、脳に届くはずの血液が減少してしまい、
体にはめまいや失神といった症状が起きてしまうのです。

具体的な起立性低血圧の症状としては、めまいや失神だけではなく、
全身の倦怠感やうつのような症状、
動悸や頭痛、さらには食欲がなかったり集中力が低下したりなどがあります。
また、長い間立っていられないような症状も出てくる可能性がありますよ。

起立性低血圧の原因は、交感神経と副交感神経?

では、どうして起立性低血圧になってしまうのでしょうか?
起立性低血圧になる原因は、自律神経と関係があります。

自律神経は、私たちが無意識のところで
体の調子を整えてくれている器官で、交感神経と副交感神経からなっています。

この自律神経は、体の調子をととのえてくれる働きをしてくれますが
その働きのひとつに血圧をととのえるということもあります。

普段私たちが生活している間に血圧を意識していることはほとんどありませんが、
起き上がったり立ち上がったりする時には、
自律神経が心臓を早めに動かすようにすることで血流を多くしています。

一方、下半身では血流を下げるという調整をして、
脳の血圧が一定になるように維持しているのです。

ですが、交感神経と副交感神経のバランスが崩れ自律神経自体が乱れてしまうと
無意識化での血圧のコントロールが出来なくなり、
脳の血圧が一定に保たれなくなってしまうので、めまいなどの症状が起きてしまうのです。

起立性低血圧にならないためには?

起立性低血圧にならないためには、低血圧にならないようにすることと
自律神経が乱れないようにすることが大切ですよね。

まず低血圧にならないようにするには、運動が肝心です。
特に足に筋肉をつけることで、
血液を全身にポンプしてくれる働きが考えられるのです。

また、女性の場合、ストッキングなどで足を締め付けるというのも予防になります。
足を締め付けることによって血液が全身に巡りやすくなるための効果的ですよ。

また、自律神経をととのえるのに大切なのは、まず生活の見直しです。
日々のストレスが自律神経の乱れになることは多いです。

ストレスを解消する方法を見つけ出したり、
リラックスできる空間を作ったりすることが自律神経を普段からととのえておくには効果的ですよ。

起立性低血圧に良い食べ物はある?

起立性低血圧になってしまった場合、
その症状を改善するためにできることはあるのでしょうか?

また、それが食べ物だと生活に取り入れやすいですよね。
起立性低血圧に良い食べ物はどういうものなのでしょうか?

起立性低血圧に良い食べ物

牛肉やいわし、豚肉
いわしや赤身の牛肉や豚肉には、良質なたんぱく質が含まれています。
たんぱく質は、筋肉や血液をつくるために欠かせないものだからこそ、
毎食にどれかしらのたんぱく質は取り入れてほしいです。

さらには、いわしや牛肉、豚肉にはコエンザイムQ10が含まれています。
美容で注目されてしまうことが多いコエンザイムQ10ですが、
実は心臓の収縮力を高め、ポンプする力をアップしてくれるのです。

納豆
納豆は、体に良い食べ物であることは有名ですが起立性低血圧にもよい食べ物です。
良質なたんぱく質である上、
血液をつくるためには欠かせない鉄分も豊富に含まれています。
さらにはビタミンなどもバランスよく含まれていますよ。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

こんなにも体にいい納豆ですが、苦手な方って多いと思います。
そんな場合はサプリメントでも納豆の栄養分を摂取することができます。
納豆が好きでも臭いを気にして食べられない日でもサプリは便利ですね。

ナットウキナーゼサプリのお探しはこちら

まとめ

起立性低血圧は、立ち上がる際などにめまいや失神が起きてしまいます。
さらには、うつのような症状が起きてしまうことから
職場や学校などに行けなくなってしまうことがあるほどです。

起立性低血圧は、自律神経が深く関係しており
自律神経の交感神経と副交感神経のバランスが崩れてしまうことで起立性低血圧になってしまいます。

特に女性や高齢者、妊婦さんはなりやすいとされているので
普段から予防を心がけ食生活にも気を付けてみてくださいね。