関節痛では、一般的に温めて血行を良くするのが効果的と言われていますが、
実は冷やした方が良い場合もあるのだとか?

でも、効果は全く逆なので正しく行わないと
折角、関節痛が良くなるようにとしていたことで症状が悪化する事もあります。

関節痛の原因

2015-08-15b-1

朝起きた時や長時間同じ姿勢でいた後、歩いた後などに、ひじやひざ、
指の関節が動きにくく感じたり痛みを感じて、特に寒い時期には、
関節のこわばりや痛みが強く感じられる事はありませんか?

こうした、関節のこわばりや痛み、腫れが感じられる時は、
関節に炎症が起きている可能性があります。

関節痛(関節炎)は、変形性関節症関節リウマチ、過度の運動による間接障害等、
様々な原因で起こります。

どうして関節痛が起きるのか、原因を知らないまま湿布薬等で
一時的に痛みを抑える自己治療を行う事で、時に症状が悪化する可能性がありますので、
関節に痛みや腫れ、こわばりなどの違和感を感じたら、
原因を知った上で治療や予防を行う必要があります。

変形性関節症

老化により関節が変形することで起こる、関節痛の事を「変形性関節症」と言います。
関節はスムーズな動きをする為に軟骨がクッションの役割をしています。
その軟骨が加齢と共にもろくなり、擦り減ったり欠けたりして、周囲に炎症を起こします。

最も起こりやすいのはで、関節痛の原因で一番多いものです。

はじめは、湿布薬を貼るなどすると痛みは治まりますが、
関節の軟膏が擦り減ったりして起こるので、元に戻る事はありません。

症状は徐々に悪化していきますので、関節に違和感を感じたら、早めの受診をお勧めします。

スポーツによる関節障害

中高年の場合、加齢により関節の軟骨がすり減り、
軽度の変形性関節症を起こしている可能性があります。
その為、中高年からスポーツを始めると、激しい運動でなくても、
関節に負担が掛かってしまい、関節の周囲が炎症を起こす事があります。

また、ねん挫なども関節痛の原因になりますので、関節に違和感を感じたら、
数日はスポーツを控えて、様子を見るようにして下さい。

関節リウマチ

関節リウマチは、変形性関節症と並ぶ関節痛の原因となる疾患です。
同じ様関節痛が起きますが、関節リュウマチの原因は、自己免疫疾患だと云う事です。

体内に侵入する細菌などを防ぐためにある免疫機能が、
過剰に働いてしまい自分の身体を攻撃してしまう「免疫異常」を起こします。

この「免疫異常」は身体に様々な影響を与えますが、その一つに関節に症状が現われる
関節リウマチがあります。

病状が進行すると関節が変形して、強い痛みに苦しめられてしまいますので、
早期発見専門治療が必要になります。
関節リウマチの患者の7〜8割は女性で、これは関節リウマチに
女性ホルモンが関係している為と考えられています。
年齢は30〜50代に発症しやすいです。

原因不明の微熱倦怠感が続いたり、手足の「指」にこわばりや痛み、
腫れを感じる等の症状は、関節リウマチの症状の特徴でもありますので、
一度リウマチの専門医に診察して貰う事をお勧めします。

関節痛についてはこちらの記事もご参考に!

時間経過で、関節痛の対処方法を変える

打撲ねん挫などは時間の経過によって温める冷やすかが変わります。
同じ様に関節痛も時間の経過によって変えた方が良いと言われています。

通常、関節痛の場合は、患部を温めて血行を良くして、
痛みを軽減したり関節を柔らかくします。
これは、慢性的な関節痛の場合や痛みが出てから時間が経過している時に有効な方法です。

しかし、炎症を起こしていて、急に痛みが出たり、患部が熱を持つなどの場合は、
まず、患部の熱を取る事が効果的と言われています。

これは、熱や炎症がある時に温めると、血行が良くなることで、
かえって症状が悪化する可能性があるからです。
ですので、慢性的な痛みや持続している痛みの時は患部を温めて
急な痛みや炎症の時は冷やして患部を落ちつかせます。

こういったものを持っていると便利ですよ。
温める、冷やす、用途によって中身をいれかえるだけでどちらにも対応できます。

ですが、あまりにも酷い痛みが続くような場合には、
専門の医師に相談する事をお勧めします。
関節炎で悩まれている方は世界中にいて、様々な民間治療がありますが、
コレはどうなのでしょうか?

私は、逆に体調もお肌も悪くしそうで、入る勇気は出そうにありませんが、
皆さんは如何でしょうか?