女性はどんな年齢になっても美しくありたいものです。
ですが、年齢によって肌には変化が出てくるもの。

30〜40代で肌の悩みとして増えるのが、肝斑です。
CMなどでも目にすることがありますが、
肝斑とは具体的にどういったものなのでしょうか?

また、肝斑が出来てしまった場合にはどのようにしたらよいのでしょうか?

肝斑とは?

2016-02-04a-2

女性であれば気になる肝斑。
具体的にどういうものなのでしょうか?

肝斑は、肝斑という名前がありますがシミの種類のひとつです。
シミではありますが、シミのような現れ方ではなく肝斑の特徴があります。

肝斑の特徴は、形がしっかりしておらずぼやっとした感じで広がっていきます。
さらには、そのぼやっとしたシミのようなものが
左右対称に同じような大きさで出来てしまうことも肝斑の特徴ともいえます。

肝斑が出来てしまう理由として、
シミの一種のため紫外線が原因で出来ることもありますし、
肝斑は女性ホルモンとも深い関わりがあります。

女性ホルモンのバランスが崩れることによって
肝斑が出来たり増えたりすることがわかっています。
妊娠や出産、経口避妊薬などがきっかけで
肝斑が出てきてしまったり濃くなったりするのです。

肝斑はどこにできやすい?鼻の下にも出来る?

シミはどこに出来るというのが決まってしませんが、
肝斑はできやすい場所というのがあります。

一番多くみられるのが、顔の頬骨の部分です。
頬骨の部分に、ぼやっとしたシミのようなものがあれば肝斑である可能性が高いです。

また、頬骨に見られることが多い肝斑ではありますが頬骨以外にもできます。
おでこに出来ることもありますし、鼻の下にも出来ることも。

特に鼻の下に出来ると、
鼻の下がぼやっと暗くなるためにパッと見ると髭のように見えてしまうこともあります。

肝斑は、出来る場所やその大きさ濃さによって
顔の印象にも影響を与えてしまう可能性があるのです。

肝斑は治療で治す?

皮膚科や美容外科などで診察してもらい、
肝斑だと診断してもらえば治すための治療をしてもらえます。

シミの場合、レーザーで治療するという方法がとられることも多いですが
肝斑の場合は、症状が悪化する可能性もあるのでレーザーは推奨されていません。

肝斑の場合は、内服薬や外用薬による治療がメインとなります。
内服薬として処方されるのが、トラネキサム酸です。

化粧品などに含まれていることもありますが、
トラネキサム酸は、シミの原因ともなるメラニンを抑制してくれるのです。

そのため、肝斑の予防にもなりますしすでにできてしまった肝斑にも効果的なのです。
さらに外用薬には、ハイドロキノンやトレチノインといったものが処方されます。

ハイドロキノンやトレチノインはシミの治療としてもよく使われるものですが、
ハイドロキノンは、メラニンを作ることを阻害する働きがありますし、
トレチノインは肌のターンオーバーを早めてくれるので、
肝斑やシミの原因となるメラニンを排出してくれる働きがあるのです。

治療以外の肝斑改善方法

とはいえ、肝斑が出来ても病院へ足を運ぶということがなかなかできないこともありますよね。
そういった場合、肝斑を改善する方法はあるのでしょうか?

美容液の成分

自分で肝斑を改善したいという場合には、
普段使っている基礎化粧品を見直してください。
トラネキサム酸、ハイドロキノン、トレチノインといった成分が含まれている
化粧水や美容液があるので、そういったものを使うようにしてみてください。

規則正しい生活

バランスの取れた生活、しっかり睡眠をとるなど
当たり前のような規則正しい生活というのは意外に難しいものです。
ですが、不規則な生活は知らない間に体にストレスを与え
ホルモンバランスを崩している可能性があります。
ホルモンバランスの崩れが肝斑の原因にもなるために、
規則正しい生活を心がけることは大切なのです。

まとめ

2016-02-04c-2

肝斑は、女性を悩ませるひとつでもあるシミの一種です。
しかし、シミとは異なりぼやっと顔の頬骨あたりに出来、左右対称というのが特徴です。

ですが、頬骨だけではなくおでこや鼻の下にまで出来ることもあります。
鼻の下に出来てしまうと、
髭のように見えてしまうなど肝斑は顔に影響を与えてしまう可能性もあります。

そんな肝斑は、病院などへ行けば内服薬や外用薬などで治療することが
できるので、肝斑に悩んだら皮膚科などへ行ってもいいかもしれませんね。