胸やけがする、胸に何かつかえているような感覚がある。
そういった人は、胃食道逆流症という病気かもしれません。
胃食道逆流症とはどういった病気なのでしょうか?

また、何が原因で起きてしまうのでしょうか。
さらには、胃食道逆流症の症状が出てしまった場合の応急処置方法などについてもご紹介します。

胃食道逆流症とは?

2016-01-28b-2

胃食道逆流症とはどういった病気なのでしょうか?
胃食道逆流症は、簡単にいうと胃などの酸が胃から食道へ逆流してしまうことで、
食道が炎症を起こしてしまう病気です。

とはいえ、普段胃や食道は私たちにとって見えない部分だからこそ
そういった状態が起きている時、どのような症状がでるのでしょうか。

症状は炎症が起きている場所によって変わってきます。
食道で炎症が起きている場合には、胸やけやげっぷをはじめ、
胸の痛みや胸に何かつかえているような感覚があります。

こういった症状を、定型症状といいます。
一方、胃食道逆流症でえも食道外で炎症が起きることがあります。

そういった場合には、声のかすれやのどの違和感、
中耳炎やぜんそくのような咳、虫歯などの症状や寝ている間の歯ぎしりや
睡眠時無呼吸症候群などが見られるようになります。

こういった症状は、非定型症状といいます。

基本的に初期症状は胸やけ。
胃から酸が逆流するので、寝ている時などに苦しくなり気づくこともあります。

胃食道逆流症は、自然に治るものではなく医師に相談して、
正しい治療をしてもらう必要があります。

なので、胸やけをはじめ、胸のつかえなどがあったら
すぐに病院で治療をしてもらうようにしてください。

胃食道逆流症の原因とは?

では、どうして胃食道逆流症になってしまうのでしょうか?
胃食道逆流症は、胃から胃酸などが食道へ逆流して
炎症を起こしてしまう病気ですが、どうして胃酸などが逆流してしまうのでしょうか?

実は明確な原因というのはまだわかっていません。
ただ胃食道逆流症になる人の多くは
ストレスを抱えていたりかなり疲れている状態であったりなど、
心や体が疲れている場合が多いことがわかっているので
そういった心や体に負担がかかりいすぎている場合になってしまうのではないかとされています。

胃食道逆流症が起きるメカニズムとしては、
まずは下部食道括約筋の働きが悪くなっていることにあります。

そもそも食道と胃はつながっていて、
胃酸は逆流しやすいのですが下部食道括約筋という筋肉が、
食道と胃の間でふたのように胃酸を逆流させないようにしてくれているのです。

それがストレスなどの理由から働きが悪くなると、
胃酸の逆流を防げなくなってしまうというわけなのです。

また、胃酸が過剰に分泌されている胃酸過多という状態も
胃食道逆流症を引き起こす可能性があります。

胃酸が過剰に分泌されている状態でげっぷをしてしまうと、胃酸は逆流してしまうのです。
さらに、食道が過敏になっている状態でも胃食道逆流症の症状を起こすことがあります。

食道がストレスなどから過敏な状態になっている時に、
胃酸が少しでも逆流すると通常では胸やけなどを感じないのに感じてしまうということもあるのです。

胃食道逆流症の応急処置は?対処法はどうする?

胃食道逆流症は、病院で診てもらい治療してもらうのが一番です。
ですが、急に胃食道逆流症の症状が出てしまった場合の応急処置の方法はあるのでしょうか?

その方法は意外に簡単です。
それが、「唾液を出す」ということ。

唾液はアルカリ性の性質を持つので、
炎症を起こす酸性の胃酸を中和してくれる働きがあるのです。

唾液を出す方法としてはガムをかんだり飴をなめたりするだけでOKです。
胃食道逆流症の人は、いつでもガムや飴を持ち歩くことをおすすめしますよ。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また、日ごろからヨーグルトや牛乳を口に入れることを意識するのもおすすめです。
ヨーグルトや牛乳は唾液を増やしてくれるだけではなく、
食道の粘膜を保護してくれるので胃酸の刺激から食道を守ってくれるのです。

ヨーグルトのお探しはこちら

胃食道逆流症の予防法

胃食道逆流症は、その症状のつらさはもちろんですが酸の逆流によって
なかなか寝付けないということもあります。
そういったことが起きないように、胃食道逆流症の予防法はあるのでしょうか?

胃食道逆流症の予防

暴飲暴食しない
暴飲暴食をすると胃酸が過剰に分泌されやすくなってしまいます。
つまり胃食道逆流症をおこしやすくなるので、
日常から腹八分目を意識して食べるようにしてください。

食事の脂に気を付ける
肉の食べ過ぎをはじめ、食事が脂っぽくなっている人は注意が必要。
胃酸が逆流しないようにしてくれる下部食道括約筋は、
脂っこい食べ物を食べると緩みやすくなります。
つまり、胃酸が逆流しやすい状態になってしまうのです。
普段から肉の食べ過ぎや揚げ物などの食べ過ぎには注意しましょう。

食べた後すぐ寝ない
食事をしてすぐ横になる人がいますが、これはいいことではありません。
食事をしてすぐに横になると胃酸などが逆流しやすくなってしまいます。
それが習慣化すると、毎回のように胃酸が逆流し
結果的に胃食道逆流症になってしまいますよ。

まとめ

2016-01-28c-2

胃食道逆流症は、ストレスや疲労または食生活などによって
胃から酸が食道まで逆流し、炎症させてしまうという病気です。

病院で治療してもらう病気ではありますが、
突然症状が出てしまった場合などは応急処置方法を知っておくと便利。

唾液を出すことが一番の応急処置になるので、
ガムや飴を持ち歩くようにしておくといいかもしれませんね。