季節の変わり目に風邪を引く人は多いですよね。
とはいえ、インフルエンザのような重たい症状ではなく、
咳や鼻水ぐらいで症状がおさまるという場合も多いです。
ですが、そんな軽い症状の風邪の時にが聞こえづらくなるという症状が出たことありませんか?

そんなに気にしなくても、もしかしたらそれが病気になってしまう可能性があります。
風邪で耳が聞こえづらい場合、
どういうことが起きていてどんな病気になってしまうかということを詳しくみていきましょう。

風邪で耳が聞こえづらいのはなぜ?

2015-10-29a-1

風邪の症状は、咳や鼻水、鼻づまりが代表的ですよね。
風邪で耳が聞こえづらくなるのはこの鼻づまりが原因です。
というのも、鼻は耳とつながっています。

鼻づまりが起きている状態は鼻の粘膜の部分が腫れている状態のこといい、
粘膜部分だけでは、なく耳とつながっている部分が腫れてしまうことがあるのです。

鼻と耳がつながっているところは、空気が出たり入ったりする場所だからこそ、
その部分が腫れてしまうことで通りが悪くなり、
結果的に聞こえづらいという症状が起きるのです。

ただ、基本的には鼻づまりつまり鼻の粘膜の腫れが原因なので、
鼻の粘膜の腫れがひけば同時に耳部分の腫れもなくなり耳が聞こえづらいという症状はなくなりますよ。

中耳炎の可能性

風邪がひいても耳が聞こえにくい状態が続く場合、病気になっている可能性があります。
その病気の可能性についてもご紹介していきます。
まず考えられる可能性のひとつが中耳炎です。

子供の頃などによく中耳炎になる、
という場合も多いですが、大人だからと言って中耳炎にならないわけではないです。
中耳炎は、耳の鼓膜の部分に着んが入ってしまうことで炎症を起こします。

炎症によって鼓膜で膿や水がたまってしまうのです。
これは、風邪のウイルスが鼻から耳の鼓膜部分にまで到達して炎症を起こしてしまう可能性があるためです。
大人は、子供に比べて耳管という部分が長いので子供ほど中耳炎になる可能性は低いですが
それでも絶対にならないという保証はないので、気を付けましょう。

耳が聞こえづらい+耳の痛みを感じた場合には、中耳炎の可能性が高いですよ。

耳管狭窄症の可能性

風邪で耳が聞こえづらい場合の病気でもうひとつ耳管狭窄症というものがあります。
中耳炎のようにあまり耳にしない病名ですよね。

風邪で鼻水が出ることで、それを頻繁にかみすぎると耳の中に圧力がかかってしまいます。
その圧力によって耳に炎症が起きてしまうのです。
通常、耳は圧力を調節することが出来るのですが炎症によって調節する力が弱くなってしまい、
耳が聞こえづらくなってしまうのです。
中耳炎のように耳の痛みはないので、わかりにくいですがこれも病気の1つなのです。

耳が聞こえづらくならなくなるために

ただ耳が聞こえづらいだけではなく耳の病気になってしまっては大変ですよね。
そうならないためにも耳が聞こえづらくならないようにすることが大切です。

予防法1 温かい飲み物

温かい飲み物の湯気を吸う、
お風呂に入るなど温かい空気によって鼻の粘膜の腫れがひくことがわかっています。
風邪の間はなかなかゆっくりと湯船に入ることはできないと思うので、
温かい飲み物をゆっくりと湯気を吸うようにして飲んでみましょう。

この場合、湯気で鼻の通りを良くするだけでなく、
体の芯から温めてくれる生姜入りの飲み物がオススメです。

予防法2 蒸しタオル

温めるということが、鼻の粘膜の腫れをおさえてくれる方法ですが、
その方法のひとつに蒸しタオルがあります。
蒸しタオルで鼻を覆ってあげることで、
鼻が温まり粘膜の腫れがひくのです。

蒸しタオルは、水で濡らしたタオルを50秒〜1分ほどレンジでチンするだけで作ることができますよ。

予防法3 軽い運動

体を簡単にでも動かすことも鼻の粘膜に効果的です。
もちろん風邪の間に運動することはなかなかできないですが、簡単なストレッチならできますよね。
10分程度のストレッチでいいので、布団の中でもやってみてください。

まとめ

2015-10-29c-1

ただでさえ風邪で体調が悪いにも関わらず、
耳まで聞こえづらくなってしまっては本当につらいものですよね。

基本的には風邪がおさまれば耳の聞こえづらさもなくなりますが、それでも治らないという
場合には、中耳炎や耳管狭窄症という病気の可能性があります。
病気が重症化すれば風邪どころではなくなってしまうからこそ、
風邪の後も耳が聞こえづらいという時にはすぐに耳鼻科を受診するようにしてくださいね。