爽やかな風が吹いていても、花粉が舞い散る季節では、
風邪に含まれている花粉に戦々恐々とするばかりです。

でも、お出掛けシーズンと花粉症シーズンって一緒なんですよね。
お灸サウナが嫌な花粉症に効果があるとの事、しっかり花粉対策をして、
楽しくお出掛けしたいのもです。

花粉症ってな〜に?


現在では、日本人の約25%花粉症を患っていると言われます。
では、花粉症とはどのような病気なのでしょうか?

花粉症は、スギやヒノキなどの植物の花粉により起こる、くしゃみや鼻水などの
アレルギー症状が出る病気の事です。
花粉の飛散する時期に発祥する為に季節性アレルギー性鼻炎とも呼ばれています。
日本では、花粉症を引き起こす植物は約60種類程あると言われています。

くしゃみや鼻水などのほかにも、目が充血したり痒くなったします。
その他にも喉や皮膚などに痒みが出たり、下痢や熱っぽい症状が出る事もあります。

花粉症は早めの対策が肝心

花粉症は一年中症状が出るわけではなく、アレルギーの元であるアレルゲンとなる花粉が
飛散(空気中に散らばり飛ぶ事)している時期に現われます。
ポピュラーな花粉症として春先から花粉が飛散して症状が出る「スギ花粉症」を例にして説明します。

花粉症は症状が出始めてから対応しても、症状を一時的に軽減する方法しかありません。
きちんと花粉症を対策するのならば、「冬」の時期に対策を行う事が大切になります。
では、どのような対策行うのかと言えば、花粉に対応出来る代謝機能の良い身体を作る事です。

代謝機能の良い身体を作るには、「適度な運動」「規則正しい生活」「バランスのとれた食事」が大切です。
それだけなのと思われるかもしれませんが、忙しい現代ではいざやってみると難しい事かも知れませんね。

免疫力・代謝機能をUPする「セルフお灸」

基本は生活習慣の見直しですが、それ以外にも花粉症対策に効果のある物はあります。
その一つがお灸です。

免疫力や代謝機能を高めるツボがあります。
基本は

  • 「掌丹田(てのひらたんでん)」
  • 「足三里(あしさんり)」
  • 「湧泉(ゆうせん)」

の三つです。

この3つのツボは左右ありますので、交互にお灸をします。

お灸は薬局で販売されています。
もぐさがずれないようにシールや台座があるものが使いやすのでお勧めです。
注意点として、お灸は基本はいつしても良いのですが、入浴前後の一時間は避けて下さい。

また、熱くて我慢できない場合は無理をせずに途中でも取り除いて下さい。
お灸のこうかは、一週間〜10日ほどで、体調の変化を感じられると思います。

花粉症についてはこちらの記事もご参考に!

サウナで身体を温めて代謝機能のUPを図る

サウナで身体を暖めると汗をかきます。
汗には体内の老廃物が混じっていますので、汗を大量にかくことで
体内の(毒だし:花粉含む)デトックス効果が期待できます。

ですが、デトックス効果よりも血液の循環がよくなり身体が温まる事で
免疫システム」が整う事が、最大の効用となります。

では、とにかく身体が温まれば良いのかと言えば、「そうではありません」
温まり過ぎても、足りなくても効果は期待できません。

体温が38度台の状態を5分、長くても10分までとする事が大切です。
つまり、汗がたらたらと流れだすようになってから5分と思って下さい。
一度クールダウンしてから、繰り返すとより効果的に免疫システムに良い効果が出ます。

家庭のお風呂等でも行えますが、サウナは湿度が低く「汗をかいてから5分」を守るのならば、
一番身体が温まり過ぎる危険が少なく、身体を温めて免疫機能代謝機能を向上させるのに効果的です。

ただし、炎症を起こしやすい敏感肌の人の場合は、
身体が温まる事で免疫機能が過剰に亢進してしまい炎症反応が起こる場合がありますので、炎症が現われる場合は中止して下さい。

まとめ

2015-08-28b-2

春先になると辛い症状が出てきて、花粉症対策をしておけば良かったと悔やまれる方も多いと思います。
花粉症は冬の時期にいかに対策をしているかで、出る症状が変わりますので、早めに対策を始める事をお勧めします。

また、お灸やサウナなどで代謝機能を高めて免疫機能を整える事は、
花粉症だけでなく他の病気にも効果がありますので、
花粉症だけでなく「病気に罹りにくい身体を作る」ことにも繋がりますので、トライされてみては如何でしょうか?