実はそもそも機能性胃腸症自体が糖尿病の影響によって起きる事が知られています。
糖尿病の患者さんは食後の高血糖に合わせてインスリンを射ちますが、
糖尿病によって機能性胃腸症を起こしている場合、
食後もあまり血糖値が上がらずにインスリンが先に作用して低血糖になってしまう事があるのです。

血糖値はどんな時に上下するのか

2016-01-29b-2

まずは血糖値について考えましょう。
血糖値というのはそのまま血液の中に含まれる糖、つまりブドウ糖の量の事です。

ブドウ糖は人間の身体を動かすエネルギー源であり、
必要な物ですが、量が多くなりすぎると身体に悪影響を与えます。
つまり栄養過多な状態になって血液が固まりやすくなってしまうのですね。

もちろん身体はそんな事にならないように血糖値が高くなると
調整しようとインスリンを分泌します。
そうすると今度は血糖値が急激に下降します。

ここで分かると思いますが、
糖尿病ではない普通の人の場合でも、食後多くの糖を吸収すると、
それを下げる為にインスリンが分泌され、血糖値が急激に下がります。

そう、食後は普通の人でも低血糖になりやすいのです。
低血糖になると身体に栄養が足りなくなります。
とは言え、よほど急激な血糖値の上昇をしなければ
それほど急激に血糖値が下がる事はありませんが、
この落差が大きすぎると低血糖症となって意識を失う場合もあるので、くれぐれも食事には注意が必要です。

糖尿病と低血糖

糖尿病と言えば、多くの方は血中に糖が多く
ドロドロしている状態が続いている病気と思うのではないでしょうか?

実は糖尿病というのはインスリンによる
血中の糖の濃度の調整が上手く行っていない病気で、必ずしも血糖値が高いだけの病気ではありません。

普通血中の糖の濃度が上がって来ると身体は満腹を感じて食べるのを止めさせます。
その間にインスリンの分泌によってゆるやかに糖の濃度を下げるのですが、
糖尿病の場合、常に血糖値が高い状態が続く事によって
満腹であるとの判断が出来なくなってしまい、インスリンの分泌が上手く作動しなくなります。

また、血糖値に問題が無くとも
インスリンの分泌機能が上手く作動しないという人もいて、
この場合も血糖値のコントロールが出来なくなってしまい、
食後に血糖値が上がりっぱなしになってしまうのです。

そこで血糖値が上昇する状態に合わせてインスリン注射によって
外部から調整を行うのがインスリン療法です。

しかし、本来血糖値が上がるはずの時に血糖値が上がらないまま気付かずに
インスリンを射ってしまうと血糖値が下がりすぎてしまうという状態が発生してしまいます。

機能性胃腸症とは

機能性胃腸症とは、なんらかの理由で胃腸の機能が上手く働かないという症状です。
昔は胃腸炎として分類されていましたが、
炎症を起こしたりする訳ではないので分けて考えられるようになりました。

この機能性胃腸症の原因は色々あります。
ストレスなどによる自立神経失調症などもこのような内臓の機能不全を引き起こす事で知られています。

更には前述した通り糖尿病もこの機能性胃腸症を引き起こす病気として知られています。
糖尿病は身体全体に不調を来す病気であり、その為内臓の機能も低下しがちです。

その結果として機能性胃腸症を引き起こし、
その機能性胃腸症で糖の吸収が思うように進まず、
連鎖的に食後の血糖値の上昇に備えて射たれたインスリン注射によって
低血糖を引き起こしたりする訳です。

糖尿病と関係ない機能性胃腸症の場合は、消化吸収が上手く行かず、
栄養摂取がきちんと出来ずにどんどん体力が低下する事になります。


なかなか辛い病気です。

低血糖になりやすい食事

実は低血糖になりやすい食事傾向という物があります。
それは炭水化物過多の食事です。

炭水化物が過多の食事を摂ると食後一気に血糖値が上がり、
それに反応して大量にインスリンが分泌されます。

結果として血糖値が短時間に一気に下がり低血糖化するのです。
パン類や麺類などのみの食事などが炭水化物過多の食事に当たりますね。

これらの炭水化物過多の食事の後に酷く眠くなるという場合は
低血糖を起こしている可能性があります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

炭水化物を接種することにより、低血糖を予防できるそうです。
いつものおやつをナッツなどに変えるだけ。
2〜3時間ごとに少し接種するといいそうですよ。
アーモンドのお求めはこちら

このように低血糖症になりやすい方は食習慣に偏りがある場合が多いと言われていて、
なので必要栄養素が欠乏している事があり、
なんらかの欠乏症になりやすいという心配があるようです。


炭水化物の摂り過ぎを止めるのも大事ですが、
その分摂取していない栄養素の含まれた食事を増やす必要もあるのです。