久しぶりの運動によって筋肉痛になってしまったらアミノバイタルの使用がオススメ!
辛い筋肉痛を回復させるためには良質なアミノ酸を補給する必要があるということを学ぼう!

筋肉痛が二日後にきたらアミノバイタルでアミノ酸を補給して回復を早める事が大切。
筋肉痛と上手に付き合うために必要な知識を身に付けて効果的に筋肉痛を解消しよう

筋肉痛が二日後にくる原因とは

2015-06-27-1b

10代や20代前半のころは激しい運動やトレーニングをした後、
すぐに筋肉痛を発症していたと記憶している人は多いかと思います。

しかし、20代後半から30代を迎えてからは年齢を重ねるごとに翌日、
もしくは二日後に筋肉痛がくるようになります。
この時間差については誰もが体験する現象ですが、
一般的には身体の老化が原因だと誤解している人が大半を占めています。

通常、筋肉痛はその部位に高い負荷を与える事によってすぐに引き起こされます。
若い頃であれば全力で肉体の限界に挑戦したり、
敢えて高い負荷を求める傾向があるので筋肉痛は起こりやすいのですが、
年齢を重ねていく内に人の身体は無意識的に高い負荷を避けるようになります。

もちろん、加齢によって筋力が衰えているというのも理由のひとつとして考えられますが、
基本的には若い頃よりも力をセーブするようになった事
筋肉痛が遅れて発症する原因だと考えられています。

そのため、もしその日の内に筋肉痛を味わいたいのであれば、
通常よりも高い負荷を筋肉に与える運動やトレーニングを行う必要があるというわけです。

つまり、年齢を重ねてトレーニングをしても二日後に筋肉痛が来た場合は
負荷が足りないと考える必要があります。

もしトレーニングをしっかり行ったという実感を得たいのであれば、
トレーニング後すぐに筋肉痛が現れるくらいの負荷を筋肉に与えることが大切です。

筋肉痛が辛いと感じた場合の対処法

2015-06-27-1c

トレーニングをしっかり行ったという実感を得る事にも繋がる筋肉痛ですが、
中にはこの筋肉痛が辛いと感じる人も多いかと思います。

通常、筋肉痛はトレーニングによって筋肉に乳酸が溜まり、
本来は中性である筋肉が酸性へと変化することによって炎症が起きたり痛みが発生すると考えられています。

そのため、まずは炎症や痛みの原因となっている乳酸の排出を促すことが筋肉痛の早期解消に繋がります。
乳酸の排出を促すためには、血行不良を避けるために軽めの運動でクールダウンを図ることが重要となります。

トレーニング後に軽めの運動でクールダウンを図る事で、血流を促進して乳酸の排出が促されます。

また、筋肉痛が辛いと感じたらお風呂に入って筋肉を温め、
末梢血管を広げる事によって痛みを軽減することが出来ます。

また、最近の研究ではトレーニング後に筋肉痛を発症した際、
アミノ酸を身体に補給する事によって筋肉の回復を早められることが分かっています。

アミノ酸は筋肉に含まれるタンパク質の分解を抑制する効果があるため、
トレーニングによって損傷した筋繊維を修復する際に行われる
筋肉の自給自足を抑制し、筋肉痛の発症を抑える効果が期待できます。

そのため、トレーニング後はアミノ酸をたっぷりと含んだ食事、
もしくはサプリメントなどを飲用する事で筋肉痛の回復を早める事が可能となります。

筋肉痛にはアミノバイタルがオススメ

先に述べたとおり、筋肉痛の早期回復にはアミノ酸の補給が必要不可欠となるわけですが、
オススメのサプリメントとしてはアミノバイタルが挙げられます。

アミノバイタルはさまざまなシリーズのサプリメントが発売されていますが、
一番高い効果が期待できるのはアミノバイタルプロです。

アミノバイタルは一般的なドラッグストアでも販売されているので
比較的、手に入れやすく価格もリーズナブルなので求めやすいといったメリットがあります。

また、アミノバイタルのサプリメントシリーズには水が無くても
簡単に飲めるタブレット型の製品もあるので、
持ち歩きの利便性を考えるのであればタブレット型のアミノバイタルもオススメです。

ちなみにタブレット型の場合、インターネットの通販で購入すれば
120粒入りで約2500円前後で購入することが出来ます。