突然始まる咳に呼吸さえままならなくなる気管支炎
寝る前などに始まってしまうと眠る事も出来ず辛いものです。

そんな突然の気管支炎を抑えるのにエッセンシャルオイルが有効と言われています。
気管支炎は下気道に炎症が起こってそれによって咳の衝動が生じるので、
その炎症を抑える事が出来れば咳は止まります。

エッセンシャルオイルにはいくつかそのような炎症を抑える効果のあるものが有り、
蒸気で吸い込む事によって、より良い形で効き目を表すことが出来るのです。

気管支炎とはどんな病気?

2015-07-13-2b

気管支炎とは下気道に炎症が生じる事によって起こる症状を言います。
下気道とは喉頭より奥の気道の事です。

この下気道とは逆に、上気道で炎症が起こると風邪と呼ばれます。
上気道とは鼻や鼻腔、喉頭の手前の気道の事です。

つまり簡単に言うと喉の奥が腫れた場合が気管支炎となります。
気管支炎の原因は主にウイルス細菌などです。

ライノウイルスアデノウイルス、マイコプラズマなど
によって炎症が引き起こされるのです。

これらの治療についてはほとんどのウイルスは対症療法で、
細菌は抗生物質による治療となります。

どちらにせよ、咳そのものについては咳中枢を鎮めたり、
気管を拡張したりする薬を使います。

これらの薬にはある程度の副作用が伴いますので
これらを避けたい人もいるようです。

気管支炎に効果があるエッセンシャルオイルとは

エッセンシャルオイルは自然の植物から抽出されるエッセンスを元としています。
多くの植物は我が身を守るために殺虫効果殺菌効果を持っています。

また、生物との関わり合いの中で様々な薬効を持つ事となった植物があります。
その為、その香りには様々な効能があるのです。

そんなエッセンシャルオイルの中で気管支炎に効果があると思われるのは
消炎作用、殺菌作用を持つ物です。

いくつか種類があるので代表的な物を紹介しましょう。
エッセンシャルオイルの中で特に効果が高いと言われているのがティートリーです。

ティートリーはオーストラリア原産の植物で、
オーストラリアの原住民族だったアボリジニー
これを傷などの治療薬としても使っていたとされています。

他にもいくつかありますが、
ティートリーが代表的なエッセンシャルオイルと言って良いでしょう。

咳の症状についてはこちらの記事もご参考に!

エッセンシャルオイルの使い方

エッセンシャルオイルの手軽で安全な使い方としていくつかの方法があります。
あまり専門的な道具を使わない物を2つ程ご紹介します。

仕事場やお出かけ先で手軽に利用出来る方法にハンカチなどを使った芳香浴があります。
これはハンカチやポケットティッシュなどに
利用したいエッセンシャルオイルをそのまま1滴から2滴程落としておくというやり方です。

これを持ち歩けばどこででも手軽に香りを吸入する事が出来ます。
次に吸入法として優秀な蒸気浴でマグカップを使う方法が手軽です。
沸騰から少し置いたぐらいのお湯をマグカップに入れ
1滴から3滴のエッセンシャルオイルを垂らします。

この時昇ってくる蒸気を、カップに鼻と口を付けて十分に吸い込みます。
これによって気道にこのエッセンシャルオイルを含んだ蒸気を導き
患部を殺菌し、炎症を癒やすのです。

これは寝る前などに行うと特に効果があるでしょう。
これらの方法をエッセンシャルオイルの特性に合わせて使い分け
気管支炎喉の調子が悪い時に使うと効果的です。

エッセンシャルオイルを日常に使う

2015-07-13-2c

エッセンシャルオイルは何も調子が悪い時だけに使う訳ではありません。
むしろ、日常的に好みの香りを嗅いでリラックス効果を得たり、
集中力を高めたり、疲れを癒やしたりするのに使うのが一般的でしょう。

日常使いで人気があるのが
ラベンダー、ローズマリー、グレープフルーツ、イランイランなどです。

まず、ラベンダーリラックス効果で知られています。
その他にも神経や精神を鎮める効果があるとされています。

ローズマリー新陳代謝促進、記憶力アップなどの効果があります。
グレープフルーツは最近人気がアップしている香りでズバリダイエット効果があります。

そしてイランイランはゆったりとした幸せを感じ、不眠を解消すると言われています。
そんなエッセンシャルオイルの利用でなによりも大切なのは、自分が好きな香りを見つける事です。

好きな香りを嗅ぐ事で様々な効果が得られるのですから、
こんな素晴らしい事は無いですよね。